スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アップデート情報】SHURE が、SE シリーズ付属ケーブルをアップグレードしてリニューアル

総合記事

Shure が、SE シリーズに付属する Bluetooth® ケーブルを aptX、aptX HD、aptX Low Latency まで対応する「RMCE – BT2」へアップグレードしてリニューアルする。

これまで付属していたワイヤレスケーブルの「RMCE – BT1」が付属したモデルの販売は国内在庫限りで終了となる。

発売日は、2019年9月13日。価格は、製品によって異なるので下記の一覧を参照していただきたい。

SHURE SE シリーズイヤフォン ラインナップ

SHURE SE シリーズイヤフォン ラインナップ

  • ・SE215 + RMCE – UNI(有線ケーブル)モデル:約 11,800円(税込:12,744円)
  • ・SE215 + RMCE – BT2 付属モデル:約 17,800円(税込:19,224円)
  • ・SE425 + MCE – UNI(有線ケーブル)モデル:約 29,800円(税込:32,184円)
  • ・SE425 + RMCE – BT2 + MCE – UNI(有線ケーブル):約 34,800円(税込:37,584円)
  • ・SE535 + MCE – UNI(有線ケーブル)モデル:約 49,800円(税込:53,784円)〜 約 55,800円(税込:60,264円)
  • ・SE535 + RMCE – BT2 + MCE – UNI(有線ケーブル):約 54,800円(税込:59,184円)~ 約 59,800円(税込:64,584円)
  • ・SE846 + RMCE – BT2 + MCE – UNI(有線ケーブル)+ ストレートケーブル:約 99,800円(税込:107,784円)

※ なお、SE215 のみ有線ケーブルモデルと RMCE – BT2 付属モデルが個別に販売されます。

「RMCE – BT2」には、Shure 独自設計のヘッドフォンアンプが搭載されており低ノイズかつ正確な周波数レスポンスを実現するのが特徴。

対応コーデックが、aptX、aptX HD、aptX Low Latency、AAC、SBC で、最大約 10 時間の連続再生に対応している。

SHURE SE シリーズイヤフォン:パッケージ 2018

SHURE SE シリーズイヤフォン:パッケージ 2018

ちなみに、これまで Intel® の CPU のデザインのような印象を受けたパッケージデザインもリニューアルされるとのこと。

SHURE SE シリーズイヤフォン:パッケージ 2019

SHURE SE シリーズイヤフォン:パッケージ 2019

また、「RMCE – BT2」と有線ケーブルの「RMCE – UNI」付属モデルのパッケージデザインもリニューアルされる上に、単品版の「RMCE – BT2」の価格が、2019年9月6日から 13,800円に改定されている。

※ 従来価格:約 18,800円(税込:20,304円)

ヘッドホン・イヤホン・ビデオカメラなどAV機器の販売・買取はFUJIYA AVIC [ フジヤエービック ]
「SHURE SE」に該当する通販ページ

関連リンク








コメント

タイトルとURLをコピーしました