EDC Bell

【レビュー】発売目前!? Noble Audio の EDC シリーズ第 2弾「EDC Bell」を参考出展!【ポタフェス 2018 夏 東京・秋葉原 レポート】

レビュー

2018年7月14日 〜 15日にかけて開催されたポタフェス 2018 夏 東京・秋葉原(PORTABLE AUDIO FESTIVAL 2018 SUMMER TOKYO AKIHABARA)に参加レポート。各ブースの模様などを少しずつお伝え。当日、参加できなかったり、興味あるけど・・・という方の参考になれば幸いです。

EDC Bell
EDC Bell

今回は株式会社エミライNoble Audio ブースでは発売間近の EDC Bell が参考出展されていました。2017年末に Noble Audio が投入した EDC(EveryDay Carry)シリーズの第 2弾となる製品です。

Noble Audio といえば、高価な カスタム IEM やユニバーサル IEM としての馴染みの方が多いかもしれません。2013年に John Moulton(ジョン・モールトン)氏が立ち上げたイヤフォンブランド。なかなか手を出しにくいというブランドイメージの強かった同社が、Noble Audio のシグネイチャーサウンドを気軽に日常で持ち歩いて楽しんでほしいという思いから生まれたのが EDC シリーズです。

シリーズ名の EDC という言葉が EveryDay Carry という言葉から来ている点からも、その思いは伝わるかと思います。また、これまでの高価格帯の製品群とは異なり、約 2万円くらいの手に入れやすい価格になっていることも特徴になります。

EDC Velvet
EDC Velvet

第 1弾にあたる EDC Velvet がアジアのマーケットを中心に好評だったことで、第 2弾となる EDC Bell が開発されたとのこと。そのため、EDC Velvet で採用されたデンマーク製の φ 5.8mm の DA(ダイナミック)ドライバーの特性を活かしつつ、過度特性を高めた上位モデルとしてのポジションとなる製品になっています。

EDC Bell
EDC Bell

今回、参考出展されていた EDC BellEDC Velvet と同様に DA(ダイナミック)ドライバー x 1 のシンプルな構成。前作の EDC Velvet と異なる真鍮製のハウジングと Tinsel ワイヤーの周囲を銀メッキ高純度リボン導体で構成したケーブルを採用しています。なお、EDC Velvet では採用されていたマイク付きリモコンは非搭載になっています。また、真鍮製のハウジングには PVD コーティングを施してあり、強度を高めつつ外観上もツヤのある美しさのある仕上がりとなっています。この点では、EDC Velvet とよりも上品な印象を持ちました。

EDC Bell
EDC Bell

ケーブル素材の変更により、EDC Velvet を超えるレベルの耐久性になっているようで、相当な粗雑な扱いをしていても壊れたということが無いとのことでした。ただし、唯一故障したのが誤って洗濯機で洗った際に故障したとのエピソードが聞けました。Canada(カナダ)で生活していた筆者の経験から考えて、北米の洗濯機は、日本の洗濯機と比較してパワーがあるので、日本の洗濯機の場合は壊れないかもしれません。

※ ただし、水没などによる故障の恐れがあるため洗濯機のパワーによるものとは限りません。ちなみに、実際に日本の洗濯機と比較してパワーがあると感じるのは、洗濯後に T シャツの首回りや裾の部分などが良く伸びたりボロボロになってきます。

実際に視聴した印象は、EDC Velvet の時にも感じた DA(ダイナミック)ドライバーらしい迫力のある低域とウォームなサウンドは踏襲。ただし、EDC Velvet よりも解像度が高く明るくメリハリのあるサウンドを奏でる印象でした。まさしく「Bell」という名を冠するに至った製品だなと感じさせてくれました。

※ この点は、パッシブ・フィルターの素材と大きさや配置などの変更によって実現したものである模様。

発売時期は 2018年夏頃。価格は、EDC Velvet よりも少し上の 2万円台の予定とのことでした。

EDC Bell
EDC Bell

EDC Bell

  • 価格:約 20,000円台
  • ドライバー:デンマーク製 φ 5.8mm DA(ダイナミック)ドライバー
  • 周波数特性:20Hz 〜 20kHz
  • インピーダンス:35 Ω 以下
  • ハウジング:真鍮製
  •       ※ PVD コーティング採用
  • ケーブル:Tinsel ワイヤーおよび銀メッキ高純度リボン導体採用
  •      ※ ケブラー繊維の周りにリボン上の導体を巻き付けたもの
  • ビックカメラ.com

  • ソフマップ ドットコム

  • 楽天市場

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGTKP+4XF8LE+3NN6+BW8O2&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.fujiya-avic.jp%2Fproducts%2Fdetail166403.html

関連リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください