スポンサーリンク
スポンサーリンク

【OS X】OS X 10.7 Lion「復元ディスクアシスタントの作り方」

総合記事

Mac OS X 10.7 Lion

 
 今回は、Mac の「復元ディスクアシスタント」の作成方法についてとりあげます。2世代前までの Mac に搭載されている OS である OS X 10.7 Lion。その前の OS にあたる Mac OS X 10.6 Snow Leopard までは DVD が付属しており、そこからリカバリー(初期化)をかけていました。ところが、 OS X 10.8 Mountain Lion、その前の OS である OS X 10.7 Lion にはリカバリーディスクといったようなメディアが付属されていません。その代わりに、Mac のストレージ(HDD/SSD)内にリカバリー領域が用意されているので、そこからリカバリーをかけられるようになっています。
 

 
 また、現在の OS の再インストール時にはネットワーク環境が必須になります。今回、紹介する「復元ディスクアシスタント」というのは、あくまでリカバリー時に Apple のサーバーへ接続してサーバー上から OS をインストールする形になります。Mac OS X 10.6 Snow Leopard の頃の物とは性格の異なる物になります。
 

1.「4GB 以上」の USB メモリーを用意

 
 
 「復元ディスクアシスタント」の作成には、「4GB 以上」の USB メモリーが必要になります。「4GB 以上」とは書いていますが、4GB の物で十分です。最近は、1,000円以内で購入できることも多いので前もって準備しておきましょう。
 
 ※ この「復元ディスクアシスタント」を使用したリカバリーは、Apple のサーバーと大容量のデータ通信を行うことになります。回線環境によって膨大な時間を要しますので、時間に余裕のある時に行ってください。
 

復元ディスクアシスタント

 

2.「復元ディスクアシスタント」作成のためのツールをダウンロード

 
 Apple の HP 内にある「OS X 復元ディスクアシスタント」のダウンロードページへ行きましょう。HP 上には、Lion としか表記されていませんが、OS X 10.8 Mountain Lion でも使用できますので安心してください。
 
 HP 表示されている「ダウンロード」ボタンを押します。「ダウンロード」ボタンをクリックするとダウンロードフォルダ内に「RicoveryDiskAssistant.dmg」というディスクイメージがダウンロードされています。
 

復元ディスクアシスタント

 

3.「RicoveryDiskAssistant.dmg」を起動する

 
 ダウンロードフォルダにダウンロードされた「RicoveryDiskAssistant.dmg」をクリックして起動します。
 

復元ディスクアシスタント

 

4.「アプリケーション」起動時のメッセージに同意する

 
 起動時には、インターネット上からダウンロードした「アプリケーション」を起動して良いか聞かれます。ここは、迷わず「開く」を選択してください。
 

復元ディスクアシスタント

 
 「Apple Inc ソフトウェア使用許諾契約 – Revovery Disk Assitant -」の利用に関する同意書になります。ここも迷わず「同意する」を選択してください。
 

復元ディスクアシスタント

 

5.「復元ディスクアシスタント」として利用するボリュームを選択する

 
 上記のような「復元ディスクアシスタント」作成画面が表示されます。あとは、「復元ディスクアシスタント」として作成したいボリュームを選択して「続ける」をクリック。ただし、「復元ディスクアシスタント」として作成されるボリュームは初期化されるので気をつけてください。
 
 ※ ボリューム内のデータはフォーマットされ、初期化されます。データが削除されるので必要な物が入っている場合は、事前に非難させておきましょう。
 

復元ディスクアシスタント

 
 通常のアプリケーションと同様に「アカウント名と PW」が聞かれます。正しいものを入力できれば、自動的に「復元アシスタント」の作成を開始します。
 

復元ディスクアシスタント

 
 「復元ディスクアシスタント」が自動的に作成を開始します。そのまま 3分程度待つと作成が完了します。
 

復元ディスクアシスタント

 
 上記のような画面が出れば、作成が完了です。あとは、この「復元ディスクアシスタント」がいつでも取り出せるように分かる場所にしまっておきましょう。
 
 なお、何度もお伝えしますが、こちらの「復元ディスクアシスタント」を使用する場合、ネットワーク環境が必要になりますの。また、この方法で作成した「復元ディスクアシスタント」は、作成した Mac 専用の物となり、別の Mac では使用できません。
 

 

関連リンク

 

 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました