【レポート】マグネシウム素材の振動板採用の BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを搭載した「カスタム IEM」を参考出展【ONKYO & Pioneer(オンキヨー & パイオニア)】

レビュー
マグネシウム素材の振動板採用 BA(バランスド・アーマチュア)ドライバー「カスタム IEM」
マグネシウム素材の振動板採用 BA(バランスド・アーマチュア)ドライバー「カスタム IEM」

「春のヘッドフォン祭 2019(TOKYO HEADPHONE FESTIVAL 2019 SPRING)」ONKYO & Pioneer(オンキヨー & パイオニア)ブースでは、マグネシウム素材の振動板を採用した BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを搭載したカスタム IEM の参考出展を行なっていました。

マグネシウム素材の振動板採用 BA(バランスド・アーマチュア)ドライバー「カスタム IEM」:左から 1BA、2WAY 2BA、2WAY 3BA
マグネシウム素材の振動板採用 BA(バランスド・アーマチュア)ドライバー「カスタム IEM」:左から 1BA、2WAY 2BA、2WAY 3BA

参考出展されていたカスタム IEM は、1BA(バランスド・アーマチュア)モデル、2WAY & 2BA(バランスド・アーマチュア)モデル、2WAY & 3BA(バランスド・アーマチュア)モデルの 3種類。

マグネシウム素材の振動板を採用したことで、一般的な BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーと比較して、特定の周波数での歪みの低減を実現し、より滑らかかつ原音に忠実な音を再現できるとのこと。

今後は、同社の従来モデルのカスタム IEM と今回出展されていた BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを搭載したカスタム IEM を併売していきたいとのことでした。

なお、発売時期などは未定。年内でのリリースを目標にしているとのこと。

1.軽く試聴

2WAY & 2BA(バランスド・アーマチュア)モデルは、膜があるように感じました。特にクランチ気味のギターのサウンドのカッティングの際の音像にキレを感じなかったので今後に期待したい印象。一方の 2WAY & 3BA(モデル)では、見通しが良くなっている印象でした。逆に 1BA(バランスド・アーマチュア)モデルの方が良かったような気がします。

一般的に BA ドライバーの振動板にマグネシウム素材が利用されることは少ないだけに機会がある方は試聴してみるのも良いかもしれません。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGTKP+4XF8LE+3NN6+BW8O2&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.fujiya-avic.jp%2F

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください