Microsoft Teams

【トラブルシューティング】 特定の “会議ポリシー” の “AllowEngagementReport” を有効化し、[参加者のレポート] を利用できるようにする方法

トラブルシューティング

Microsoft が提供する Microsoft 365Microsoft Teams に Windows PowerShell で接続し、特定の “会議ポリシー” の “AllowEngagementReport” を有効化するチュートリアルになります。

Microsoft Teams 関連記事一覧






Windows PowerShell で、Microsoft Teams に接続する

1. Microsoft Teams に接続するためのコマンドレット “Connect-MicrosoftTeams” を入力し、実行

Windows PowerShell:Connect-MicrosoftTeams
Windows PowerShell:Connect-MicrosoftTeams

Microsoft Teams に接続するコマンドレット “Connect-MicrosoftTeams” を入力し、実行します。

2. 先進認証の “サインイン” 画面にて Microsoft 365 の管理者アカウントの “UPN(メール アドレス)” を入力し、[次へ] をクリック

Microsoft 365 の管理者アカウントの "UPN(メール アドレス)" を入力し、[次へ] をクリック
Microsoft 365 の管理者アカウントの “UPN(メール アドレス)” を入力し、[次へ] をクリック

先進認証の “サインイン” 画面が表示されるので、Microsoft 365 の管理者アカウントの “UPN(メール アドレス)” を入力し、[次へ] をクリックします。

3. 管理者アカウントの PW(パスワード)を入力し、[サインイン] をクリック

PW(パスワード)を入力し、[サインイン] をクリック
PW(パスワード)を入力し、[サインイン] をクリック

管理者アカウントの PW(パスワード)を入力し、[サインイン] をクリックします。

エラーが表示されず接続が行われると下記の結果が返されます。

  • ・Account:xxx@yyy.onmicrosoft.com
  • ・Environment:AzureCloud
  • ・Tenant:xxxxxxx – xxxx – xxxx – xxxx – xxxxxxxxxxxx
  • ・TenantID:xxxxxxx – xxxx – xxxx – xxxx – xxxxxxxxxxxx
  • ・TenantDomain:xxx,onmicrosoft.jp

4. Skype for Business Online(旧称:Lync Online)に接続するコマンドレット “New-CsOnlineSession” を変数 “$session” に格納し、”Import-PsSession $session” を実行

Windows PowerShell:"New-CsOnlineSession" を変数 "$session" に格納し、"Import-PsSession $session" を実行
Windows PowerShell:”New-CsOnlineSession” を変数 “$session” に格納し、”Import-PsSession $session” を実行

Skype for Business Online(旧称:Lync Online)に接続するコマンドレット “New-CsOnlineSession” を変数 “$session” に格納します。

Windows PowerShell:"New-CsOnlineSession" を変数 "$session" に格納し、"Import-PsSession $session" を実行
Windows PowerShell:”New-CsOnlineSession” を変数 “$session” に格納し、”Import-PsSession $session” を実行

続いて、”Import-PsSession $session” を実行すると下記の結果が返されます。

ModuleType
Version
Name
ExportedCommands
Script
1.0
tmp_ef0335tfl.qkf
{Clear-CsOnlineTelephoneNumberReservation, Convert To-JsonF …

5. “Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>” を実行し、該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” の設定を確認

Windows PowerShell :"Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>" を実行し、該当の会議ポリシーの "AllowEngagementReport" の設定を確認
Windows PowerShell :”Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>” を実行し、該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” の設定を確認
Windows PowerShell :"Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>" を実行し、該当の会議ポリシーの "AllowEngagementReport" の設定を確認
Windows PowerShell :”Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>” を実行し、該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” の設定を確認
Windows PowerShell :"Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>" を実行し、該当の会議ポリシーの "AllowEngagementReport" の設定を確認
Windows PowerShell :”Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>” を実行し、該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” の設定を確認

“Get-CsTeamsMeetingPolicy -Identity <会議ポリシー名>” を実行し、該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” が、”Enabled” になっているか設定を確認します。

※ すべての “会議ポリシー” の設定を確認したい場合は、”Get-CsTeamsMeetingPolicy” を入力し、実行します。

6. “Set-CsTeamsMeetingPolicy -Identity “<会議ポリシー名>” -AllowEngagementReport Enabled” を入力し、該当の会議ポリシーで “AllowEngagementReport” を有効化

該当の会議ポリシーの “AllowEngagementReport” が、”Disabled” になっており有効化したい場合は、以下のコマンドレットを入力し、実行します。

Windows PowerShell:Set-CsTeamsMeetingPolicy -Identity "<会議ポリシー名>" -AllowEngagementReport Enabled
Windows PowerShell:Set-CsTeamsMeetingPolicy -Identity “<会議ポリシー名>” -AllowEngagementReport Enabled

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

関連リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください