スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

OS X の歴史①

この記事は約8分で読めます。
総合記事

OS X Logo

 
 今回のテーマは、現在の Mac の根幹を作り出している OS X の歴史です。いわゆる、コンピュータというものは OS という基本ソフトウェアがハードウェアをコンピューターとして動かしてくれています。裏を返せば、この OS というものが無ければ単なる箱に過ぎないのです。その OS にも様々な種類があります。いわゆる我々が日常使っているコンピュータでいえば、Apple の OS X、そして、Microsoft の Windows。他にも Linux 系の Ubuntu や Google の Chrome OS などがあります。
 
 ご存知かとは思いますが、Mac の OS は昨年6月にアップデートされ、現在は OS X 10.8 Moutain Lion と第9世代目の OS となっています。では、「OS X の原点はどんなものであったのか?」と思う方も多いかと思います。今回は、そんな OS の中でも私たちが日常使用している Mac の OS である OS X の原点について触れたいと思います。
 
 ご存知かとは思いますが、OS X には数字以外にネコ科の名前が相性として使われています。元々は、開発コードネームだったものが商品名にまで表記されるようになりました。人によっては、数字で言うよりもこのネコ科の名前で OS のバージョンを覚えていたりします。実際、10.x などの数字だけだと分かりにくいというのもあるのかもしれません。
 
 そんな OS X ではありますが、2000年11月から Public Beta Siam が、3,500円でリリースされており、Apple はユーザーからのフィードバックを求めるという珍しいリリース形態を取った OS でした。ベータ版にも関わらず、有償であることも注目点ともいえます。そして、翌年3月24日に初代 Mac OS X 10.0 Juguar(〜10.0.4)がリリース。これまでの Mac で採用されてきた OS 9 などの旧 Mac OS ではシングルコア CPU、シングルユーザー、シングルタスクが一般的だった時代というものから、マルチプロセッサー、マルチユーザー、マルチタスク対応が前提になった先進的な OS になりました。これは、1996年に買収した Steve Jobs の創設した「NeXT STEP 社」の UNIX 系 OS「OPENSTEP」からもたらされた物でした。
 

Mac OS X 10.0 Juguar

 
 当時のユーザーインターフェースには、Finder 機能にアイコン/リスト/カラム表示のおなじみの機能も搭載しておりウィンドウの左上の赤/黄/緑のウィンドウ操作のためのマークも搭載されていました。また、この頃から「システム環境設定」はデザインが異なってはいましたが、現在と同じく機能別にアイコンを一覧する形式となっていました。そして、OS X の象徴する特徴といえば、Dock。普段、多用するアプリケーションなどを格納しておき Dock から起動できるこの機能は OS X から搭載されたものだったのです。
 

Mac OS X Public Beta
Public Beta
コードネームSiam
発売日2000年9月13日
価格3,200円
Mac OS X 10.0 Jaguar
Mac OS X 10.0(〜10.0.4)
コードネームCheetah
発売日2001年3月24日
価格14,800円
Mac OS X 10.0 Puma
Mac OS X 10.1(〜10.1.5)
コードネームPuma
発売日2001年9月29日
価格
  • 14,800円
  • ※ Mac OS X ユーザは無償
Mac OS X 10.0 Cheetah
Mac OS X 10.2(〜10.2.8)
コードネームJagar
発売日2002年8月24日
価格
  • シングルユーザー版:14,800円
  • ファミリーパック(~5台まで):22,800円

 

Mac OS X 10.1 Puma

 
 そして、OS X 10.0 Juguar がリリースされて半年後の2001年9月には早くも OS X 10.1 Puma がリリース。基本的な機能の追加や改善が中心に鳴っており、いわゆるマイナーアップデートでした。そのため、無料でのアップデートが可能になっていたのが特徴と言えるかもしれません。
 

Mac OS X 10.0 Cheetah

 
 1年後の2002年8月には、OS X も安定してきたため、OS X 10.2 Jaguar で多くの機能が追加されるようになりました。特に、Finder には検索機能が統合されたことでファイル検索が可能になっていたり、現在の OS X 10.8 Mountain Lion の iMessage の前身 iChat も搭載されました。これによって、同一ネットワーク上であれば容易にチャット機能が利用できる当時の「Rendezbous(現在:Bonjour)」も搭載されたのです。
 
 いまでこそ OS X という製品が、その先進性や安定性を誇らしげに謳っています。しかし、発売された当初は動作が遅かったり、DVD 再生機能がないなど不十分な機能から商業的には失敗しています。実際、ユーザーが増えたのは、パフォーマンスが改善された OS X 10.2 Jaguar から徐々に業務用途でも利用されるようになっていきました。ちなみに、今やおなじみになった Web ブラウザの Safari が登場したのは翌年の 2003年です。
 
 iOS の成功から不敗神話のようなものが築かれていっている Apple ではありますが、決して順風満帆に行っていたわけではないんですね。
 
 今回は、皆が使っている Mac の OS である OS X の歴史の初期について見てみました。ちなみに余談ではありますが、iOS にも同じようなコードネームがあったりするのは知られていなかったりします。
 
 次回は、OS X 10.3 以降について触れたいと思います。
 

OS X の歴史③ へ続く

 

Regards, XELLOSS

 

関連リンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました