BCN、2014年上半期 No.1 メーカーを発表、4K テレビはソニー、タブレットは ASUS が1位

【News】BCN が2014年上半期の No.1 メーカーを発表!

News

BCN、2014年上半期 No.1 メーカーを発表、4K テレビはソニー、タブレットは ASUS が1位

 
 BCN が、PC 及びデジタル家電の実売データを集計した「BCN ランキング」に基づいた主要 117カテゴリの2014年上半期(1〜6月)に最も販売数量の多かった「上半期 No.1 メーカー」を発表しています。
 

iPad Air

 
 2013年のタブレット端末部門で年間1位であった Apple のシェアは、36.3% と2位に落ち、 Google の販売する「Nexus 7」を製造する ASUS が 38.9% となりました。ただし、スマートフォン部門では Apple が 54.1% のシェアを持っており、依然として1位の座についています。
 
 なお、2014年上半期メーカーの詳細はこちら。
 

1.ノート PC(Laptop)

 

1. NEC 22.8%
2. 富士通 18.9%
3. 東芝 18.0%

 
 2014年4月から行われた消費税増税や Windows XP のサポート終了による駆け込み需要の購入の影響から、上半期のノート PC (Laptop)販売台数は前年同期比の 15.8% 増となりました。非常に好調な販売となっただけに下半期の動向に注目です。なお、SONY の PC 事業は新会社「VAIO」へ引き継がれましたが、直販限定での展開となるため「BCN ランキング」集計対象からは外れます。
 

NEC Direct(NECダイレクト) 【300*250】LIFEBOOK AHシリーズ

 

1.タブレット

 

1. ASUS JAPAN(Nexus 7 38.9%
2. Apple 36.3%

 
 「タブレット」も上半期で 22.2% 増加と大幅に伸びています。特に消費増税前の2014年3月には、前年同月比の 57.0% 増という大幅な増加記録をたたき出しています。なお、「タブレット」部門では、ついに Apple が首位から陥落し、Google ブランドで販売されている ASUS「Nexus 7」がトップに立っています。
 

1.スマートフォン

 

1. Apple 54.1%
2. SHARP
3. Sony Mobile Communications

 
 PC 周辺機器では、液晶ディスプレイの BenQ Japan、メモリーディスクには SanDisk。映像関連ボードでは、2014年5月に発売された「Chromecast」がヒットした Google が首位を獲得しています。ちなみに、液晶ディスプレイ部門は、2012年は三菱電機、2013年は LG エレクトロニクスが獲得しており、3年連続でトップが交代しています。
 

関連リンク

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください