新元号への対応について - Microsoft mscorp

【トラブルシューティング】Microsoft が、「新元号への対応について」のまとめページを公開開始!

トラブルシューティング
新元号への対応について - Microsoft mscorp
新元号への対応について – Microsoft mscorp

2019年3月4日に Microsoft が自社製品に関する新元号対応についてのインフォメーションをまとめた Web ページを公開しています。

新元号への対応は、毎月提供される更新プログラムを通じて行われる予定とのこと。また、特に注意するべきことやユーザーへの推奨事項についても案内されています。

なお、この Web ページは主に法人向けのものとなりますが、ユーザーへの推奨事項や注意点なども記載されているため、気になる点などがある方は確認を行なっておくことをオススメします。

1.特に注意すべきこと

新元号への対応において、更新プログラムの適用だけでは不十分なケースがあります。ユーザーのシステム環境を十分に調査した上で、必要な検討、対応を行なってください。

1.相互運用における注意点

データの交換で行われることの多い、XLSX、CSV、JSON、XML などの拡張子では和暦を文字列として使用する場合があります。送信先よりも送信元が先に新元号に対応した場合に、受信したデータに含まれる日付が認識できないなどの相互運用で問題が起きる可能性が出てきます。

2.新元号を使用するにあたって、考慮が必要な項目の例

  • ・日付フォーマット変換(例:平成 31年10月1日を許容するか否か)
  • ・新元号を一文字で記した合字(例:㍽、㍼、㍻)の追加
  •  ※ 新フォントの展開、新合字の文字コード、正規化のルールなど
  • ・合字を含めた元号の並べ替えロジックの見直し
  • ・元年という表記とそのデータがおよぼす影響

2.ユーザーへの推奨事項

1.新元号が公表されるまでに対応して欲しいこと

システムを常に最新状態に保つことで、セキュリティー上の脅威に対しても安心かつ安全な環境が保たれます。また、システムのアップデートを長期間行なっていない場合、改めてアップデートを行う際に時間がかかったり、インストールが途中で失敗するといったトラブルが発生する可能性があります。

上記のようなトラブル回避のためにも下記の手順に沿って、準備をすすめておきましょう

1.システム破損がないかどうかを確認する

Windows の健全性の確認と修正方法

Windows の破損エラーを解決する方法

2.Windows 向けの更新プログラムのインストール

新元号への対応は、毎月の更新プログラムで行われます。現在、更新プログラムの適用を行なっていない場合は、早急な適用を行うとともに、今後も継続して適用しておきましょう。

Windows の更新プログラムの適用方法

※ 最新のサービス スタック更新に関する詳細は、こちら

※ 複数のベンダーのソリューションを導入している場合は、更新作業のスケジュールが複雑になる可能性があります。各社の新元号への対応情報について事前に確認を行い、更新プログラムの適用に加えて、OS、アプリケーション、サーバーなどにインストールされているサービスなどの依存関係を明らかにした上で、新元号対応に向けたスケジュール調整を行いましょう。

2.新元号が公表された後に行なうこと

Microsoft が、毎月提供する更新プログラムの適用。

※ 更新プログラム適用時に問題が発生した場合は、「Windows Update FAQ」「Windows 10 の更新に関する問題のトラブルシューティング」「Windows Update 問題を修正する」または「Windows 製品の更新プログラムのインストールの失敗に対する一般的な対処策」を参照してください。

詳しくは、こちら

https://click.linksynergy.com/deeplink?id=LOH0l/*PbwM&mid=39726&u1=2961317&murl=https%3A%2F%2Fsupport.microsoft.com%2Fja-jp%2Fhelp%2F4470918%2Fupdates-for-may-2019-japan-era-change

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください