スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Mac App】Apple、「Final Cut Pro 10.2.1」をリリース!

この記事は約3分で読めます。
総合記事

Final Cut Pro 10.2

 

 
 Apple が、動画編集アプリケーション「Final Cut Pro」のアップデート「Final Cut Pro 10.2.1」をリリースしました。今回のアップデートでの変更点は下記になります。
 

Final Cut Pro 10.2.1 の新機能

 

  • 1.25p および 30p の Panasonic AVCCAM ビデオを再サポート
  • 2.TL(タイムライン)内でドラッグして、範囲を選択するときの精度を向上
  • 3.Final Cut Pro が起動時に終了することのある問題の修正

 
 システム対応要件は、OS X 10.10.2 Yosemite 以降となっています。
 
 なお、既存ユーザーは、「Mac App Store>アップデート」からアップデートが可能です。
 

Final Cut Pro 10.2

 

Final Cut Pro

 

  • 価格:34,800円
  • カテゴリ:ビデオ
  • リリース:2015年5月14日
  • バージョン:10.2.1
  • サイズ:2.82GB
  • 互換性:OS X 10.10.2 Yosemite 以降、64 bit プロセッサ
  • システム条件:4GB の RAM(4K の場合は 8GB 推奨)
  •        OpenGL に対応したグラフィックカードまたは Intel HD Graphics 3000 以降
  •        256MB の VRAM(4K の場合は 1GB を推奨)
  •        4.15GB の空きディスク領域
  •        ※ 一部機能にはインターネットアクセスが必要になります。また料金が発生する場合があります。
  •        ※ Blu-ray ディスク作成には、Blu-ray レコーダーが必要になります。
  • 言語:日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、中文、英語
  • 販売元:iTunes K.K.
  • © 2011-2015
  •  

 

関連リンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました