スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ムービー】報道の自由、信念を懸けた「決断」の時を描く「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(字幕/吹替)」をリリース!

この記事は約3分で読めます。
総合記事
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(字幕/吹替)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(字幕/吹替)

iTunes Store が、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(字幕/吹替)」の配信を行なっています。

巨匠スティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督のもとで、メリル・ストリープ(Meryl Streep)とトム・ハンクス(Tom Hanks)といった 2第オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマ。第 90回アカデミー賞の作品賞および主演女優賞、第 75回ゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)、監督賞、主演女優賞(ドラマ部門)、主演男優賞、脚本賞、作曲賞の 6部門にノミネートされた作品です。

また、Amazon.co.jpビックカメラ.comTOWER RECORD ONLINETSUTAYA オンラインショッピングDMM.comRakuten ブックスなどの販売店および各種 EC サイトでも販売を行なっています。

スポンサーリンク

1.あらすじ

1971年、泥沼化するベトナム戦争。国防総省はベトナム戦争を調査、分析した文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を作成していたが、ある日、その文書が流出。ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープする。ライバル誌に先を越されたワシントン・ポストのトップで、アメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹ベン・ブラットッリー(トム・ハンクス)は、残りの文書を入手し、全貌を公表しようと奔走する。

政府を敵に回して、本当に記事にするのか・・・報道の自由、信念を懸けた「決断」の時は近づいていた。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(字幕/吹替)

コメント

タイトルとURLをコピーしました