LEAR LUF - Skyline JP

【LEAR】耳疲れしにくいまろやかサウンド「LEAR LUF – Skyline JP」をリリース

特集

LEAR の長時間使用でも聴き疲れいしにくく、まろやかなサウンドが特徴の 8mm PEEK ダイナミック・ドライバーを搭載した「LEAR LUF – Skyline JP」をリリースします。

発売日は、2019年6月14日。

価格は、約 22,800円(税込)になります。

取り扱いは、Amazon.co.jpビックカメラソフマップ・ドットコムなどになります。

1.LEAR LUF – Skyline JP の特徴

LEAR LUF - Skyline JP
LEAR LUF – Skyline JP
  • LEAR の「ヒアリングケア」コンセプトに基づいた聴力の安全に配慮したチューニング
  • ・耳を音圧から守るエアーベント
  • ・距離感が近く、まろやかで厚みのあるボーカル
  • ・日本独自のデザイン(ブラックチェッカー)
  • LEAR 独自開発の 8mm PEEK ダイナミック・ドライバー
  • ・銀コート高純度 OFC(無酸素銅)ケーブル
  • ・ベリリウム銅 MMCX コネクターを採用することでリケーブルにも対応
  • ・ハイグレード 4% 無亜鉛銀錫半田
  • ・Hi – Ress(ハイレゾ)認証取得

「LEAR LUF – Skyline JP」では、LEAR 独自の調査と研究に基づいて、通常音量での使用を前提に、高音質でバランスよく、特定の音域が耳に悪影響を与えることのないようにチューニング。

また、シェルのエアーベント(空気孔)が、耳の中の圧力を低減させることで鼓膜への負担を減らすことで、快適性とより自然な音質を実現させいます。

まろやかな音質は、長時間使用でも聴き疲れすることなく、近い距離感と厚みのある Vo.(ボーカル)は、今までと異なる臨場感を感じさせてくれます。

独自開発の高性能 8mm PEEK ダイアフラムと N50 ネオジウム磁石、CCAW コイルを使用したフルレンジのダイナミックドライバーを搭載。

さらに、銀コート高純度無酸素銅ケーブルとハイグレード 4% 無鉛銀錫半田によって、高感度で高い再現性を実現させています

デザインでは、日本独自のブラックチェッカーが採用され、ケーブルは MMCX コネクターに対応いています。

なお、ハウジングの整形では高品質の 3D プリンターを採用し、ハンドメイドで製造されています。

LEAR LUF – Skyline JP

LEAR LUF - Skyline JP
LEAR LUF – Skyline JP
  • 価格:約 22,800円(税込)
  • ドライバー:8mm PEEK ダイナミック・ドライバー
  • 感度:109dB
  • インピーダンス:16Ω
  • 周波数帯域:15 〜 50,000Hz
  • ケーブル素材:銀コート OFC(無酸素銅
  • ケーブル長:約 120cm
  • プラグ:金メッキ 3.5mm アンバランス
  • コネクター:MMCX(ベリリウム銅)
  • 重量:約 25g
  • 付属品:シリコンイヤーチップ(S/M/L)、カラーイヤーチップ(S/M/L)
  •      筒型 低反発イヤーチップ、球型 低反発イヤーチップ
  •      イヤフォンケース、ユーザーマニュアル
  • Amazon

  • ビックカメラ.com

  • ソフマップ ドットコム

https://amzn.to/2WykfGc

関連リンク


created by Rinker
LEAR(リア)
¥22,984 (2020/09/27 01:17:04時点 Amazon調べ-詳細)



created by Rinker
LEAR(リア)
¥13,120 (2020/09/28 00:42:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください