【トラブルシューティング】スタートアップ起動するアプリケーションの設定を変更する方法【Windows 10】

【トラブルシューティング】スタートアップ起動するアプリケーションの設定を変更する方法【Windows 10】

トラブルシューティング

Windows 10 でコンピューター(Windows)起動時に自動的に起動するアプリケーションの起動を任意のアプリケーションのみに変更する方法のチュートリアルになります。

Windows 10 関連記事一覧






コンピューター起動時に自動的に起動するアプリケーションを変更する方法【Windows 10】

1. 左下の [スタート] ボタン – [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動

Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン - [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動
Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン – [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動

Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン - [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動
Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン – [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動

Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン - [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動
Microsoft Teams:左下の [スタート] ボタン – [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動

左下の [スタート] ボタン – [設定] をクリックし、[設定] アプリケーションを起動します。

※ [Windows] キー + [I] のショートカットキーでも、[設定] アプリケーションを起動は可能です。

2. [設定] アプリケーション ウィンドウ内の [アプリ] をクリック

Microsoft Teams:[設定] アプリケーション ウィンドウ内の [アプリ] をクリック
Microsoft Teams:[設定] アプリケーション ウィンドウ内の [アプリ] をクリック

起動した「設定」アプリケーション ウィンドウ内の「アプリ」をクリックします。

3. 左サイド メニューの [スタートアップ] をクリック
Microsoft Teams:左サイド メニューの [スタートアップ] をクリック
Microsoft Teams:左サイド メニューの [スタートアップ] をクリック

左サイド メニューの [スタートアップ] をクリックします。

4. [スタートアップ アプリ] 一覧内より [Microsoft Teams] の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替え

Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より「Microsoft Teams」の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替え
Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より「Microsoft Teams」の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替え
Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より「Microsoft Teams」の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替え
Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より「Microsoft Teams」の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替え
Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より[Microsoft Teams] の右側に表示されている[オン]をクリックし、[オフ] に切り替え
Microsoft Teams:[スタートアップ アプリ] 一覧内より[Microsoft Teams] の右側に表示されている[オン]をクリックし、[オフ] に切り替え

[スタートアップ アプリ] 一覧内より [Microsoft Teams] の右側に表示されている [オン] をクリックし、[オフ] に切り替えます。

これで、次回のコンピューター起動時からは、Microsoft Teams が自動的に起動しなくなります。

  • ※ [スタートアップ アプリ]:は、アプリをログイン時に開始するように構成できます。
  • ほとんどの場合は、アプリケーションは最小化された状態で開始され、バックグラウンド タスクとしてのみ開始できるものもあります。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

[タスクマネージャー] からスタートアップ起動を停止する方法

1. [設定] アプリケーション内に [スタートアップ] メニューが表示されない場合、[スタート] ボタンを右クリックし、表示されるメニュー内の [タスクマネージャー] を選択

Windows 10:[設定] アプリケーション内に [スタートアップ] メニューが表示されない場合、[スタート] ボタンを右クリックし、表示されるメニュー内の [タスクマネージャー] を選択
Windows 10:[設定] アプリケーション内に [スタートアップ] メニューが表示されない場合、[スタート] ボタンを右クリックし、表示されるメニュー内の [タスクマネージャー] を選択

[設定] アプリケーション内に [スタートアップ] メニューが表示されない場合、[スタート] ボタンを右クリックし、表示されるメニュー内の [タスクマネージャー] を選択します。

2. [スタートアップ] タブをクリック

Windows 10:[スタートアップ] タブをクリック
Windows 10:[スタートアップ] タブをクリック

[スタートアップ] タブをクリックします。

※ [スタートアップ] タブが表示されない場合、[詳細] を選択ましょう。

3. スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択し、[無効にする] をクリック

スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択
スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択
Windows 10:スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択し、[無効にする] をクリック
Windows 10:スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択し、[無効にする] をクリック

スタートアップ起動しないようにする場合は該当のアプリケーション名を選択し、[無効にする] をクリックします。

※ スタートアップ起動を実行させる場合は、[有効にする] をクリックしましょう。

デル株式会社

関連リンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください