スポンサーリンク
スポンサーリンク

【audio – technica】エントリー向けスポーツ用モデル「ATH – SPORT60BT」を 2019年10月11日にリリース

この記事は約5分で読めます。
総合記事

audio – technica(オーディオテクニカ)が、同社の「SONICSPORT」シリーズにエントリー向けモデル「ATH – SPORT60BT」が登場する。発売日は、2019年10月11日。

価格は、約 7,000円。カラーバリエーションは、ブラックホワイトピンクの 3 色展開となっている。

すでに予約を開始しており、各オーディオショップ(FUJIYA AVIC(フジヤエービック)e ☆ イヤホン)、家電量販店(ビックカメラ.comソフマップコジマ)、Amazon.co.jp などで予約受け付けを開始している。

上位モデルとなる「ATH – SPORT90BT」との大きな違いは音楽プレイヤー機能が内蔵されていない点になる。

スポンサーリンク

ATH – SPORT60BT の特徴

サウンドは、高感度の φ 6 mm DD(ダイナミック・ドライバー)が、「パワフルな低音と聴きやすい Vo.(ヴォーカル)」再生を実現しているとのこと。

Bluetooth® 5.0 を搭載し、対応プロファイルは A2DP、AVRCP、HFP、対応コーデックは AAC、SBC となる。

ATH - SPORT60BT:マグネットセンサー

ATH – SPORT60BT:マグネットセンサー

ケーブル部分には、インラインコントローラーを搭載しており音楽や通話の操作などもできる。また、左右のイヤフォン部分にマグネットセンサーを内蔵することで、それぞれを合わせれば音楽の一時停止にも対応している。

連続再生時間は、最大 6 時間で、2 台の Bluetooth® 機器までを同時接続可能なマルチポイント機能に対応。

ATH - SPORT60BT:イヤーピース & イヤーフォン

ATH – SPORT60BT:イヤーピース & イヤーフォン

付属のイヤーピースでは、Feebit 社との協業デザインによる 4 種類のイヤーピースとイヤーフィンによる装着間のカスタマイズなども可能。

ATH – SPORT60BT

ATH - SPORT60BT

ATH – SPORT60BT

  • 価格:約 7,000円(税込:7,560円)
  • カラー:ブラックホワイトピンク
  • ドライバー:DD(ダイナミック)型 φ 6 mm
  • 出力音圧レベル:90 dB/mW
  • 再生周波数帯域:20 〜 20,000Hz
  • インピーダンス:16 Ω
  • マイク:MEMS 型
  • 指向特性:全指向性
  • 感度:- 42dB(1V/Pa @ 1kHz)
  • 周波数帯域:100 〜 8,000 Hz
  • Bluetooth®:Bluetooth® 5.0
  • 最大通信距離:見通しの良い状態で約 10 m 以内
  • 使用周波数帯域: 2.4 GHz 帯(2,402 〜 2,480GHz
  • 変調方式:FHSS
  • 対応 Bluetooth® プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP
  • 対応コーデック:AAC、SBC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS – T 方式
  • 伝送帯域:20 〜 20,000 Hz
  • 電源:DC 3.7 V リチウムイオンバッテリー
  •    ※ 内蔵式
  • 充電時間:約 2 時間
  • 連続通信時間(音楽再生時):最大約 6 時間
  • 防滴仕様:IPX5
  • 使用温度範囲:5 〜 40 ℃
  • 質量:約 17 g
  • 付属品:30 cm 充電用 USB ケーブル(USB Type – A to ISB Tyep – C)
  •     イヤーピース(XS、S、M、L)、イヤーフィン(XS、S、M、L)、ポーチ
  • Amazon

  • ビックカメラ.com

  • ソフマップ ドットコム

  • 楽天市場

オーディオテクニカ audio-technica ワイヤレスイヤホン 防水/スポーツ向け ATH-SPORT60BT WH Bluetooth対応 ホワイト
【ヘッドホン部】 型式:ダイナミック型 ドライバー:φ6mm 出力音圧レベル:90dB/mW 再生周波数帯域:20〜20,000Hz インピーダンス:16Ω 【マイクロホン部】 指向性:全指向性 感度:−40dB(1V/Pa,at1kHz) 周波数帯域:100~8,000Hz 【通信仕様】 通信方式:Bluetooth...

関連リンク





コメント

タイトルとURLをコピーしました