スポンサーリンク
スポンサーリンク

【OS シェア 2014年3月】Windows XP のシェアが再び下落へ!

この記事は約3分で読めます。
総合記事

OS X 10.9 Mavericks

 
 かなり遅くなりましたが、恒例としてお伝えしていたデスクトップ OS のシェアの公開されている2014年3月分の Net Applications のデータを見て行きましょう。2014年3月の OS シェアは、再び Windows のシェアが増加。一方で、OS X のシェアは微減しています。ただし、Windows XP のサポート終了へ向けて行く中で Windows XP のシェアは再び減少傾向に転じました。
 
 それでは、デスクトップ OS シェアから見ていきましょう。
 

OS シェア 2014年3月

 

OS シェア

 

順位OSシェア推移備考
1.Windows90.94%
2.Mac7.57%
3.Linux1.49%

 
 一方、2014年3月の各 OS のバージョンを無視したデスクトップ OS シェアは、OS X が微減している程度となっており、ほとんど変化はありませんでした。
 

 

 
 一方、こちらはデスクトップ OS のバージョン別シェアの内訳になります。
 

OS シェア バージョン別 2014年3月

 

バージョン別 OS シェア

 

順位バージョン別 OSシェア推移備考
1Windows 748.77%
2.Windows XP27.69%
3Windows 86.41%増加
4.Windows 8.14.89%増加
5.OS X 10.9 Mavericks3.75%増加
6.Windows Vista2.99%減少
7.Linux1.49%
8Mac OS X 10.6 Snow Leopard1.29%
9OS X 10.8 Mountain Lion1.18%減少

 
 バージョン別に見て行くと、Windows 7 がシェアを増加させることで Windows XP が シェアを減らしています。一時、Windows XP のシェアは増加傾向に転じていましたが、再び下落に転じています。ただし、27.69% 近くのシェアを依然としてもっている事からもサポート終了後の動向が気になる点です。
 
 一方、OS X は最新版である OS X 10.9 Mavericks への移行がスムーズに行われています。
 

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART NEC Directキャンペーン

 
 なお、既にサポート終了となっている Windows XP は、セキュリティーの脆弱性の修正などが行われなくなります。まだ、Windows XP の OS で利用されている方は早々に買い替えをお勧めします。また、次世代の iPhoneiPad などのサポート OS から排除される可能性があります。当サイトで Windows XP を利用しているユーザーは、できるだけ早期に最新の OS X MavericksWindows 8.1 を搭載した製品に買い替えましょう。
 

 

 

関連リンク

 

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました