OS X 10.11 El Capitan

【OS X】OS X のキーボードショートカット Tips ⑤

トラブルシューティング

OS X 10.11 El Capitan
OS X 10.11 El Capitan

 
 覚えておくと便利な Macキーボードショートカット一覧Mac の一部の機能は、起動時に特定のキーを押したままにすることで呼び出すことができます。
 
 Mac の電源を入れて、起動音が聞こえたらすぐにキーを押したままにします。下記に説明する効果が得られまで、キーは押したままにしてください。なお、ここで紹介しているキーコンビネーションは、Intel 搭載 Mac コンピューターで動作します。
 

1.キーボードショートカットの使い方

 
 キーボードショートカットを使う場合、1つまたは複数の修飾キーを押しながらショートカットの最後のキーを同時に押します。例えば、「⌘(command)+ C(コピー)」を使用する場合、「⌘(command)」キーを押しながら「C」キーを押した後、両方のキーを同時に離してください。Mac のメニューやキーボードでは、特定のキーが記号で表記されることがあります。下記の修飾キーは、一例となります。覚えておきましょう。
 

2.Mac のキー記号

 

  • 1.⌘(command)
  • 2.⇧(shift)
  • 3.⌥(option)
  • 4.⌃(control)
  • 5.⇪(caps lock)
  • 6.fn(ファンクションキー)

 
 もし、Windows PC 用のキーボードを使用している場合、「option」キーが「Alt」キー「command」キーは Windows ロゴキーで代用してください。なお、一部の Mac のキーボードやショートカットでは、最上列に並んだ特殊なキーが使われています。これらのキーには、音量調節、ディスプレイの明るさ調整などの機能を表すアイコンが印字されています。これらのアイコン付きのキーを押すと該当する機能が実行されます。また、「fn」キーと組み合わせて「F1」「F2」「F3」などの標準ファンクションキーとして利用することもできます。
 
 ショートカットについて、詳しくは利用している App のメニューで確認してください。App は、それぞれ独自のショートカットを設けている場合があります。ある App で機能するからといって別の App でも同じショートカットが機能するとは限りませんので、ご注意ください。
 




 

3.Mac の起動時のキーコンビネーション

 

起動時に押すキー 説明
⇧(shift) セーフモードで起動
⌥(option) Startup Manager で起動
C 起動可能な CD、DVD、または USB メモリ(OS X インストールメディアなど)から起動します
D 利用中の Mac に応じて、Apple Hardware Test または、Apple Diagnostics で起動
⌥(option)+ D インターネット経由で Apple Hardware Test または、Apple Diagnostics で起動
N 互換性のある NetBoot サーバーから起動
⌥(option)+ N デフォルトの起動イメージを使用して、NetBoot サーバーから起動
⌘(command)+ R OS X 復元システムから起動
⌘(command)+ ⌥(option)+ R インターネット経由で、OS X 復元システムから起動
⌘(command)+ ⌥(option)+ P + R NVRAM をリセット します。起動音がもう一度聞こえたら、キーを話してください。
⌘(command)+ S シングルユーザーモードで起動
T ターゲットディスクモードで起動
X 通常であれば、Mac
⌘(command)+ V verbose モードで起動
取り出し(⏏)、F12、マウスボタン、またはトラクパッドボタン リムーバブルメディア(光学式ディスクなど)を取り出します。
⌘(command)+ ⇧(shift)+ ⌃(control)+ T
  • Finder で選択した項目を追加します。
  • ※ OS X 10.9 Mavericks 以降
⌘(command)+ ⇧(shift)+ U 「ユーティリティ」フォルダを開きます。
⌘(command)+ ⌥(option)+ L Dock の表示/非表示を切り替えます。このショートカットは、通常 Finder の外部でも機能します。
⌘(command)+ ⌃(control)+ T
  • 選択した項目をサイドバーに追加します。
  • ※ OS X 10.9 Mavericks 以降

 
 ※ Mac が起動した後は、ほかのキーボードショートカットを使えるようになります。
 

 

関連リンク

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください