Microsoft Teams

【トラブルシューティング】[コンテンツの検索] で Microsoft Teams のチャット メッセージなどを監査する 47 の手順

トラブルシューティング
0 0
Read Time:16 Minute, 15 Second

Microsoft が提供する Microsoft 365Microsoft Teams 内のチームの “会議出席レポート” を有効/無効にする方法のチュートリアルになります。

“コンテンツ検索” とは?

“コンテンツ検索” は、Microsoft 365Microsoft Purview コンプライアンス ポータル 内の [コンテンツの検索] を利用することで、Microsoft Teams や Microsoft 365 グループなどのコラボレーション ツール内のメールやドキュメント、インスタント メッセージング(IM)のほか SharePoint Online のサイトや OneDrive for Business のコンテンツの検索を行うために利用する機能になります。

[コンテンツの検索] で取得できるもの
  • ・プライベート チャット、グループ チャットのメッセージ データ
  • ・チームのチャネル内メッセージ データ
  • ・ファイルの共有履歴
  • ・開催日時、終了時間(継続時間)
  • ・通話、ビデオ通話や会議に参加したユーザーおよび開始/終了時刻
  • ※ 音声、ビデオ通話の会話内容およびアプリケーション共有の内容は取得できません。
  • メッセージ データを “アイテム保持ポリシー” で期間を設定していない場合、半永久的に無期限で保持されます。

[コンテンツの検索] を利用するユーザーに [eDiscovery Manager] のロールを付与する方法

[コンテンツの検索] を利用する場合、 [eDiscovery Manager] のメンバー内に該当のユーザーを事前に登録しておく必要があります。

[コンテンツの検索] 利用における注意点
  • ・[コンテンツの検索] を行う場合、検索対象のユーザーおよび検索を行う管理者ユーザーに Exchange Online プラン 2 のライセンスが付与されている必要があります。
  • ・[eDiscovery Manager] のロールの付与後、設定の反映までに最大 24 ~ 48 時間程度かかる場合があります。
  • ※ ロールの付与後の設定が反映されていない状態で、”検索結果のプレビュー” や “エクスポート” を実行した場合、エラー メッセージが発生します。

1. グローバル管理者アカウントで、”Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル” へアクセス

グローバル管理者アカウントで、“Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータルhttps://compliance.microsoft.com/)” へアクセスします。

2. 左サイド メニュー内の [アクセス許可] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [アクセス許可] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [アクセス許可] をクリック

左サイド メニュー内の [アクセス許可] をクリックします。

3. [Microsoft Purview ソリューション] 内の [役割] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[Microsoft Purview ソリューション] 内の [役割] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[Microsoft Purview ソリューション] 内の [役割] をクリック

[Microsoft Purview ソリューション] 内の [役割] をクリックします。

4. [eDiscovery Manager] のチェックボックスをクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[eDiscovery Manager] のチェックボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[eDiscovery Manager] のチェックボックスをクリック

“Microsoft Purview ソリューションの役割グループ” 内の “名前” 列内にある [eDiscovery Manager] のチェックボックスをクリックします。

5. “電子情報開示マネージャー” セクションの右側に表示されている [編集] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"電子情報開示マネージャー" セクションの右側に表示されている [編集] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”電子情報開示マネージャー” セクションの右側に表示されている [編集] をクリック

右側に表示される “eDiscovery Manager” 内の “電子情報開示マネージャー” セクションの右側に表示されている [編集] をクリックします。

6. [電子情報開示マネージャーの選択] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[電子情報開示マネージャーの選択] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[電子情報開示マネージャーの選択] をクリック

[電子情報開示マネージャーの選択] をクリックします。

7. [+ 追加] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[+ 追加] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[+ 追加] をクリック

[+ 追加] をクリックします。

8. [メンバー] 内から “eDiscovery Manager” のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[メンバー] 内から "eDiscovery Manager" のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[メンバー] 内から “eDiscovery Manager” のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[メンバー] 内から "eDiscovery Manager" のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[メンバー] 内から “eDiscovery Manager” のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリック

[メンバー] 内から “eDiscovery Manager” のロールを付与する該当ユーザー名のチェックボックスをクリックします。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索] 内に追加する該当ユーザーの "表示名" を入力して検索し、該当ユーザー名の左側のチェック ボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索] 内に追加する該当ユーザーの “表示名” を入力して検索し、該当ユーザー名の左側のチェック ボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索] 内に追加する該当ユーザーの "表示名" を入力して検索し、該当ユーザー名の左側のチェック ボックスをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索] 内に追加する該当ユーザーの “表示名” を入力して検索し、該当ユーザー名の左側のチェック ボックスをクリック

※ 該当ユーザーが表示されていない場合、[検索] 内に追加する該当ユーザーの “表示名” を入力して検索し、該当ユーザー名の左側のチェック ボックスをクリックします。

“メール アドレス” や “エイリアス” での検索は行えません。

9. [追加] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[追加] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[追加] をクリック

[追加] をクリックします。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:メンバーの追加が行われると "* 件のメンバー 追加済み" のメッセージが表示
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:メンバーの追加が行われると “* 件のメンバー 追加済み” のメッセージが表示

メンバーの追加が行われると “* 件のメンバー 追加済み” のメッセージが表示されます。

10. [完了] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[完了] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[完了] をクリック

[完了] をクリックします。

11. [保存] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[保存] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[保存] をクリック

[保存] をクリックします。

12. [閉じる] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[閉じる] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[閉じる] をクリック

[閉じる] をクリックします。

2. [コンテンツの検索] の方法

1. [eDiscovery Manager] に登録したアカウントで、”Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル” へアクセス

[eDiscovery Manager] に登録したアカウントで、“Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータルhttps://compliance.microsoft.com/)” へアクセスします。

2. 左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック

左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリックします。

3. [+ 新しい検索] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[+ 新しい検索] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[+ 新しい検索] をクリック

[+ 新しい検索] をクリックします。

4. “名前” ボックス内に任意の検索条件の名称および “説明” ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"名前" ボックス内に任意の検索条件の名称および "説明" ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”名前” ボックス内に任意の検索条件の名称および “説明” ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"名前" ボックス内に任意の検索条件の名称および "説明" ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”名前” ボックス内に任意の検索条件の名称および “説明” ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリック

“名前” ボックス内に任意の検索条件の名称および “説明” ボックス内に任意の説明内容を入力し、[次へ] をクリックします。

名前
わかりやすい名前を入力
説明
検索のわかりやすい説明を入力

5. “Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"Exchange メールボックス"、"SharePoint サイト"、"Exchange パブリック フォルダー" の "状態" を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"Exchange メールボックス"、"SharePoint サイト"、"Exchange パブリック フォルダー" の "状態" を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"Exchange メールボックス"、"SharePoint サイト"、"Exchange パブリック フォルダー" の "状態" を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"Exchange メールボックス"、"SharePoint サイト"、"Exchange パブリック フォルダー" の "状態" を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"Exchange メールボックス"、"SharePoint サイト"、"Exchange パブリック フォルダー" の "状態" を [有効]
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効]

“特定の場所” 内の “Exchange メールボックス”、”SharePoint サイト”、”Exchange パブリック フォルダー” の “状態” を [有効] にします。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。                                                  "ユーザー、グループ、チームを選択" をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。
“ユーザー、グループ、チームを選択” をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。                                                  "ユーザー、グループ、チームを選択" をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。
“ユーザー、グループ、チームを選択” をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。                                                  "ユーザー、グループ、チームを選択" をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。
“ユーザー、グループ、チームを選択” をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。                                                  "ユーザー、グループ、チームを選択" をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:Exchange メールボックス:有効にします。
“ユーザー、グループ、チームを選択” をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。                                                  [サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。
[サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。                                                  [サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。
[サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。                                                  [サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。
[サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。                                                  [サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:SharePoint サイト:有効にします。
[サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
  • ・Exchange メールボックス:有効にします。
  • “ユーザー、グループ、チームを選択” をクリックし、検索対象の該当ユーザーの UPN(メール アドレス)を入力し、検索後に該当ユーザーやグループ、チームのチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
  • ・SharePoint サイト:有効にします。
  • [サイトを選択] をクリックし、検索対象の該当のサイトや個人用サイト(OneDrive for Business)の URL を入力し、検索後に該当サイトおよび個人用サイト(OneDrive for Buiness)のチェックボックスをクリックして、選択後に [完了] をクリックします。
  • ・Exchange パブリック フォルダー:

6. [次へ] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[次へ] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[次へ] をクリック

[次へ] をクリックします。

7. [キーワードを入力します] に “kind:microsoftteams” のキーワードを入力して、指定

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[キーワードを入力します] に "kind:microsoftteams" のキーワードを入力して、指定
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[キーワードを入力します] に “kind:microsoftteams” のキーワードを入力して、指定
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[キーワードを入力します] に "kind:microsoftteams" のキーワードを入力して、指定
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[キーワードを入力します] に “kind:microsoftteams” のキーワードを入力して、指定

“検索条件の定義” 内の [キーワードを入力します] に “kind:microsoftteams” のキーワードを入力して、指定します。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件の追加] から任意の条件を追加
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件の追加] から任意の条件を追加
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件の追加] から任意の条件を追加
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件の追加] から任意の条件を追加
  • ・kind:microsoftteams
  • ・(kind:microsoftteams) AND “Thread ID”
  • ※ (kind:microsoftteams) AND “検索したいキーワード” で入力すれば、Microsoft Teams 上での任意のキーワードが含まれるデータのみを抽出することも可能です。
  • ※ 他にも任意の条件を付けて抽出する場合、[+ 条件の追加] をクリックして、任意の条件を追加することができます。
  • 例:特定の日付のデータを抽出して検索を行う場合、[+ 条件の追加] – [期間] をクリックし、対象の日付を設定することで任意の期間で検索することができます。
  • インスタント メッセージを抽出して検索を行う場合、[+ 条件の追加] – [種類] をクリックし、[いずれかと等しい]、[インスタント メッセージ] を設定することで、チャット メッセージを対象として検索することもできます。

8. [次へ] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[次へ] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[次へ] をクリック

[次へ] をクリック

9. [送信] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[送信] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[送信] をクリック

[送信] をクリック

10. [完了] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"新しい検索が作成されました" のメッセージが表示されたら、[完了] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”新しい検索が作成されました” のメッセージが表示されたら、[完了] をクリック

“新しい検索が作成されました” のメッセージが表示されたら、[完了] をクリックします。

新しい検索が作成されました
新しい検索が作成されました。すぐに概算値の検索結果をプレビューできるようになります。

11. “コンテンツの検索” で作成した “検索名” が表示

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"コンテンツの検索" で作成した "検索名" が表示
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”コンテンツの検索” で作成した “検索名” が表示

“コンテンツの検索” で作成した “検索名” が表示されるようになります。

12. [検索名] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索名] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索名] をクリック

[検索名] をクリックします。

13. [検索の統計情報] タブをクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索の統計情報] タブをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索の統計情報] タブをクリック

[検索の統計情報] タブをクリックします。

14. [コンテンツの検索]、[条件レポート]、[上位のレポート] を確認

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[コンテンツの検索] をクリックし、"場所別の推定アイテム数" や "ヒットのある場所"、"場所別のデータ ボリューム(KB)" の確認
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[コンテンツの検索] をクリックし、”場所別の推定アイテム数” や “ヒットのある場所”、”場所別のデータ ボリューム(KB)” の確認
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[コンテンツの検索] をクリックし、"場所別の推定アイテム数" や "ヒットのある場所"、"場所別のデータ ボリューム(KB)" の確認
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[コンテンツの検索] をクリックし、”場所別の推定アイテム数” や “ヒットのある場所”、”場所別のデータ ボリューム(KB)” の確認

[コンテンツの検索] をクリックすることで、”場所別の推定アイテム数” や “ヒットのある場所”、”場所別のデータ ボリューム(KB)” の確認が行えます。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件レポート] セクション内の [検索条件レポートをダウンロード] をクリックし、"検索条件レポート" のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件レポート] セクション内の [検索条件レポートをダウンロード] をクリックし、”検索条件レポート” のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件レポート] セクション内の [検索条件レポートをダウンロード] をクリックし、"検索条件レポート" のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[条件レポート] セクション内の [検索条件レポートをダウンロード] をクリックし、”検索条件レポート” のダウンロード

[条件レポート] セクション内の [検索条件レポートをダウンロード] をクリックし、”検索条件レポート” のダウンロードが行えます。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[上位の場所レポートのダウンロード] をクリックすることで、"上位の場所レポート" のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[上位の場所レポートのダウンロード] をクリックすることで、”上位の場所レポート” のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[上位の場所レポートのダウンロード] をクリックすることで、"上位の場所レポート" のダウンロード
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[上位の場所レポートのダウンロード] をクリックすることで、”上位の場所レポート” のダウンロード

[上位の場所] をセクション内の [上位の場所レポートのダウンロード] をクリックすることで、”上位の場所レポート” のダウンロードが行えます。

15. [サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認

[概要] タブの [サンプルのレビュー] をクリックし、検索結果の確認が行えます。

  • ・サンプルのレビューおよび検索結果が表示されるまでに時間がかかる可能性があります。
  • ・検索結果の日付を並べる場合、[日付] をクリックします。
  • ・アップロードされたファイルは、[Download Original Item] をクリックして、DL(ダウンロード)したアイテムからアップロードしたファイルを確認することが可能です。

※ なお、[eDicovery Manager] のロールの付与が反映されていない場合、以下のエラー メッセージが表示され、[サンプルのレビュー] の確認が行えない動作となります。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:プレビューの役割が充てられていないので、検索結果をプレビューできません。                                                  組織管理の役割グループのメンバーである場合は、[アクセス許可] ページに移動して、自分自身をで電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーとして追加できます。                                                  それ以外の場合は、管理者にお問い合わせください。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:プレビューの役割が充てられていないので、検索結果をプレビューできません。
組織管理の役割グループのメンバーである場合は、[アクセス許可] ページに移動して、自分自身をで電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーとして追加できます。
それ以外の場合は、管理者にお問い合わせください。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[OK] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[OK] をクリック
エラー
  • ・プレビューの役割が充てられていないので、検索結果をプレビューできません。
  • 組織管理の役割グループのメンバーである場合は、[アクセス許可] ページに移動して、自分自身をで電子情報開示マネージャーの役割グループのメンバーとして追加できます。
  • それ以外の場合は、管理者にお問い合わせください。
  • [診断情報をコピー]
  • [OK]

16. [サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[サンプルのレビュー] をクリックして、検索結果の確認

[eDicovery Manager] のロールの付与が反映されている場合、[サンプルのレビュー] をクリックすると、検索結果の確認が行えます。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

PST ファイルとしてエクスポートする手順

1. [eDiscovery Manager] に登録したアカウントで、”Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル” へアクセス

[eDiscovery Manager] に登録したアカウントで、“Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータルhttps://compliance.microsoft.com/)” へアクセスします。

2. 左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリック

左サイド メニュー内の [コンテンツの検索] をクリックします。

3. 該当の [検索名] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索名] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[検索名] をクリック

該当の [検索名] をクリックします。

4. [操作] – [結果のエクスポート] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[操作] - [結果のエクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[操作] – [結果のエクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[操作] - [結果のエクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[操作] – [結果のエクスポート] をクリック

右側に表示される [検索名] の詳細画面内に表示されている [操作] – [結果のエクスポート] をクリックします。

5. 必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリック

“結果のエクスポート” 画面が表示されたら、必要に応じて設定の変更を行い、[エクスポート] をクリックします。

結果のエクスポート
  • このエクスポートを開始すると、検索結果をダウンロードできるようにするための準備が開始されます。
  • 検索結果のサイズによっては、この処理に時間がかかることがあります。[詳細情報]
母集団
検索可能なファイル:Microsoft Teams チャット メッセージ
出力オプション
  • ・すべてのアイテム(形式が認識できない、暗号化されている、またはその他の理由によりインデックスが作成されなかったアイテムを除く)
  • ・すべてのアイテム(形式が認識できない、暗号化されている、またはその他の理由によりインデックスが作成されなかったアイテムを含む)
  • ・形式が認識できない、暗号化されている、またはその他の理由によりインデックスが作成されなかったアイテムのみ
名前を付けて Exchange コンテンツをエクスポート
  • ・メールボックスごとに 1 つの PST ファイル
  • ・すべてのメッセージを含む 1 つの PST ファイル
  • ・1 つの PST ファイルにすべてのメッセージを、1 津のフォルダーに入れて格納する
  • ・個々のメッセージ
  • □ Exchange コンテンツに対する重複除去を有効にする
  • □ SharePoint ファイルのバージョンを含める
  • □ ファイルを圧縮(zip 形式)フォルダーにまとめてエクスポートします。
  • 個々のメッセージと SharePoint のドキュメントのみが含まれます。
概算
  • 番号 サイズ 更新日時
  • ——————————————————————
  • 検索可能なアイテム ** 件の結果 ** B YYYY 年 MM 月 DD 日 **:**
  • 検索不可能なアイテム ** 件の結果 ** B YYYY 年 MM 月 DD 日 **:**
  • アイテム総数 ** 件の結果 ** B YYYY 年 MM 月 DD 日 **:**
  • エクスポートを開始すると、”検索名_Export” という名前のエクスポート オブジェクトがエクスポート テーブルに作成されます。
  • 状態の表示と結果のダウンロードを行うには、[エクスポート] メニュー オプションを選択してください。
[エクスポート] [キャンセル]

6. [OK] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"ジョブが作成されました。" のポップアップ ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”ジョブが作成されました。” のポップアップ ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"ジョブが作成されました。" のポップアップ ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”ジョブが作成されました。” のポップアップ ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリック

“ジョブが作成されました。” のポップアップ ウィンドウが表示されたら、[OK] をクリックします。

コンプライアンス
  • ジョブが作成されました。
  • [OK]

7. [Export] タブをクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[Export] タブをクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:[Export] タブをクリック

[Export] タブをクリックします。

8. 該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の ["検索名_Export"] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の ["検索名_Export"] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の ["検索名_Export"] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の ["検索名_Export"] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリック

該当の [“検索名_Export”] を選択し、[結果のダウンロード] をクリックします。

検索名
“検索名”
開始日時
YYYY – MM – DD T **:**:**.***Z
サイズ
*** アイテム, **.** KB
エクスポート キー
  • 検索結果をダウンロードするには、下のエクスポート キーが必要です。
  • このキーを使用すると誰でもこれらの結果をダウンロードできるため、十分注意してキーを保護してください。
  • ?sv=****-**-**&sr=c&si=eDiscoveryBlobPolicy*****&sig=****************************************************
  • [クリップボードにコピー] [キーの変更]
状態
  • エクスポートが完了しました。
  • 結果のダウンロードを開始できます。
検索からエクスポートするアイテム
すべてのアイテム(形式が認識できない、暗号化されている、またはその他の理由によりインデックスが作成されなかったアイテムを除く)
Exchange コンテンツの形式
メールボックスごとに 1 つの PST ファイル
Exchange コンテンツの重複除去
無効
SharePoint ドキュメントのバージョン
含まれていません
ファイルを圧縮(zip 形式)フォルダーにまとめてエクスポート
いいえ
エクスポート データは地域内で準備されました
既定の地域

9. ポップアップ画面が表示されたら、[開く] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:ポップアップ画面が表示されたら、[開く] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:ポップアップ画面が表示されたら、[開く] をクリック

ポップアップ画面が表示されたら、[開く] をクリックします。

  • このファイルを開きますか?
  • complianceclientsdf.blob.core.windows.net からの
  • Microsoft.Office.Client.Discovery.UnifiedExportTool.application を開きますか?
  • [安全でないファイルとして報告する]
  • [開く] [キャンセル]

10. “電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” のインストール画面が表示されたら、[インストール(I)] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)" のインストール画面が表示されたら、[インストール(I)] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” のインストール画面が表示されたら、[インストール(I)] をクリック

“電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” のインストール画面が表示されたら [インストール(I)] をクリックします。

このアプリケーションをインストールしますか?
  • 名前:Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool
  • 発信元(下の文字列の上にマウス ポインターを置くと、完全なドメインが表示されます):
  • complianceclientsdf.blob.core.windows.net
  • 公開元(P):
  • Microsoft Corporation
  • [インストール(I)] [インストールしない(D)]
  • インターネットからのアプリケーションは便利ですが、コンピューターに危害を及ぼす可能性があります。
  • ソフトウェアの発行元を信頼できない場合、このソフトウェアをインストールしないでください。
  • [詳細情報…]

11. “電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” をインストール

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)" をインストール
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” をインストール

“電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” のインストールが開始します。

  • “電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” をインストールしています。
  • これには数分かかることがあります。
  • インストール中はコンピューターを使って他のタスクを実行することができます。
  • 名前:Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool
  • 発信元:complianceclientsdf.blob.core.windows.net
  • ダウンロード中:*** KB/4.11 MB
  • [キャンセル]

12. “ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:” の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)の [詳細オプション(V)] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)の [詳細オプション(V)] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の ["検索名_Export"] 内の "エクスポート キー" セクションの [クリップボードにコピー] をクリックし、"エクスポート キー" をコピーします。
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:該当の [“検索名_Export”] 内の “エクスポート キー” セクションの [クリップボードにコピー] をクリックし、”エクスポート キー” をコピーします。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータルの該当の [“検索名_Export”] 内の “エクスポート キー” の [クリップボードにコピー] をクリックし、”エクスポート キー” をコピーします。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)" の "ソースへの接続に使われる export key を貼り付けます" に貼り付け
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” の “ソースへの接続に使われる export key を貼り付けます” に貼り付け

“電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” の “ソースへの接続に使われる export key を貼り付けます” に貼り付けます。

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:" の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:” の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:" の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:” の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:"ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:" の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:”ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:” の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリック

“ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:” の [参照] をクリックし、任意のダウンロード先を選択したら、[開始] をクリックします。

電子情報開示エクスポート ツール
  • エクスポート名:”検索名_Export”
  • ソースへの接続に使われる export key を貼り付けます:
  • ダウンロードしたファイルを格納する場所を選択します:
  • [参照]
  • [詳細オプション(V)]
  • PST ファイルの名前をカスタマイズ(C):Exchange.pst
  • [開始] [キャンセル]

13. PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリック
Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリック

Microsoft 365 Purview コンプライアンス ポータル:保存先に PST ファイルがエクスポートされたことを確認

PST ファイルのエクスポートが完了したら [Close] をクリックします。

  • ※ エクスポート作業に時間がかかる場合があります。
  • “電子情報開示エクスポート ツール(Microsoft Office 365 eDiscovery Export Tool)” を実行するには、Microsoft Edge を利用する必要があります。
電子情報開示エクスポート ツール
  • エクスポート名:”検索名_Export”
  • エクスポート先:C:\Users\<ユーザー名>\<ユーザーフォルダー>\<"検索名_Export">\MM.DD.YYYY-****PM”>
  • ステータス:Office 365 はデータのダウンロードを準備します。
  • データはダウンロート済みです。
  • 処理が完了しました。
  • ダウンロードが完了しましたが、スキップされたアイテムがあります。
  • 残りのアイテムの推定数:*(*.** MB)
  • 推定合計数:***(*.** MB)
  • 残り時間:* 秒
  • 速度:**.** KB/秒
  • [Close]

デル株式会社

Outlook デスクトップ クライアントで PST ファイルのデータを確認する方法

ダウンロードして保存した PST ファイルは、Outlook デスクトップ クライアントから内容を確認することができます。

保存した PST ファイルにつきましては、下記の方法でOutlook クライアントを利用して会話履歴の内容を確認することが可能でございます。

1. [Outlook] をクリックし、Outlook デスクトップ クライアントを起動

Windows 11:[タスク バー] の [スタート] - [すべてのアプリ] をクリック
Windows 11:[タスク バー] の [スタート] – [すべてのアプリ] をクリック
Windows 11:[Outlook] をクリックし、Outlook デスクトップ クライアントを起動
Windows 11:[Outlook] をクリックし、Outlook デスクトップ クライアントを起動

[タスク バー] の [スタート] – [すべてのアプリ] をクリックします。

[Outlook] をクリックし、Outlook デスクトップ クライアントを起動します。

2. [ファイル] タブをクリック

Outlook デスクトップ クライアント:[ファイル] タブをクリック
Outlook デスクトップ クライアント:[ファイル] タブをクリック

Outlook デスクトップ クライアントを起動し、[ファイル] タブをクリックします。

3. [開く/エクスポート] をクリック

Outlook デスクトップ クライアント:[開く/エクスポート] をクリック
Outlook デスクトップ クライアント:[開く/エクスポート] をクリック

[開く/エクスポート] をクリックします。

4. [Outlook データ ファイルを開く] をクリック

Outlook デスクトップ クライアント:[Outlook データ ファイルを開く] をクリック
Outlook デスクトップ クライアント:[Outlook データ ファイルを開く] をクリック

[Outlook データ ファイルを開く] をクリックします。

  • Outlook データ ファイルを開く
  • Outlook データ ファイル(.pst)を開きます。

5. 保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。

エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。
エクスプローラー:保存した PST ファイルを指定し、[OK] をクリックします。

“Outlook データ ファイルを開く” ウィンドウが表示されたら、保存した PST ファイルを選択し、[OK] をクリックします。

6. 左サイド メニューに追加される該当の PST ファイルの [TeamsMessagesData] フォルダー内の該当アイテムをクリックし、データを確認

Outlook デスクトップ クライアント:左サイド メニューに追加される該当の PST ファイルの [TeamsMessagesData] フォルダー内の該当アイテムをクリックし、データを確認
Outlook デスクトップ クライアント:左サイド メニューに追加される該当の PST ファイルの [TeamsMessagesData] フォルダー内の該当アイテムをクリックし、データを確認

Outlook デスクトップ クライアントの左サイド メニューに追加される該当の PST ファイルの [TeamsMessagesData] フォルダー内の該当アイテムをクリックすると、チャネル メッセージのデータの確認が行えます。

7. 該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリック

Outlook デスクトップ クライアント:該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリック
Outlook デスクトップ クライアント:該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリック
Outlook デスクトップ クライアント:該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリック
Outlook デスクトップ クライアント:該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリック

データの確認後は、追加された該当の PST ファイルを右クリックし、[***@contoso.com を閉じる] をクリックします。

※ 利用していている Outlook デスクトップ クライアントのバージョンによって、項目やメニューが異なる場合があります。

Microsoft Teams とは?

Microsoft Teams は、Microsoft の提供するコラボレーション ツールになります。

Microsoft Teams 関連記事一覧

Microsoft Teams 関連記事一覧






関連リンク





Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください