スポンサーリンク
デル株式会社
スポンサーリンク
デル株式会社

【レビュー】「DELL 新製品発表会 XPS Dell Gaming」へ参加してきました!①

総合記事
DELL 新製品発表会 XPS Dell Gaming

DELL 新製品発表会 XPS Dell Gaming

DELL が、「CES 2017(Consumer Technology Association)」で発表した「XPS 13 2 – in – 1」の新製品発表会へ参加してきました!今回は、今までで最もゴージャスな会場!六本木ニコファーレ!その分、写真を撮っても色が出せないという困難な会場でもありました・・・。

DELL 新製品発表会 XPS Dell Gaming

DELL 新製品発表会 XPS Dell Gaming

今回の会場は、ニコファーレということもあり「XPS 13 2 – in – 1」ALIENWARE 13 などの新製品の実機を利用したエレクトリックサウンドと 360° を囲むサイネージをフル活用したパフォーマンスが行なわれました!

イベントでは、主にプロダクト全体のポートフォリオを担当している「コンシューマー向け製品 マーケティング担当シニアバイスプレジデント レイモンド・ワー氏」と近年最も力を入れている印象の強いプロダクトデザインを担当している「エクスペリエンスデザイングループ(EDG)コマーシャルクライアント & コンシューマーパフォーマンス・インダストリアルデザイン担当バイスプレジデント マイケル・エリス・スミス氏」の 2名によって行われました。DELL 本社のスタッフからの直接のプレゼンテーションというのは、レアなイベントと言うだけあり個人的には製品哲学を感じられる眉唾なイベントとなっていました。

XPS 13 2 - in - 1

XPS 13 2 – in – 1

スポンサーリンク

1.XPS 13 2 – in – 1

「XPS 13 2 – in – 1」 のレビューは、こちら

まずは、XPS 13 2 – in – 1のプレゼンテーションでスタート!今回は、聴き取れる範囲になりますがテープ起こし的に頑張ってみました。久々のリスニングとなり、自分の英語力の落ち具合を痛感しつつ・・・良いトレーニングにもなった??所々、抜けているところや類推している箇所もありますので、その点はご容赦ください><

実際のところ、通訳さんがその場で翻訳してくれているんですけどね・・・日本語に翻訳すると微妙なニュアンスが違ったりするんですよね。というわけで、より製品理解を深めるためにも、プレゼンテーションを書き起こしましたw

XPS 13 2 - in - 1

XPS 13 2 – in – 1

1.世界最小サイズを塗り替えたのは、やっぱり XPS 13 2 – in – 1 だった!

「So. Good evning everybody. My name is Ray War and a Senior Vice President of Consumer Products Group for Dell. And I have love you request before a start. It’s a little bit cool outside. So I just one Everybody to feel very relax and comfortable here in this evening. We are taking through the innovation dell has bring and exciting new products for the Japanese Markets. XPS is Design and Engineering to be the best on the Planet. We bring together elegant design and premium experiences and enhance to success of your professional and your personal life. This results in the beautifululy crafted products that has performance and is not compromised. Two years ago, CES 2015, we launched the world of smallest 13 inch notebook in the XPS 13. I still remember clearly that morning. The right standing room only huge cloud of media and Engineerist, and we took out XPS 13 and told them this is the size a MacBook Air 11. I could see amazing and wondering faces. We could not believe how we cloud put 13 inch into the size 11 inch MacBook Air. Ten mounths later in the event in NY, we launched the world smallest of 15 inch notebook in XPS 15. XPS 15 is very close the size of 14 inch notebook. And happy to share up to today, the still no other ground let is smaller XPS 13 and XPS 15. We gonna acception today’s New XPS 13 2 – in – 1 is smaller than original XPS 13. Imagine, XPS 13 2 – in – 1 that 8mm is thiner all day up to 13.7mm. We weights 1.24kg. And we have Visility, flexibility, oftenly tablet, easel, and tent mode. You also have peformmance and productivity often to know 13 inch notebook. And we didn’t compromise usability. It is still same keyboard and same touchpad experience for original XPS 13. This is why, CES 2017, we launched product upto today we already 26 awards encounting. So Everyday I get update another awards, that’s won be XPS 13 2 – in – 1. This is over by enough. The woning 300 awards XPS 13 and XPS 15 have one. So other than … is smallest a lots of other features and benefits that genelist and reviewer has same about New XPS 2 – in – 1. They are completely amazed how we could screen skin the best display Infinity Edge that we have in the XPS series. You can choose QHD+ display given you 5.7 million px and that is 2.5 million px … Full HD screen. The beautiful wide view angle could angle out 178 degreees. And you could clock brightness up to 400 nits. So together with Infinity Edge display you get completeley … and experience like no other. They also love the fact comes the latest Intel® 7th Generation Core® i5 and Core® i7 processors. Disk configured 16, … 16GB system memory. And storage you can scaling up 1TB SSD. So you can get stream fast response and any suspend disk PC. They also look so facts that be able to deliver professional agree active pen functionally in the New XPS 13 2 – in – 1. So the pen sense activity is up to 2,048 pressure, and that is natural experience, then you write just like when you write pencil with a piece of paper. And you also have amazing buttery life, so Full HD version becasuse of scall load up to 15 hours. We tested. Right, if you watched Netflix … more than 9 hours. A lots of get in have excellent connectivity in two USB Type™ – C ports. If you still have USB Type A, don’t worry, because of we give you free USB Type A dongle. And one of them USB Type™ – C port is equiped the latest Thunderbolt™ 3.0. So this … transfer … by directional mode up to 40Gbps. This is 8 times, 8 times, faster than USB 3.0. 2 time faster by Thunderbot™ 2.0. It does so mean this device you cloud wire this up two 4K display monitor. So you have to remember you get all this futures in capability in the world smallest 13 inch 2 – in – 1. All right, before I hang out Michael share about what is the inspiration behind such the great design.」

おおよそ、10分ちょっとくらいの時間なんですが・・・。比較的、Ray 氏の英語は頑張って聴き取れたかな?まずは、XPS は地球上で最もデザインとエンジニアリングにおいて優れた製品であることを強調していました。2015年の 「CES 2017(Consumer Technology Association)」MacBook Air の 11 inch のサイズに 13 inch のディスプレイを搭載した XPS 13 はメディアやエンジニアから多大な注目を受けたとのこと。それから 2年の間には、XPS 15 もリリースされたものの、この世界最小サイズを超える製品を産み出した企業は現れず。そんな中、2017年の 「CES 2017(Consumer Technology Association)」 で自社の記録を塗り替えたのが、XPS 13 2 – in – 1!8mm から最も厚いところでも 13.7mm。重さも、たった 1.24kg。そして、タブレットモード、イーゼルモード、テントモード、Laptop PC などの 4つのモードを搭載しつつ、パフォーマンスを維持!ユーザーエクスペリンスを犠牲にすることはありません!また、すでに 26の賞を受賞しており、毎日、増えて続けているとのこと。

Infinity Edge ディスプレイは、QHD+ を選択すれば 570万 px を誇り、Full HD よりも 250万 px も px 密度が追加されます。また、178° の広視野角400nits の輝度を備えています。もちろん、CPU には最新の第 7世代 Intel® Core® i5 or i7 プロセッサーを搭載しており、RAM は 16GB までオプションで選択可能!ストレージも 1TB SSD まで実現しているので、オンボードの製品だけに極力上のモデルを選択しておきたいところです。特に、SSD は容量が大きいほどレスポンスが速いという大きなメリットもあります。なお、ポートは USB Type™ – C ポートを 2つ搭載し、最大 2台の 4K ディスプレイに接続可能!また、1 ポートのみ Thundebolt™ 3.0 対応することで、最大 40Gbps の転送速度を誇ります。なお、USB Type™ – C のみという点で心配な方もご安心を!USB Type™ – A へのドングルが標準で付属しているので、従来のデバイスも安心して接続できる点はポイントだと思います。さらに、別売りの Active ペンは 2,048段階の筆圧を検知し、まるで紙に文字を書くときのような感覚で文字を書くことができるとのことでした。残念ながら、当日は Active ペンの展示がなかったため、実機での書き心地は体験できませんでした。外でラフスケッチなどを描くために気になる方などもいると思うので、この点は注目したいところ。これだけのスペックを誇りつつもバッテリー駆動時間は Full HD モデルなら最大 15時間とのこと。ちなみに、実測で Netflix を再生したところ 9時間は再生できたとのことです。

※ 2017年1月20日時点
※ CPU は、厳密には Intel® Core™ M プロセッサーが搭載されています。また、日本国内では販売されているモデルを確認する限り 1TB SSD モデルの販売は 2017年2月27日時点でも開始されていない模様です。

デル株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました