Microsoft Stream

【Microsoft Stream】会議内での発言に基づいた文字起こしデータでの検索が可能な機能が展開へ

アップデート情報
Microsoft Stream
Microsoft Stream

Microsoft が提供する Microsoft 365 のメッセージ センター(MC260749)にて、ユーザーが OneDrive for Busines および SharePoint Online に記録された Microsoft Teams の会議データの検索時に 会議のタイトルだけではなく会議内での発言に基づいた文字起こしを介して検索が行える機能が展開されることが発表されています。

この新機能は、ターゲット リリースのテナントには 2021 年 7 月中旬(以前は 6 月中旬)に展開を開始し、2021 年 7 月下旬(以前は 6 月下旬)までに展開が完了する予定になります。

一方のスタンダード リリースのテナントでは、2021 年 7 月下旬(以前は 6 月下旬)に展開を開始し、2021 年 8 月上旬(以前は 7 月上旬)までに展開が完了する予定になります。

Microsoft Stream 関連記事一覧

Microsoft Stream 関連記事一覧






Microsoft Stream のメッセージ センター関連情報一覧

Microsoft Stream のメッセージ センター関連記事一覧

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

(Updated) Microsoft Search: Find a meeting recording based on what was said – MC260749

サービス:Stream

このリリースでは、OneDrive for Busines および SharePoint Online に記録された Microsoft Teams の会議データに関する Microsoft Search エクスペリエンスが強化されます。

この機能では、会議中にレコーディングと文字起こしが行われるようになるため、ユーザーが Microsoft Search で検索した際に会議のタイトルだけではなく会議内での発言に基づいた文字起こしを介してチーム会議のデータを見つけることができるようになる予定です。

※ チーム会議の参加者のみが検索結果で表示し、再生する権限を持ちます。

eDiscovery でも検出が行えるようになるため、eDicovery での検出が行えないようにしたい場合は、Microsoft Teams の文字起こし機能をオフにすることで回避することができます。

この新機能は、ターゲット リリースのテナントには 2021 年 7 月中旬(以前は 6 月中旬)に展開を開始し、2021 年 7 月下旬(以前は 6 月下旬)までに展開が完了する予定になります。

一方のスタンダード リリースのテナントでは、2021 年 7 月下旬(以前は 6 月下旬)に展開を開始し、2021 年 8 月上旬(以前は 7 月上旬)までに展開が完了する予定になります。

メッセージの概要

Updated June 16, 2021: We have updated the rollout timeline below. Thank you for your patience.

This release will enhance Microsoft Search experience for Teams meetings that were recorded to OneDrive & SharePoint.

For Teams meeting recordings that were recorded and also transcribed live during the meeting, you can now search in Microsoft Search to find the meeting recording file based on the transcript.

This message is associated with Microsoft 365 Roadmap ID 82003.

When will this happen:

Targeted release:

We will begin rolling this out in mid-July (previously mid-June) and expect to complete rollout in late July (previously late June).

Standard release:

We will begin rolling this out in late July (previously late June) and expect to complete rollout early August (previously early July).

How this will affect your organization:

Previously, Teams meeting recordings were only searchable based on the Title of the meetings.

You will now be easily able to find Teams meeting recordings based on not just the Title of the meeting, but also based on what was said in the meeting, via the transcript.

Note:

Only the attendees of the Teams meeting will have the permission to view these recordings in the search results and playback the recordings.

These meetings will now be discoverable in eDiscovery as well, via the transcript.

If you don’t want these meetings to be discoverable in Microsoft Search or eDiscovery via transcripts, you can turn off Teams transcription.

Learn more here.

What you need to do to prepare:

No preparation is needed from your end for this roll out.

You can inform your users about these changes and update any training & documentation as appropriate.

If you have any questions or concerns, please contact us via a support ticket.

追加情報

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

関連リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください