Microsoft Office

【トラブルシューティング】Microsoft 365 に独自ドメインを追加しよう【Xserver、お名前.com、Value Domain(バリュー ドメイン】

トラブルシューティング
0 0
Read Time:8 Minute, 42 Second
Microsoft Office
Microsoft Office

Microsoft が提供する Microsoft 365 に既存の独自ドメインの設定を行う方法のチュートリアルになります。

この作業で使用するもの
  • ・Microsoft 365 管理センター
  • ・Web ブラウザー(Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox など)
  • ・独自ドメイン
  • ・ドメイン レジストラー(お名前.comXserverValue Domain など)へのアクセス

情報弱者にならないための Microsoft 365 管理センター 関連記事一覧






Microsoft 365 に独自ドメインを追加する方法

  • ・ドメインの追加、変更または削除を行う場合は、テナント内のグローバル管理者である必要があります。
  • ※ ドメインの追加、変更または削除などの変更はテナント全体に影響を与えるためカスタマイズされた管理者や一般ユーザーからの変更は行えません。

1. グローバル管理者にて、”Microsoft 365 管理センター” へアクセス

グローバル管理者にて、Microsoft 365 管理センターhttps://admin.microsoft.com)にアクセスします。

2. 左サイド メニュー内の [設定] – [ドメイン] をクリック

Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [設定] - [ドメイン] をクリック
Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [設定] – [ドメイン] をクリック
Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [設定] - [ドメイン] をクリック
Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [設定] – [ドメイン] をクリック

左サイド メニュー内の [設定] – [ドメイン] をクリックします。

Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [... すべてを表示] をクリックし、すべてのメニューを展開
Microsoft 365 管理センター:左サイド メニュー内の [… すべてを表示] をクリックし、すべてのメニューを展開

※ [設定] が表示されていない場合は、[… すべてを表示] をクリックし、すべてのメニューを展開しましょう。

3. [+ドメインの追加] をクリック

Microsoft 365 管理センター:[+ ドメインの追加] をクリック
Microsoft 365 管理センター:[+ ドメインの追加] をクリック

“ドメイン” の画面にて、[+ ドメインの追加] をクリックします。

4. “ドメイン名” 下に表示されている入力欄(入力欄(”例: contoso.com”)内に所有している独自ドメインを入力

Microsoft 365 管理センター:"ドメイン名" 下に表示されている入力欄("例: contoso.com")内に所有している独自ドメインを入力
Microsoft 365 管理センター:”ドメイン名” 下に表示されている入力欄(”例: contoso.com”)内に所有している独自ドメインを入力
Microsoft 365 管理センター:"ドメイン名" 下に表示されている入力欄("例: contoso.com")内に所有している独自ドメインを入力
Microsoft 365 管理センター:”ドメイン名” 下に表示されている入力欄(”例: contoso.com”)内に所有している独自ドメインを入力

“ドメインの追加” 画面内の “ドメイン名” 下に表示されている入力欄(”例: contoso.com”)内に所有している独自ドメインを入力します。

5. [このドメインを使用する] をクリック

Microsoft 365 管理センター:[このドメインを使用する] をクリック
Microsoft 365 管理センター:[このドメインを使用する] をクリック

[このドメインを使用する] をクリックします。

6. 独自ドメインを所有していることを証明するための 3 種類の方法のうち 1 種類を選択し、[続行] をクリック

独自ドメインを所有していることを証明するための 3 種類の方法のうち 1 種類を選択し、[続行] をクリック
独自ドメインを所有していることを証明するための 3 種類の方法のうち 1 種類を選択し、[続行] をクリック

“ドメイン名の確認方法を指定してください。” の画面内にて独自ドメインを所有していることを証明するための 3 種類の方法のうち 1 種類を選択し、[続行] をクリックします。

“ドメインの DNS レコードに TXT レコードを追加する”
レジストラーまたは、DNS ホスティング プロバイダーで新しい DNS レコードを作成できる場合に推奨されます。
“TXT レコードを追加できない場合は、ドメインの DNS レコードに MX レコードを追加します”
TXT レコードがドメイン ホストまたはレジストラーでサポートされていない場合にのみ推奨されます。
“ドメインの Web サイトにテキスト ファイルを追加する”
  • すでにこのドメインを使用して Web サイトを設定している場合におすすめです。
  • ※ 例:www.contoso.com

※ このチュートリアルでは、”ドメインの DNS レコードに TXT レコードを追加する” を選択し、設定を行っています。

7. “このドメインを所有していることを確認してください” 画面に表示される “TXT レコード” を利用しているドメイン レジストラーのサーバーへ登録

Microsoft 365 管理センター:"このドメインを所有していることを確認してください" 画面に表示される "TXT レコード" を利用しているドメイン レジストラーのサーバーへ登録
Microsoft 365 管理センター:”このドメインを所有していることを確認してください” 画面に表示される “TXT レコード” を利用しているドメイン レジストラーのサーバーへ登録

“このドメインを所有していることを確認してください” 画面に表示される “TXT レコード” を利用しているドメイン レジストラーのサーバーへ登録します。

※ [ドメインの Web サイトにテキスト ファイルを追加する] を選択した場合、表示されたテキスト ファイルを DL(ダウンロード)し、Web サーバー上へアップロードします。

  • ※ “MX レコード” の登録を行う場合、既存のメール システムに影響の無いように事前に優先度の確認を行ったうえで、登録を行ってください。
  • 必ず登録する所有権確認用のレコードの優先度が既存のメール システムの優先度より低い(数字が大きい)状態になって言うるかの確認を行ってください。
  • メール システムの優先度:数字が大きい

※ 各ドメイン レジストラー(お名前.comXserverValue Domain など)のサーバーへ “TXT レコード” の登録を行う手順や Web サーバーへテキスト ファイルをアップロードする手順などはサービス提供元により異なります。

1. Xserver

1. Xserver の “サーバー パネル” へアクセスし、”ドメイン” セクション内の [DNS レコード設定] をクリック
Xserver サーバー パネル:Xserver の "サーバー パネル" へアクセスし、"ドメイン" セクション内の [DNS レコード設定] をクリック
Xserver サーバー パネル:Xserver の “サーバー パネル” へアクセスし、”ドメイン” セクション内の [DNS レコード設定] をクリック

Xserver の “サーバー パネル” へアクセスし、”ドメイン” セクション内の [DNS レコード設定] をクリックします。

2. “txt レコード” を追加するドメイン名の右側に表示されている [選択する] をクリック
Xserver サーバー パネル:"txt レコード" を追加するドメイン名の右側に表示されている [選択する] をクリック
Xserver サーバー パネル:”txt レコード” を追加するドメイン名の右側に表示されている [選択する] をクリック

“ドメイン選択画面にて、txt レコード” を追加するドメイン名の右側に表示されている [選択する] をクリックします。

3. “DNX レコード設定” 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリック
Xserver サーバー パネル:"DNX レコード設定" 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリック
Xserver サーバー パネル:”DNX レコード設定” 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリック

“DNX レコード設定” 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリックします。

Xserver サーバー パネル:"設定対象ドメイン" 内に表示されているドメインが異なるドメインの場合、プル ダウン メニューをクリックし、該当のドメインを選択後、[変更] をクリック
Xserver サーバー パネル:”設定対象ドメイン” 内に表示されているドメインが異なるドメインの場合、プル ダウン メニューをクリックし、該当のドメインを選択後、[変更] をクリック
Xserver サーバー パネル:"設定対象ドメイン" 内に表示されているドメインが異なるドメインの場合、プル ダウン メニューをクリックし、該当のドメインを選択後、[変更] をクリック
Xserver サーバー パネル:”設定対象ドメイン” 内に表示されているドメインが異なるドメインの場合、プル ダウン メニューをクリックし、該当のドメインを選択後、[変更] をクリック

※ “設定対象ドメイン” 内に表示されているドメインが異なるドメインの場合、プル ダウン メニューをクリックし、該当のドメインを選択後、[変更] をクリックします。

4. “種別” セクションのプル ダウン メニューを “TXT” に変更し、”内容” に “TXT 値” を入力し。[確認画面へ進む] をクリック
Xserver サーバー パネル:"種別" セクションのプル ダウン メニューを "TXT" に変更
Xserver サーバー パネル:”種別” セクションのプル ダウン メニューを “TXT” に変更

“種別” セクションのプル ダウン メニューを “TXT” に変更します。

Xserver サーバー パネル:"このドメインを所有していることを確認してください" に記載されている "TXT 値" を入力
Xserver サーバー パネル:”このドメインを所有していることを確認してください” に記載されている “TXT 値” を入力

“内容” に “このドメインを所有していることを確認してください” に記載されている “TXT 値” を入力します。

Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック
Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック

[確認画面へ進む] をクリックします。

5. [追加する] をクリック
Xserver サーバー パネル:[追加する] をクリック
Xserver サーバー パネル:[追加する] をクリック

[追加する] をクリックします。

8. “DNS レコードの追加” 画面内の各種レコードを追加する

Microsoft 365 管理センター:"DNS レコードの追加"
Microsoft 365 管理センター:”DNS レコードの追加”

“DNS レコードの追加” 画面にて以下のメッセージが表示されたら、

“contso.com” のこれらのレコードを追加するには、DNS ホスティング プロバイダーにアクセスしてください:その他。

Microsoft 365 を介してメールのルーティングを開始するには、ExchangeExchange Onine Protection を選択します。

次に、ドメイン ホストにサインインし、こちらに表示されているレコードと一致する新しい DNS レコードを追加します。

以下の値をコピーしてドメイン ホストの新しいレコードに張り付けるか、参照として使用する DNS レコード丈夫を DL(ダウンロード)または印刷します。

完了したら、[続行] を選択します。

Exchange と Exchange Onine Protection
  • ・メール、連絡先、スケジュールはすべて Exchange によって提供されます。
  • Outlook とその他のメール クライアントのすべての機能を有効にするには、このサービスを設定します。
  • Exchange のサービスが適切に機能するためには、次の 3 つのレコードが必要です :
  • メール メッセージ配信先を指定する MX レコード、迷惑メールの送信を目的とした人物によるドメインのなりすましを防ぐ TX レコード、メール クライアントがユーザーをそれぞれの対応するメール ボックスに接続する野に役立つクライアント側の自動検出用 CNAME レコード

以下の場合は、これらの DNS レコードを追加しないでください。

    ・たとえば、外部のスパム フィルタリング サービスを介してトラフィックっをルーティングする場合に、メール用のカスタム DNS ルーティングが必要です。

  • ・Exchange オンプレミスと Exchange Onine Protection の選択をクリアして、Microsoft 365 を通してメールをルーティングするために独自のカスタム DNS レコードを設定する必要があります。
  • これらが該当する場合、Exchange と Exchange Onine Protection メール アドレス がまだ必要なすべての既存ユーザーに対して Microsoft 365 ですでに設定されていることを確認するかメールを送受信できないことを確認してください。

重要;これらの DNS レコードを追加する前に、”contoso.com” メール アドレスがまだ必要なすべての既存ユーザーに対して Microsoft 365 で更に設定されていることを確認するか、メールを送受信できないことを確認してください。

1. MX レコード(1)

Microsoft 365 管理センター:"ドメインの追加" - "MX レコード(1)"
Microsoft 365 管理センター:”ドメインの追加” – “MX レコード(1)”

※ “MX レコード” のレコード値を登録した場合、メールが Exchange Online のサーバー側に受信されるようになるため、既存サーバー側で引き続き受信を行いたい場合、”MX レコード” の登録は行わないようにしましょう。

録音
ホスト名
参照先のアドレスまたは値
優先度
TTL
状態
予期
@
contoso-com01b.mail.protection.outlook.com
0
1 時間
Xserver サーバー パネル:"DNX レコード設定" 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリック
Xserver サーバー パネル:”DNX レコード設定” 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリック

“DNX レコード設定” 内にて [DNX レコード一覧] タブをクリックします。

Xserver サーバー パネル:"MX レコード" の右側に表示されている [編集する] をクリック
Xserver サーバー パネル:”MX レコード” の右側に表示されている [編集する] をクリック

“MX レコード” の右側に表示されている [編集する] をクリックします。

Xserver サーバー パネル:"種別" セクションのプル ダウン メニューを "MX" になっていることを確認
Xserver サーバー パネル:”種別” セクションのプル ダウン メニューを “MX” になっていることを確認

“種別” セクションのプル ダウン メニューが “MX” になっていることを確認します。

Xserver サーバー パネル:Xserver サーバー パネル:"参照先のアドレスまたは値(contoso-com01b.mail.protection.outlook.com)" を "DNS レコード設定画面" にて変更し、[確認画面へ進む] をクリック
Xserver サーバー パネル:Xserver サーバー パネル:”参照先のアドレスまたは値(contoso-com01b.mail.protection.outlook.com)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリック
Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック
Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック

“内容” セクション内を “ドメインの追加” 画面にて確認した “参照先のアドレスまたは値(contoso-com01b.mail.protection.outlook.com)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリックします。

Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック
Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック

[変更する] をクリックします。

2. CNAME レコード(1)

Microsoft 365 管理センター:CNAME レコード(1)
Microsoft 365 管理センター:CNAME レコード(1)
録音
ホスト名
参照先のアドレスまたは値
TTL
状態
予期
autodiscover
autodiscover.outlook.com
1 時間
  • Xserver サーバー :パネル:"DNX レコード設定" 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリック
    Xserver サーバー :パネル:”DNX レコード設定” 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリック

    “DNX レコード設定” 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリックします。

    Xserver サーバー パネル:"ホスト名" セクションに "autodiscover" を入力
    Xserver サーバー パネル:”ホスト名” セクションに “autodiscover” を入力

    “ホスト名” セクションに “autodiscover” を入力します。

    Xserver サーバー パネル:"種別" セクションのプル ダウン メニューを "CNAME" に変更
    Xserver サーバー パネル:”種別” セクションのプル ダウン メニューを “CNAME” に変更

    “種別” セクションのプル ダウン メニューを “CNAME” に変更します。

    Xserver サーバー パネル:"内容" セクション内を "ドメインの追加" 画面にて確認した "参照先のアドレスまたは値(autodiscover.outlook.com)" を "DNS レコード設定画面" にて変更し、[確認画面へ進む] をクリックします。
    Xserver サーバー パネル:”内容” セクション内を “ドメインの追加” 画面にて確認した “参照先のアドレスまたは値(autodiscover.outlook.com)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリックします。
    Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック
    Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック

    “内容” セクション内を “ドメインの追加” 画面にて確認した “参照先のアドレスまたは値(autodiscover.outlook.com)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリックします。

    Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック
    Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック

    [変更する] をクリックします。

    TXT レコード(1)

    Microsoft 365 管理センター:TXT レコード(1)
    Microsoft 365 管理センター:TXT レコード(1)
    録音
    ホスト名
    参照先のアドレスまたは値
    TTL
    状態
    予期
    @
    v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all
    1 時間
    Xserver サーバー :パネル:"DNX レコード設定" 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリック
    Xserver サーバー :パネル:”DNX レコード設定” 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリック

    “DNX レコード設定” 内にて [DNX レコードを追加] タブをクリックします。

    Xserver サーバー パネル:"種別" セクションのプル ダウン メニューを "TXT" に変更
    Xserver サーバー パネル:”種別” セクションのプル ダウン メニューを “TXT” に変更

    “種別” セクションのプル ダウン メニューを “TXT” に変更します。

    Xserver サーバー パネル:"内容" セクション内を "ドメインの追加" 画面にて確認した "参照先のアドレスまたは値(v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all)" を "DNS レコード設定画面" にて変更し、[確認画面へ進む] をクリック
    Xserver サーバー パネル:”内容” セクション内を “ドメインの追加” 画面にて確認した “参照先のアドレスまたは値(v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリック
    Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック
    Xserver サーバー パネル:[確認画面へ進む] をクリック

    “内容” セクション内を “ドメインの追加” 画面にて確認した “参照先のアドレスまたは値(v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all)” を “DNS レコード設定画面” にて変更し、[確認画面へ進む] をクリックします。

    Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック
    Xserver サーバー パネル:[変更する] をクリック

    [変更する] をクリックします。

    ※ “DNS レコード” の反映完了までには最大 72 時間かかる場合があります。

    Microsoft 365 管理センター:CNAME レコード(1)
    Microsoft 365 管理センター:CNAME レコード(1)
    Microsoft 365 管理センター:TXT レコード(1)
    Microsoft 365 管理センター:TXT レコード(1)

    ※ [詳細] オプション内の項目(Skype for Business および Intune と Mobile Management for Microsoft 365)は、任意でチェックを入れましょう。

    Skype for Business

    • ・組織が、Microsoft Teams に加えて、チャット、電話会議、ビデオ通話などのオンライン コミュニケーション サービスに Skype for Business を利用している場合にのみ、このオプションを選択します。
    • ※ Skype は、4 つのレコードが必要となります。
    • ユーザー間通信用の SRV レコード 2 つとサインインしてユーザーとサービスに接続するための CNAME レコード 2 つになります。
    Intune と Mobile Device Management for Microsoft 365

    • このサービスは、ドメインに接続するモバイル デバイスをセキュリティーで保護し、リモートで管理するのに役立ちます。
    • ※ ユーザーがデバイスをサービスに登録できるようにするには、Mobile Device Management に 2 つの CNAME レコードが必要となります。
    Microsoft 365 管理センター:[続行] をクリック
    Microsoft 365 管理センター:[続行] をクリック

    [続行] をクリックします。

    9. “ドメインのセットアップが完了しました” の画面が表示されたら、[完了] をクリック

    Microsoft 365 管理センター:"ドメインのセットアップが完了しました" の画面が表示されたら、[完了] をクリック
    Microsoft 365 管理センター:”ドメインのセットアップが完了しました” の画面が表示されたら、[完了] をクリック

    “ドメインのセットアップが完了しました” の画面が表示されたら、[完了] をクリックします。

    contoso.com がすべて設定されて、ドメインの一覧から問題と管理ができるようになりました。

    [アクティブなユーザー] に移動し、新しいユーザーを追加して、メールで contoso.com を使用する必要がある全ての人にメール アドレスまたはエイリアスを設定できます。

    Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

    関連リンク





    Happy
    Happy
    0 %
    Sad
    Sad
    0 %
    Excited
    Excited
    0 %
    Sleepy
    Sleepy
    0 %
    Angry
    Angry
    0 %
    Surprise
    Surprise
    0 %

    Average Rating

    5 Star
    0%
    4 Star
    0%
    3 Star
    0%
    2 Star
    0%
    1 Star
    0%

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください