スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Apple】デザインからみる Apple の歴史 ①【ロゴ編】

総合記事

Apple という企業についての歴史を見て来ました。

そちらをご覧になれば、どのようにして、Apple という企業が時価総額世界第 1位という座に上っていったのかという流れが分かるかと思います。

2013年3月現在では、株価も $430 前後へと低迷していっており、CEO の Tim Cook もこの状況に対して危機感は持っているとのことですが・・・。

そもそも、筆者は「$700 を超えていた状況がバブルだっただけなのではないか?」と思っていますが。

それはともかく、今回は Apple という企業を別の視点から見てみようかと思います。

Apple といえば、ご存知のように非常にデザインに対して力を入れている企業です。

そのこだわり方といえば、iMac の内部の基盤設計などの見えない細部の領域まで及ぶほどと言われます。

ただし、デザインを優先するがために、それまでのレガシーなインターフェースなどを一気に切り捨てるといった諸刃の剣ともなりかねないことも行うことがあります。挙句は、使い勝手の悪い形のマウスを出したなんて時も存在していたりしました。

そんな Apple という企業の歴史をデザインという側面から見てみようと思います。

第 1回目は、Apple お馴染みのロゴマークについて見ていきましょう。 

Appleロゴマークと言えば、「かじったリンゴマーク!」と誰が見ても一目で分かるものになっています。

このロゴマークというものは企業ブランドを創り出す上で非常に重要なものになっています。ただ、Apple では過去に数回に渡って大幅なデザイン変更をかけるといったことを行なった企業だったりするのです。

スポンサーリンク

1.1976

初代 Apple Computer Logo

初代 Apple Computer Logo

Apple 好きの方ならご存知な方が多いと思いますが、上のロゴは 1976年の Apple 設立当初のロゴです。

描かれているのはリンゴの下に座って読書するアイザック・ニュートン。版画調のデザインを採用していたものの、絵柄が複雑だったりしたこともあり、1年も経たないうちに変更されました。

2.1976 〜 1998

Apple Computer Rainbow Logo

Apple Computer Rainbow Logo

その後、正式採用されて長期にわたって利用されたのがカラフルなレインボーロゴ。このロゴには、シンプルでありつつも非常に奥の深いものになっています。

6色のレインボーカラーによって、AppleⅡの基本表示色を示しつつ、かじり跡にはコンピューターの記録単位である「byte」、そして同社の当時のスローガンである「Byte into an Apple」にかじるという意味の「bite」をかけたものになっています。

これは、Apple が、創業当初の頃から現在も重要視している「Customar Experience」を意識していたことの現れでもあります。

これは現在にも渡って変わっていないことですね。そして、このロゴは 1998年までの長い間使い続けられました。

※ この象徴的なレインボーカラーは長年利用されることはありませんでしたが、Tim Cook が LGBT であることをカミングアウトした翌年、あたりから Apple Watch のバンドのカラーラインナップの中に多様性を意味するレインボーカラーが、「Pride Edition」として 2度ほど限定的に販売されたりしています。

3.1998 〜 2000

Apple Logo ②

Apple Logo ②

そして、Steve Jobs が復帰した翌年の 1998年の初代 iMac の発売頃にレインボーカラーのロゴから単色のロゴに変更されるようになりました。

ただし、単色ロゴ自体は既に製品パッケージなどでは使われていたものになるので初めて採用されたものというわけではありません。

この単色ロゴは、製品のカラーなどに応じて異なる色のリンゴマークでした。この単色ロゴは現在でも iPad などの各製品でも採用されているものですね。

2001 〜 2007

Apple Logo ③

Apple Logo ③

そして、2001年の Mac OS X の正式リリースに合わせて登場したのが、立体感のある「Aqua」テーマに合わせたような上記のようなロゴ。

単色ではあるもののガラスのような質感を持たせたものになりました。

2007 〜 2012

Apple Logo ④

Apple Logo ④

2003年には、Mac OS X 10.3 Panther から採用されたメタル調のインターフェースデザインの採用から一部で採り入れるようになり、2007年の Mac OS X 10.5 Leopard から全面的に採用されるようになりました。

ロゴもメタリックな製品のアルミを意識したようなものになっています。このロゴは iPhone などの起動時にもお馴染みのロゴと言えるでしょう。

Apple のロゴは時代の変遷とともにロゴの基本形状は変わらないものの時代に合わせてそのカラーリングを変えていっています。この流れは、この先も変わらないでしょう。ただ、これらのデザインには裏付けされた何らかの意図があるということを捉えておくと面白いかもしれません。

Apple にとってはロゴマーク一つとっても非常に重要視しているものなのですから・・・。

次回は、Apple で使用されているフォントについて触れてみたいと思います。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました