MQA(Master Quality Authenticated)

【MQA】新しい音楽圧縮技術「MQA(Master Quality Authenticated)」とは?

特集
MQA(Master Quality Authenticated)
MQA(Master Quality Authenticated)

2017年はソフトウェア、ハードウェアともに MQA(Master Quality Authenticated)に対応する製品が多くなってきており、「MQA(Master Quality Authenticated)とは、そもそも何?」という方も多くなってきている方も多いと思います。

なるべく簡潔に説明すると、近年のデジタル配信による Hi – Res(ハイレゾ)と呼ばれる CD 音源以上の原音に近い音質の提供ができるようになりました。

一方で、一曲単位のデータ容量の肥大化という負の側面も持っています。

それらのような肥大化したデータ量をストレージやネットワーク帯域を節約しつつもスタジオマスターの音質を保ち、よりファイルサイズの大幅な圧縮を可能とする新しいテクノロジーとして、2014年頃に UK(United Kingdom)MERDIAN AUDIO(メリディアン・オーディオ)が発表したのが、MQA(Master Quality Authenticated)になります。

このテクノロジーを利用した圧縮率ですが、WAV と比較して数分の 1程度にまで抑えられます。

CD 音源のデータを 600MB とすると、おおよそ 1/6 の 100MB 程度まで圧縮されるようです。

1曲だけであれば、MP3 でいうと 256kbps 〜 320kbps くらいの容量まで圧縮される感じになります。

この MQA(Master Quality Authenticated)の優れている点は、スタジオマスターの音質を保ちつつも圧縮技術のみならず、対応していないアプリケーションやハードウェアで聴いても FLAC や ALAC、Apple Lossless などに格納されているため、CD 品質まで音質は下がるものの再生が可能な互換性も確保されている点です。

この MQA(Master Quality Authenticated)音源を視聴してみたいという方は、こちらの Norway(ノルウェー)の高音質音楽レーベル2L High Resolution Musicから多才な音楽ファイルを視聴できます。

1.MQA(Master Quality Authenticated)対応機器

2.MQA(Master Quality Authenticated)対応アプリケーション

Audirvana Plus 3

3.MQA(Master Quality Authenticated)配信サイト

この圧縮技術についてより詳しい話を読みたいからは、AV WatchPhile – web 等の大手メディアでも紹介されています。

ご参考にどうぞ。

関連リンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください