スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レポート】「DELL アンバサダー 2周年 サンクスパーティー」に参加してみた!New XPS 13(9380)のカメラモジュールと NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミングも展示

総合記事

DELL が、「DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー」「グランドハイアット東京」にて開催したため、参加してきました。

今回は、その模様をお届けします。

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー

スポンサーリンク

1.2周年を迎えた DELL アンバサダープログラム

「DELL アンバサダープログラム」は、DELL 製品の魅力を発信する方を募集するプログラムです。

今年で、2周年を迎える間にアンバサダー会員数は 8,700人を超えているそうです。その中から抽選で選ばれた約 200名を超える方が「DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー」に集っていました。

※ 2019年3月16日時点で、8,850名にまで増加

「DELL アンバサダープログラム」へ登録されたい方は、下記サイトから可能です。

https://dell-ambassador.com/

Dell アンバサダ - Dell Japan
Dell アンバサダーサイト - Dellから最新の製品情報やイベント情報をお届けします。

かなりの混雑具合だったため、製品の写真をじっくり撮影したり、触れたりといった雰囲気ではありませんでしたので気になった製品のみレポートしていきます。

New XPS 13(9380):DELL CINEMA

New XPS 13(9380):DELL CINEMA

2.インカメラが、ベゼル上に配置された New XPS 13(9380)

New XPS 13(9380)+ XPS 13 9370

New XPS 13(9380)+ XPS 13 9370

前モデルの XPS 13(9370) では、インカメラがベゼル下に配置されていましたが、最新の New XPS 13(9380)では上部に配置されるようになりました。

カメラが下側に配置されているとビデオ通話などの際に上から見下ろすような形で映ったりする上に、センサー類も見えていたので、デザインを損なうような大きさが気になっていました。

New XPS 13(9380)

New XPS 13(9380)

最新モデルでは、ただ単に、上部へ配置しただけではなく小型化したことでスッキリとした印象になっています。上部にカメラを搭載した分、若干、ベゼルが太くなりました。その分、ディスプレイを下に落としているので、ディスプレイサイズに変更はありません。並べて比較観察すると気づく程度のものと思って大丈夫かなと思います。

パームレスト部分を比較すると若干、色合いが白っぽくなった印象です。また、手触りもツルッときめ細かくなった感じに改善されています。

New XPS 13(9380)+ XPS 13 9370:インカメラ

New XPS 13(9380)+ XPS 13 9370:インカメラ

右上側が旧モデルのカメラユニット。全てのパーツを収めると上部ベゼルの幅では収まらなかったことにより、ベゼル下に配置していたことが分かります。

一方の左下の新しいカメラユニットは、ベゼル部分にはレンズのみさせ、そこから、その他のパーツユニットを配線させていることが分かります。ちょうどディスプレイ裏とトップカバーの間に収めるような設計になっているようです。

もちろん、パフォーマンス面も向上している上に、バッテリー駆動時間も最大 21時間まで伸びています。

New XPS 13(9380)XPS 13 9370
価格約 126,980円(税込:137,138円)〜約 149,980円(税込:161,978円)〜
ディスプレイ
  • 13.3 inch Full HD InfinityEdge ディスプレイ
  • ※ 1,920 x 1,080
  • 13.3 inch 4K UHD InfinityEdge タッチ ディスプレイ
  • ※ 3,840 x 2,160
  • 13.3 inch Full HD フレームレス・ディスプレイ
  • ※ 1,920 x 1,080
  • 13.3 inch 4K UHD フレームレス・タッチ ディスプレイ
  • ※ 3,840 x 2,160
CPU

  • 第 8世代 Intel® Core™ i3 8145U
  • 4MB キャッシュ
  • 第 8世代 Intel® Core™ i5 8265U
  • 6MB キャッシュ
  • 第 8世代 Intel® Core™ i7 8565U
  • 8MB キャッシュ

  • 第 8世代 Intel® Core™ i5 8250U
  • 6MB キャッシュ
  • 第 8世代 Intel® Core™ i7 8550U
  • 8MB キャッシュ
RAM

  • LPDDR3 2,133MHz 4GB
  • LPDDR3 2,133MHz 8GB
  • LPDDR3 2,133MHz 16GB

  • LPDDR3 1,866MHz 8GB
  • LPDDR3 2,133MHz 16GB
ストレージ

  • 128GB M.2 PCIe NVMe SSD
  • 256GB M.2 PCIe NVMe SSD
  • 512GB M.2 PCIe NVMe SSD

  • 256GB PCIe SSD
  • 512GB PCIe SSD
  • 1TB PCIe SSD
DELL ONLINE STOREDELL ONLINE STORE

https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LOH0l/*PbwM&offerid=296568.10001436&type=3&subid=0

3.NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング

NEW ALIENWARE AREA - 51M ゲーミング

NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング

CES にて発表された「NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング」は、これまでの Laptop ゲーミング PC の概念を打ち壊す金字塔を掲げたプロダクトと言っても過言ではない製品です。

最上モデルの「NEW ALIENWARE AREA – 51M スプレマシー VR」では、CPU には最新の第 9世代 Intel® Core™ i9 9900K、GPU には、NVIDIA® GeForce RTX™ 2080、最大 64GB 搭載可能の RAM(メモリ)などのデスクトップ PC のスペックとしか思えないような構成が可能なゲーミング Laptop PC に仕上がっています。

筆者自身も自作 PC を組む際に、第 9世代 Intel® Core™ i9 9900K の冷却性能が環境的に厳しかったため第 9世代 Intel® Core i7 9700K にしたという経緯があるだけに、それを Lapop PC に収めたというのは驚きです。もはや、正気の沙汰とは思えないレベルのものになっています。

NEW ALIENWARE AREA - 51M ゲーミング

NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング

カラーは、ルナライト(シルバーグレー)とダークサイド オブ ザ ムーン(ダークグレー)の 2種類から選ぶことができます。ホワイト系は女性が好む傾向が強いカラーだっただけにゲーミング PC の世界にもホワイトが自然になってきた印象でした。

NEW ALIENWARE AREA - 51M ゲーミング

NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング

なお、AC アダプターを 2つ接続して、電力供給を高めることで、より高いパフォーマンスを発揮させるデュアル AC アダプター構成になっています。

※ デュアル AC アダプター:180W + 180W(標準)

NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング
価格322,980円(税込:円)〜
CPU
  • 第 8世代 Intel® Core™ i7 8700 6コア
  • 12MB キャッシュ
  • 第 9世代 Intel® Core™ i9 9900K 8コア
  • 16MB キャッシュ
GPU
  • NVIDIA® GeForce RTX™ 2060 6GB GDDR6
  • ※ ファクトリオーバークロック
  • NVIDIA® GeForce RTX™ 2070 8GB GDDR6
  • ※ ファクトリオーバークロック
  • NVIDIA® GeForce RTX™ 2080 8GB GDDR6
  • ※ ファクトリオーバークロック
RAM
  • DDR4 2,400MHz 8GB(4GB x 2)
  • DDR4 2,400MHz 16GB(8GB x 2)
  • DDR4 2,400MHz 32GB(16GB x 2)
  • DDR4 2,400MHz 64GB(16GB x 4)
ストレージ
  • 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 256GB PCIe M.2 SSD
  • 256GB PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 512GB RAID 0(256GB x 2)PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 512GB PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 512GB RAID 0(256GB x 2)PCIe M.2 SSD
  • 236GB RAID 0(118GB x 2)Intel Optane SSD
  • 1TB RAID 0(512GB x 2)PCIe M.2 SSD
  • 2TB RAID 0(1TB x 2)PCIe M.2 SSD
  • 236GB RAID 0(2 x 118GB)Intel Optane SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 1TB RAID 0(512GB x 2)PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
  • 2TB RAID 0(1TB x 2)PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD
  • ※ 8GB SSD キャッシュ
DELL ONLINE STORE

https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LOH0l/*PbwM&offerid=296568.10008477&type=3&subid=0

4.Cubase でマルチトラック処理が可能なパワフルな性能を持っていることが判明・・・

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー:LIVE

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー:LIVE

当日のパーティーには、バンドによる LIVE も行われました。

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー:LIVE:New XPS 15 2 - in - 1(9575)with Cubase

DELL アンバサダー 2周年記念 サンクスパーティー:LIVE:New XPS 15 2 – in – 1(9575)with Cubase

それはともかく、1曲目では楽器隊のみの演奏だったのが 2曲目以降の演奏では Cubase のサウンドを走らせながらの演奏が繰り広げられました。スタッフさんに確認したところ・・・使用している製品は、New XPS 15 2 – in – 1(9575) とのこと。視認できた範囲でも 19トラックを並行処理していたので、ちょっと驚きました。

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)も薄型の Laptop PC で処理落ちせずにマルチトラックの処理ができるようになったのだから、テクノロジーの進化には驚くものがありました。

https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LOH0l/*PbwM&offerid=296568.10007726&type=3&subid=0

※ LIVE があることを全く想定していなかったので、LIVE 用の耳栓を持っておらず・・・会場ではかなりの音圧を感じました。演者さんもイヤモニなどを着けていなかったので、かなり負荷がかかっていたはず・・・製品とは関係ありませんが耳へのダメージは難聴につながるので、改善していただきたいところ。みなさま、小さめの箱などで LIVE などを楽しむ際には、難聴の原因になるので、できるだけ耳を守りましょう。

そんなことを思いながら参加したイベントとなりました。

2019年3月18日:「NEW ALIENWARE AREA – 51M ゲーミング」を追記

https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=LOH0l/*PbwM&offerid=296568.10001436&type=3&subid=0

関連リンク


created by Rinker
Steinberg(スタインバーグ)
¥55,630(2019/10/19 09:00:37時点 Amazon調べ-詳細)


コメント

タイトルとURLをコピーしました