鬼滅の刃 11

【鬼滅の刃】”ポロリ” と感極まる “鬼滅の刃 遊郭編” の原作コミックスおよび “あらすじ” まとめ【8 ~ 11 巻】

特集
0 0
Read Time:7 Minute, 11 Second
鬼滅の刃 11
鬼滅の刃 11

“派手” 好きな “音柱” の “宇随天元” が活躍する “鬼滅の刃 遊郭編” が描かれる原作コミックスのまとめになります。

“鬼滅の刃 無限列車編” から 4 ヶ月後が描かれる “鬼滅の刃 遊郭編” は、第 8 巻第 70 話 〜 第 11 巻 97 話 “何度生まれ変わっても(後編)” までとなります。

本格的な上弦の鬼との戦闘に突入していく中で、”竈門炭治郎” や “竈門禰豆子” の飛躍的な成長の兆しが見えるストーリーになっているので、ぜひチェックしてみてください。

なお、電子書籍版なら本棚のスペースや店頭在庫の心配もなくおうちで手軽に購入できちゃいます。

価格は、約 420 円(税込)〜 となります。





PineApple では記事内リンクからアフィリエイト報酬を得ることで当サイトの運営および維持を行っておりますため、ご協力いただけますと幸いです。

取扱店

取扱店
実施中のキャンペーンなど
新規会員登録でもれなく 50 % OFF クーポン プレゼント
  • 年末年始大 SALE:~ 2022 年 1 月 5 日(水)11:59
  • ※ 6,000 円支払いごとに 2,022 pt もらえる!
  • 最大 35,000 pt 還元!
  • 新規会員登録するだけで 50 % OFF クーポン プレゼント!
  • 月額メニュー登録で、最大 20,000 ポイント バック

鬼滅の刃 11

“鬼滅の刃 遊郭編” の最終となる “上弦の鬼” “堕姫” と “妓夫太郎” の戦いの最終戦となる本巻。

“音柱” の “宇随天元” の力をも凌駕した “妓夫太郎” に対峙する “炭治郎” が新たな呼吸を会得すると成長の兆しが見えます。

さらに、”鬼” でありながらも “鬼無辻 無惨” の支配から逃れる “禰豆子” の成長も描かれています。

終盤の “上弦の鬼” “堕姫” と “妓夫太郎” たちが “鬼” の呪縛から解き放たれ、”人” の頃の記憶を思い出し、描かれる悲しげでポロリと涙の落ちそうなエピソードは勧善懲悪で終わらない “鬼滅の刃” の魅力が凝縮された読み応えのあるエピローグです。

1. あらすじ

あらすじ
  • 上弦の陸の兄妹鬼 “妓夫太郎” と “堕姫” との花街での戦いは熾烈を極める。
  • 次第に “柱” の “宇髄” と連携がとれる “炭治郎” たちだが、”宇随” や “伊之助”、”善逸” は鬼の凶刃に倒れてしまう。
  • 仲間が倒れた今、”炭治郎” は 2 人の鬼を打ち破れるのか!?

2. 目次

目次
  • ・第 89 話:混戦
  • “上弦の陸” “堕姫” の帯と “妓夫太郎” の血鎌を組み合わせた技で建物の屋根を倒壊させ、”音柱” の “宇随天元” を追い詰めようとした瞬間、間一髪で深手を負っている “炭治郎” が “水の呼吸” で受け流します。
  • すかさず、”音柱” の “宇随天元” が “音の呼吸” “伍ノ型 鳴弦奏々” を放つも、相手の猛攻に毒の影響にもより万全とは言えない “宇随” たちは防戦一方の状態になります。
  • 一方の “堕姫” の方も帯と “妓夫太郎” の血鎌を組み合わせた技により、”伊之助” と “善逸” も防戦一方の状況に追い詰められます。
  • そんな中、”宇随” のくノ一の妻 “雛鶴” は鬼が苦手とする “藤の花” から抽出したものを塗ったクナイを “妓夫太郎” に放つも “血鬼術 跋扈跳梁” の天蓋により弾かれましたが、クナイの雨の中を “宇随” はすかさず “妓夫太郎” の懐に入り込み両足を斬り、放たれたクナイが刺さっていきます。
  • “藤の花” の影響により体が痺れ、足の再生が再生できなくなった “妓夫太郎” に “炭治郎” が斬撃を加えにいくも・・・ “妓夫太郎” は余裕の笑みを浮かべます。
  • ・第 90 話:感謝する
  • “下弦の鬼” ですらも動きを封じることのできたクナイも “上弦の鬼” にはわずかな時間しか効果がなく、すかさず “妓夫太郎” は、広範囲に斬撃を繰り出す “血鬼術 円斬旋回 飛び血鎌” を放ちます。
  • “炭治郎” は、間一髪のところを “宇随” に助けられ、”宇随” も “音の呼吸” “肆ノ型 響斬無間” で応戦。
  • しかし、いつの間にか “宇随” の前から姿を消した “妓夫太郎” はクナイで加勢した “雛鶴” のもとへ。
  • 命を狙われる “雛鶴” を助けようと必死になる “宇随” も “堕姫” の帯に邪魔をされ、”雛鶴” のもとへ近づけない状況に陥ります。
  • “炭治郎” は “堕姫” の帯を受け流しつつ、”妓夫太郎” からは警戒されていないことから “雛鶴” を助けるようと “日の呼吸” を使おうとするも深手を負っている体にも限界が・・・。
  • 追い詰められた “炭治郎” は歴代の鬼殺隊の剣士のように最も自分の力が発揮できるような形に変化させることに気づき、”日の呼吸” に “水の呼吸” を組み合わせた呼吸により、”水の呼吸” よりも攻撃力があがり、”日の呼吸” よりも長く動ける呼吸を編み出します。
  • 無事、”雛鶴” を救った “炭治郎” ではあるものの、”妓夫太郎” はすかさず、その命を狙いに刃を交える瞬間、その隙を見逃さなかった “宇随” が背後から “妓夫太郎” の頸を斬りにかかります。
  • ・第 91 話:作戦変更
  • “妓夫太郎” の頸を斬りそうになっている “炭治郎” x “宇随” の 2 人を見て、”堕姫” と “妓夫太郎” の両方の頸を斬る必要から焦る “伊之助”。
  • しかし、”堕姫” の猛攻に “善逸” との 2 人で撹乱しながら何とか攻撃を避けている状況で、攻撃に転じれない状況にありました。
  • そんな中、”善逸” が 2 人の鬼の頸を同時に斬る必要はなく鬼の頸が繋がっていない状態にすればいいと焦る “伊之助” を諭します。
  • “妓夫太郎” の頸を斬るチャンスを逃さないとばかりに “宇随” の斬撃に “炭治郎” も加わるものの “妓夫太郎” は血鎌で斬撃を受け止めます。
  • すかさず、”宇随” ももう 1 本の刀で後ろから頸を狙いますが、頸を 360° 回転させた “妓夫太郎” は、”宇随” の刀を口で抑えます。
  • 再度、”血鬼術 円斬旋回 飛び血鎌”を放つ “妓夫太郎” から “炭治郎” を守るために “宇随” は、”妓夫太郎” を引き離すも束の間、”堕姫” の帯と戦う “伊之助” と “善逸” が飛び込んできます。
  • “伊之助” は、”堕姫” の猛攻に攻撃に転じれないため、”炭治郎” との 3 人で “堕姫” と戦い、”妓夫太郎” は “宇随” に任せて、先に “堕姫” の頸を先に斬ることを提案します。
  • “伊之助” は、3 人を相手にする “堕姫” の帯の攻撃が緩んだ隙を逃さず “獣の呼吸 捌ノ型 爆裂猛進” を繰り出し、”炭治郎” は”水の呼吸 参の型 流流舞い”、”善逸” は “雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃 八連” を放ち、”堕姫” の帯を抑える中、”堕姫” に猛進します。
  • そして、”獣の呼吸 “陸の牙 乱杭” により鋸のように “堕姫” の頸を斬ることに成功します。
  • すかさず、斬った “堕姫” の頸が再生しないように “伊之助” は頸だけを持って、”堕姫” の体の近くから走り去ろうとします。
  • ・第 92 話:虫ケラボンクラのろまの腑抜け
  • “伊之助” は “堕姫” の頸が再生しないように全力で走り去ることを伝え、その間に “炭治郎” と “善逸” に “宇随” の援護をするように伝えます。
  • 頸だけになりながらも “堕姫” は “伊之助” に抵抗するも体のない “堕姫” の攻撃にはキレがなく、”伊之助” に刃に防がれます。
  • 安心したのも束の間、突如、”伊之助” の背後に “妓夫太郎” が現れ、血鎌が左胸に突き刺ささります。
  • 心臓を貫かれたと思われる “伊之助” が無事であったとしても、その体を “妓夫太郎” の毒が蝕んでいくと思った “炭治郎”。
  • しかし、”妓夫太郎” とは “宇随” が戦っていたはずと思い、”宇随” の方に視線をやると左腕を失い、倒れている “宇随” が・・・。
  • すかさず、”堕姫” の帯が “炭治郎” を襲ったところ、間一髪、”善逸” が救いますが、建物が崩れ・・・。
  • 意識を失っていた “炭治郎” が再び、意識を取り戻すと目の前には “妓夫太郎” が現れます。
  • “妓夫太郎” は鬼となった妹の “禰豆子” を守ることもできないと “炭治郎” を “のろま”、”腑抜け” と生まれてきたことを否定し、精神的に追い詰め、鬼になるようにすすめます。
  • 地を見つめ、天を仰いだ “炭治郎” に “妓夫太郎” は “炭治郎” が絶望したと思い、油断したところに “炭治郎” の渾身の石頭による頭突きが “妓夫太郎” にクリーン ヒットします。
  • 人間の頭突きなどと油断した “妓夫太郎” が体を動かそうとするも突如として、体が動かなくなります。
  • その左腕には、”雛鶴” から渡されたクナイが刺さっていることに気づきます。
  • 体の動かせなくなった “妓夫太郎” が地に伏しているところを “炭治郎” は頸を斬ろうとします。
  • ・第 93 話:絶対あきらめない
  • “斬れろ!斬れろ!” という強い意志を持って “妓夫太郎” の頸を斬ろうとする “炭治郎”。
  • “堕姫” は、”妓夫太郎” を助けようと帯で “炭治郎” に攻撃しようとした瞬間、建物の瓦礫の下敷きになっていた “善逸” が、”雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃 神速” を使い脱出します。
  • そして、再度、”雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃 神速” を繰り出し、”堕姫” の頸が斬りかけます。
  • “斬れろ 斬れろ 絶対に斬る” と強い意志のもとに “堕姫” の頸を斬ろうとします。
  • “妓夫太郎” が毒に弱っている間に頸を斬ろうとするも硬く、斬り落とせなませんでした。
  • 早くも毒から回復していく “妓夫太郎” は “血鬼術 円斬旋回 飛び血鎌” を放ち、”炭治郎” に攻撃を繰り広げます。
  • “炭治郎” の頸に血鎌が迫った瞬間、間一髪で “炭治郎” の目の前に “宇随” が現れ、”丹次郎” を守ります。
  • 毒の巡りを一時的に抑えるために心臓を止めていた “宇随” は、”譜面” が完成したと伝え、片腕で “妓夫太郎” の攻撃を捌きます。
  • すかさず、”炭治郎” に “跳べ” と指示し、”炭治郎” は “妓夫太郎” に斬りかかりますが、”妓夫太郎” の血鎌が “炭治郎” の顎を貫きます。
  • ・第 94 話:何とかして
  • “炭治郎” は、顎を貫かれながらも “妓夫太郎” の頸を斬りにいきます。
  • 腕の力だけじゃなく、全身の力で斬るという強い意志に突然、額のあざが変化し、”妓夫太郎” の頸が斬られていきます。
  • 一方の “堕姫” は頸を斬ろうとしている “善逸” を細切れにしようとしますが、実は生きていた “伊之助” が現れ、”善逸” とは反対方向から “堕姫” の頸を斬りにいきます。
  • そして、3 人の強い意志とともに “上限の鬼” “堕姫” と “妓夫太郎” の頸を斬り落とすのでした。
  • 頸を斬り落としたものの “妓夫太郎” の毒により “炭治郎” も呼吸が荒くなり、耳が聞えなくなっていたいるなかで、”宇随” が何かを叫びます。
  • “逃げろー!”
  • その瞬間、頸を斬り落としたはずの “妓夫太郎” の “血鬼術 円斬旋回 飛び血鎌” が四方に放たれたのです。
  • ・第 95 話:最後
  • “炭治郎” の意識が戻ると小さくなった “禰豆子” のもとにおり、”妓夫太郎” の毒も解毒されおり、動けるようになっていました。
  • なぜ、鬼の毒をくらったにも関わらず動けるのかと思いを巡らしていると、”たんじろ~” と呼ぶ、聞きなれた “善逸” 声が聞えます。
  • 目が覚めた “善逸” は、”雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃 神速” を 2 回放ったことによる反動により両足の痛みに泣きじゃくりながら、”伊之助” の心臓の鼓動が弱くなっていっていることを伝えます。
  • 心音が弱くなっていく “伊之助” を助けようと考えるも陽の光までにはまだ時間もあり、毒について相談できそうな “しのぶ” と連絡を取る時間もありません。
  • なぜ、自分だけが鬼の毒から助かったのかと考えていると、突然、”禰豆子” が “伊之助” の胸元に手を置き、”禰豆子” の血鬼術が放たれ、毒で爛れた皮膚が治っていったのです。
  • 一方の “宇随” もかろうじて生き残ってはいるものの、”まきを” の解毒薬が効かず、最期に遺言を残す覚悟をするも・・・”須磨” と “まきを” が喚き散らして、遺言を残すところの話ではなくなっていました。
  • 遺言も残せずに死ぬのかと思っていたところに “禰豆子” が現れ、”宇随” にも血鬼術を放ち、”宇随” の毒を焼き飛ばします。
  • 深手を負った “宇随” に動かないように伝え、”炭治郎” は、鬼の頸を見るまでは安心ができないと伝え、”禰豆子” の背中に背負われながら鬼の血の匂いを頼りに周辺を探します。
  • “禰豆子” をもとに戻すために “上弦の鬼” の血を採取し、”珠世” の猫に渡します。
  • 鬼の匂いが強くなる方へ向かうと頸だけになり、残り僅かな命となった “堕姫” と “妓夫太郎” が言い争っているのでした。
  • ・第 96 話:何度生まれ変わっても(前編)
  • 互いに言い争う “堕姫” と “妓夫太郎”。
  • “炭治郎” の人を慈しむ心は、鬼となったたくさんの人たちを殺してきたことは許されず、これからも恨まれ、罵倒されるから味方をしてくれる人はいない。
  • だからこそ、せめて 2 人の間だけは罵り合ったらダメだと崩れていく “堕姫” と “妓夫太郎” に伝えます。
  • 最期に “堕姫” の人間の時の名前を叫び、人間の時の記憶を思い出します。
  • 遊郭の最下層に生まれた “妓夫太郎” は “のろまの腑抜け、役立たず” と醜い声や容貌をあざけられながら、取り立ての仕事をして生き延びてきました。
  • 一方の端正で綺麗な顔に産まれた “堕姫” のおかげで、兄の “妓夫太郎” は自らのコンプレックスが和らいでいきました。
  • しかし、”堕姫” は齢 13 歳のときに侍の目玉を簪で突いて失明させたことから縛り上げられ、生きたまま焼かれます。
  • 仕事から戻って、生きたまま焼かれている “堕姫” を見た “妓夫太郎” は何も与えられてこなかった自分たちから奪っていく社会を許さず、神や仏もみんな殺してやると焼かれた “堕姫” を抱えながら叫び続けます。
  • 叫び続ける中、突然、片目を失明した侍に後ろから斬りつけられます。
  • そして、斬りつけられた “妓夫太郎” は遊郭の女将と侍の 2 人の命を奪い、”堕姫” を抱えながら街中を歩き続けます。
  • 雪が降り始めて、生き倒れていた 2 人のところに “上弦の陸” が現れ、2 人を鬼にすることを約束します。
  • ・第 97 話:何度生まれ変わっても(後編)
  • “妓夫太郎” は人間の頃のことを思い出し、”堕姫” が自分が育てなければ異なる人生を送っていたのではないかと “堕姫” が唯一の心残りであったことを思い出します。
  • 真っ暗な空間で気づいた “妓夫太郎” は “堕姫” には異なる人生を歩んでほしいという思いから、もう自分の後ろをついて来ないように告げます。
  • しかし、”堕姫” は何回生まれ変わっても “妓夫太郎” の妹になると告げ、ずっと一緒に過ごしたいと告げます。
  • 2 人は最後の最後に仲直りを果たし、”妓夫太郎” は、”炭治郎” の手の中で崩れていきました。
  • “音柱” の “宇随” のもとに “蛇柱” の “伊黒小芭内” が現れ、”上弦の陸” を倒した “宇随” に “褒めてやってもいい” と言い放ちます。
  • “上弦の陸” との戦いで失った片目と片腕を見た “伊黒” は、”宇随” に対して、復帰までの間に誰が穴埋めをするのかと責め立てます。
  • “宇随” は若手が育っていることを伝えつつ、引退することを伝えます。
  • その言葉に 伊黒” は、”炭治郎” が生き残ったということを知らされます。
  • “上弦の陸” を倒したことを知る “輝哉” は、吐血しながらも 100 年間の間、変わらなかった状況に光明が見えたことを喜びます。
  • そして、”鬼舞辻 無惨” が一族唯一の汚点と言い放ち、自分たちの代で倒すことを決意するのでした。
  • ところ変わり、無限城では “上弦の鬼” が召集されたことから、”猗窩座” は “上弦の鬼” が倒されたことに気づくのでした。
価格
約 420 円(税込)〜
ジャンル
マンガ/グラフィックス ノベル
シリーズ
鬼滅の刃
リリース
2018 年 6 月 4 日
サイズ
52.3 MB
長さ
199 ページ
互換性
iPhone、iPad、iPod touch および Mac 対応
言語
日本語
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.

鬼滅の刃 10

あらすじ

あらすじ
  • 花街を支配していた花魁の鬼 “堕姫”!
  • 力を分けていた帯とひとつとなり、増した力で堕姫は炭治郎を襲う!!
  • 炭治郎はヒノカミ神楽で応戦するが限界を超え!?
  • 炭治郎に代わり禰豆子や宇随が対峙するが、上弦の鬼の “堕姫”との戦いは、思いがけぬ展開に!?
価格
約 420 円(税込)〜
ジャンル
マンガ/グラフィックスノベル
シリーズ
鬼滅の刃
リリース
2018 年 3 月 2 日
サイズ
57.2 MB
長さ
207 ページ
互換性
iPhone、iPad、iPod touch および Mac 対応
言語
日本語
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.

鬼滅の刃 9

1. あらすじ

あらすじ
  • “音柱” 宇髄天元と共に鬼の棲む遊郭へ向かった炭治郎たち。
  • そこでは、くノ一である天元の妻 3 人が、情報収集中に連絡を絶っていた。
  • 調査のため炭治郎たちは女装して潜入するが、鬼の居場所は掴めなかった。
  • そんな中、花魁たちに鬼の魔の手が!!
  • 炭治郎たちは、鬼を見つけられるか!?
価格
約 420 円(税込)〜
ジャンル
マンガ/グラフィックスノベル
シリーズ
鬼滅の刃
リリース
2017 年 12 月 4 日
サイズ
47.4 MB
長さ
199 ページ
互換性
iPhone、iPad、iPod touch および Mac 対応
言語
日本語
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.

鬼滅の刃 8

1. あらすじ

あらすじ
  • 眠り鬼 “魘夢” にヒノカミ神楽 “碧羅の天” を放った炭治郎の戦いの顛末は!?
  • さらに、炭治郎一行の下に現れたものの正体とは!?
  • そして、ついに炎柱 “煉獄杏寿郎” が動く。
  • その強き者の口から語られる言葉の先に炭治郎が見たものとは!?
価格
約 420 円(税込)〜
ジャンル
マンガ/グラフィックスノベル
シリーズ
鬼滅の刃
リリース
2017 年 10 月 4 日
サイズ
44.7 MB
長さ
199 ページ
互換性
iPhone、iPad、iPod touch および Mac 対応
言語
日本語
発行者
集英社
販売元
Shueisha Inc.

“鬼滅の刃” 関連記事一覧






関連リンク



created by Rinker
¥418 (2022/08/13 14:52:25時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
集英社
¥440 (2022/08/13 14:52:26時点 Amazon調べ-詳細)

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください