FiiO BTR 7

【FiiO】”THX – AAA” アンプと ESS Technology 製 DAC を搭載した至高の Bluetooth® ヘッドフォン アンプ “FiiO BTR 7” をリリース

特集
0 0
Read Time:5 Minute, 15 Second

株式会社エミライが、2022 年 8 月 12 日(金)に Fiio Electronics 製の Bluetooth® ヘッドフォン アンプ “FiiO BTR 7” のリリースを発表しています。

価格は、約 34,100 円(税込)となります。

目次






ポイント

FiiO BTR 7
FiiO BTR 7
先進のアンプ テクノロジー “THX AAA – 28” デュアル構成によるフル バランス アンプ回路を搭載
  • ・THX 社の特許技術であるフィード フォワード方式のアンプ回路 “THX AAA -28” を搭載しています。
  • この THX AAA アンプ回路は、高出力、低消費電力の高性能アンプ回路技術で、従来の回路の欠点であったゼロ クロス歪みを効果的に除去することにより、高出力時にも低歪みを実現することが特徴になっています。
  • “FiiO BTR 7” では、2 ch 分のアンプ回路である “THX AAA – 28” をデュアル構成で搭載することで、合計 4 基のアンプを実現しています。
  • このフル バランス高背によって、従来モデルに比べてシングル エンド出力で最大 88 %、バランス出力で最大 30 % の出力向上しながらも歪み率を表す THD + N は、0.002 から 0.00048 % へと飛躍的に向上しています。
  • ・ワイヤレス再生や USB DAC 再生にも妥協のないヘッドフォン/イヤフォンでのリスニング環境の構築を実現します。
ESS Technology 社の DAC チップ “ES9219C” を左右独立構成で合計 2 基搭載
  • ・ESS Technology 社の第 3 世代統合型 DAC チップ “ES9219C” を左右独立構成で合計 2 基搭載しています。
  • この新世代の SoC では、MQA のデコードに対応しているほか、32 bit/384 kHz、PCM、DSD 256、FLAC、ALAC、AIFF、WAV などの幅広いサンプリング レートやロス レス オーディオ フォーマットにも対応しています。
  • DAC チップ内でマルチ レベルのアナログ ゲインとデジタル ボリュームが利用状況に応じて、双方を併用する方式で統合されているので、音楽のダイナミック レンジを完全に維持しながら、より正確な調節が可能になっています。
  • また、チップに内蔵されたアンプ部分を専用の “THX AAA – 28” アンプに受け持たせることで、さらなる再生能力の向上を実現しています。
384 kHz/32 bit PCM、DSD 256 ネイティブ再生を可能とする USB DAC 機能を搭載
  • “FiiO BTR 7” には小型高性能な USB DAC としても利用も可能になっています。
  • 独立した XMOS 製 USB コントローラー “XUF208” を搭載し、USB Audio Class 2.0 でアシンクロナス伝送によるオーディオ デコードを実現しています。
  • ・USB Type – C 端子を経由して、384 kHz/32 bit PCM、DSD 256(Native)、DSD 128(DoP)までの DSDの再生を実現しているほか、MQA レンダラー機能も搭載しています。
  • ※ USB DAC 機能は、ドライバーが不要の USB Audio Class 1.0 モードのほか、フル スペックで再生が行える USB Audio Class 2.0 モードの 2 つのモードに対応しています。
  • USB Audio Class 2.0 の場合、FiiO オフィシャル Web サイトからのドライバーの DL(ダウンロード)とインストールが必要になります。
Qualcomm® 製 Bluetooth® チップ “QCC5124” を搭載による高品位ワイヤレス性能
  • “FiiO BTR 7” に搭載されている Qualcomm® 製 Bluetooth® IC である “QCC5124” には、Bluetooth® 5.1 対応の Bluetooth® チップで、aptX Adaptive をはじめとした高品位なオーディオ コーデックに対応しています。
  • また、拡張されたオーディオ機能により、32 bit 処理や 2 基の動作周波数 120 MHz DSP 機能などを手軽な操作で様々な Bluetooth® 機能をパワフルに処理できます。
  • これにより、動作再生、ゲーム プレイや音楽鑑賞などの様々なシーンで最適なワイヤレス環境の構築を実現します。
主要な高音質ワイヤレス オーディオ コーデックに対応
“FiiO BTR 7” では、aptX Adaptive のほか、LDAC、aptX、aptX Low Latency、aptX HD、AAC、SBC などの多彩な Bluetooth® オーディオ コーデックに対応しているので、手持ちの Bluetooth® デバイスを利用したポータブル性能を保ちながらも、高音質な音楽再生を実現しています。
アナログ/デジタルを独立した 13 基の電源レギュレーターを搭載
  • “FiiO BTR 7” には、より高い再生能力を実現するために合計 13 個の電源レギュレーターを搭載しています。
  • これにより、アナログとデジタル部を分離して、なおかつ左右の DAC、アンプに個別に電源供給を行うことで、相互干渉のない安定した電力供給を実現しています。
3.5 mm シングル エンド出力に加えて、完全バランス構成による 4.4 mm バランス出力を搭載
  • “FiiO BTR 7” には、3.5 mm シングル エンド出力だけでなく、高い出力を誇る 4.4 mm 端子によるバランス出力を備えています。
  • バランス出力では、”EX9219C” と “THX AAA – 28” を左右独立で動作させる完全バランス構成により、各チャンネルを独立した DAC と増幅段によって駆動することで、高い出力と低歪み率、チャンネル セパレーションの向上を実現しています。
接続安定性を向上する特許取得済みのシームレス メタル アンテナを搭載
“FiiO BTR 7” には、Bluetooth® の接続安定性向上のため、Fiio が特許を持つシームレス メタル フレーム アンテナが採用されています。
動作状況や設定を手軽に確認できるカラー IPS ディスプレイを搭載した高剛性アルミ筐体
  • ・本体前面に 1.3 inch の IPS カラー ディスプレイを搭載しており、ボリューム、パワー、ゲイン、オーディオ フォーマットなどの重要な情報を直観的に確認や操作できる新開発の UI(ユーザー インターフェース)を採用し、機能性を高めています。
  • また、Fiio の現行デジタル オーディオ プレイヤーと共通するハニカムが特徴の第 7 世代デザインを採用したことによる高い質感に加えて、アルミ合金製の筐体による高い放熱性と剛性を実現しています。
  • ・なお、本体側面に搭載されたハードウェア キーによる以下の本体操作と内蔵パラメーターの変更が行えます。
  • 電源/メニュー ボタン
  • ペアリング/再生/停止ボタン
  • ボリューム/曲送り/曲戻しボタン
  • 充電 ON/OFF スイッチ
Qi 規格無線充電対応と最大約 9 時間の連続動作を実現する 880 mAh のバッテリーを搭載
  • ・さまざまなシーンで快適に利用できるように USB での有線充電のほか、Qi 規格による無線充電方式を新たに採用しています。
  • また、本体に内蔵された 880 mAh のバッテリーによる最大約 9 時間の連続再生を実現しているので、自宅や外出先、車の中など、様々な環境下でバッテリーの心配なく利用できます。
ワン ボタンで切り替えが行える USB オーディオ アダプター モード
  • “FiiO BTR 7” には、スマートフォンの外部 DAC として機能する “ドングル モード” を搭載しています。
  • 本体の “CHARGE ボタン” をワン クリックすることで切り替えが行える “ドングル モード” では一般的なバス パワー駆動タイプの DACと異なり、スマートフォンのバッテリーを消費せずに駆動できるので長い動作時間と高い音質を両立しています。
FiiO Control アプリケーションによって、本体に触れずパラメーターを変更可能
  • ・本体の操作だけでなく、FiiO Control アプリケーションでの操作にも対応しているので、本体を取り出す必要なく EQ(イコライザー)などの内蔵パラメーターの操作も可能です。
  • また、本体のファームウェア アップデートもアプリケーション経由で行えるので、将来に渡って本製品の利用ができます。
専用設計の保護ケースが標準で付属
  • “FiiO BTR 7” では、専用設計の人工皮革製の保護ケースが標準付属しています。
  • このケースは、本体を保護するだけでなく、表面の特殊加工により、角度によって様々な表情を演出します。
  • また、専用設計になっているので、画面の視認性やボタン部分の操作性など、快適な使用感が追及されいます。
用途を選ばない多機能性
スマートフォン、PC、ゲーム、自動車内といった幅広いシチュエーションにおいて、有線イヤフォンの機能性と音質を最大まで高めることが可能です。

取扱店

なお、取扱店は下記一覧を参照してください。

取扱店
ポイントなど
3,789 ポイント(10 %)
344 ポイント(1 倍)
3,789 ポイント(10 %)
  • 345 ポイント
  • ※ クレジット カード会員
344 ポイント(1 倍 + 4 倍 UP)
  • 511 円相当~ 1,193 円相当
  • ※ 1 ~ 最大 3.5 %
310 ポイント(1 倍)
313 ポイント(1 倍)

FiiO BTR7

価格
約 34,100 円(税込)
DAC
ES9219C x 2
USB レシーバー チップ
XMOS XUF208
Bleutooth® チップ
QCC5124
ワイヤレス
Bluetooth® 5.1
対応 Bleutooth® コーデック
  • SBC、AAC
  • aptX、aptX LL、aptX HD
  • aptX Adaptive
  • LDAC
ディスプレイ
1.3 inch IPS カラー ディスプレイ
ゲイン設定
H/L
出力
  • 3.5 mm シングル エンド
  • 4.4 mm バランス
出力(32 Ω 負荷時)
  • 3.5 mm シングル エンド:160 mW
  • 4.4 mm バランス:320 mW
S/N 比(A weighted)
  • 3.5 mm シングル エンド:118 dB
  • 4.4 mm バランス:115 dB
ノイズ フロア(A weighted)
  • 3.5 mm シングル エンド:3 μV 以下
  • 4.4 mm バランス:5.5 μV 以下
THD + N
  • 3.5 mm シングル エンド:0.00055 % 未満
  • 4.4 mm バランス:0.00048 % 未満
セパレーション(1 kHz/32 Ω 負荷時)
  • 3.5 mm シングル エンド:75 dB
  • 4.4 mm バランス:107 dB
USB ポート
  • USB Type – C(USB 2.0)
  • ※ データ転送/充電兼用
その他
  • MQA レンダラー機能:○
  • インライン リモコン:CIIA 規格に対応
  • マイク機能:ハンズ フリー通話、音声アシスタント起動
連続使用時間
  • 3.5 mm シングル エンド:約 9 時間
  • 4.4 mm バランス:約 8 時間
充電時間
  • 有線:約 1.5 時間
  • 無線:約 3 時間
  • ※ Qi 規格対応
バッテリー容量
880 mAh
サイズ
  • 幅:約 83.6 mm
  • 奥行:約 39.6 mm
  • 高さ:約 14.6 mm
  • ※ バック クリップを除く
重量
約 68 g
付属品
  • USB Type – C to USB Type – A ケーブル
  • USB Type – C to USB Type – C ケーブル
  • 専用保護ケース
  • 保証書、クイック スタート ガイド

関連リンク


created by Rinker
Fiio
¥24,800 (2022/10/03 22:49:29時点 Amazon調べ-詳細)


Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください