FiiO M17

【FiiO】新フラッグシップ モデルとなるトランス ポータブル DAP(デジタル オーディオ プレイヤー)”FiiO M17″ をリリース!

特集
0 0
Read Time:5 Minute, 38 Second

株式会社エミライが、2021 年 12 月 10 日に同社の取扱う Fiio Electronics 製の新たなフラッグシップ モデルに位置づけられる DAP(デジタル オーディオ プレイヤー)“FiiO M17” をリリースすることを発表しています。

価格は、約 242,000 円(税込)となります。

ポイント

ポイント
  • “FiiO M17” では、FiiO 史上初となる ESS Technology 社製フラッグシップ DAC チップ “ES9038 Pro” を左右のオーディオ チャンネルに 1 基ずつデュアル構成で搭載しています。
  • 本来、別々に機能する 8 ch 分の回路をすべて片チャンネルのためだけにパラレル使用することで、高い出力を持たせながらも S/N 比 = 140 dB と THD+N = 122 dB を達成しており、極めてノイズかつ歪みのないピュアなオーディオ再生を実現しています。
  • ※ “ES9038 Pro” は、1 基あたり 8 ch 分の DAC 回路を搭載する DAC チップになります。
  • ・ヘッドフォン アンプ回路には、”THAX AAA – 788″ 回路をベースに THX 社と新たに共同開発した “THX AAA – 788+” 回路を搭載しており、ロー インピーダンス、ハイ インピーダンスのヘッドフォンを利用している場合でも理想的なディテールとダイナミクスをもたらします。
  • なお、左右チャンネルあたり 1 基ずつ、合計 2 基ずつ搭載されているので、一般的な DAP(デジタル オーディオ プレイヤー)で採用されるオペ アンプによるアンプ回路と比較しても出力が 225 % 向上しており、チャンネルあたり 3,000 mW の大出力を実現しています。
  • ※ バランス駆動時 @ 32 Ω
  • ※ THX 社の特許技術である “THX AAA” 回路は、フィードフォーワード補正技術とニュートラルな音質を追求した設計手法を特徴としており、音の消え際の表現やサウンド ステージ上に忠実に復元されたディテールの追体験まですることができるので、レコーディング スタジオにいるようなサウンドを体験できます。
  • 一般的なヘッドフォン アンプ回トロ比較しても同じ電源部を利用した場合でも高い出力を高効率で実現できるほか、より低いノイズ レベル、低歪みと相まって、より正確かつ自然なサウンド再生を実現しています。
  • ・内蔵リチウム イオン バッテリーでの本体駆動に加えて、FiiO 史上初となる DC アダプターによる DC 給電モードを採用しています。
  • ※ DC 給電モードは、DC アダプターを接続して給電した状態で、本体の側面をスイッチを DC 給電モードに切り替えることで動作します。
  • バッテリー駆動には、可搬性というメリットとトレード オフとして供給電力に限界があるため、高い消費電力を要求されるシステムでは利用できないという制約があったものの、外部からの DC 給電に対応することで、この制約から解放され、据え置き利用時にも理想的な性能を追求するための異例のシステムとなっています。
  • ※ DC 給電モードで外部から DC 電源を供給した場合、ヘッドフォン アンプ回路の電源電圧が、± 8 V から 最大 ± 11.5 V までに向上し、より力強くヘッドフォンを駆動させ、バッテリー駆動と比較しても各回路に安定的に電源供給が行われるので超低ノイズかつハイ パワーな再生を実現しています。
  • また、この DC 給電モードではバッテリーを利用せずに動作するので充放電サイクルに限界のあるリチウム イオン バッテリーを消耗させずに連続使用が可能になっています。
  • ・バッテリー駆動時には幅広い感度を持ったヘッドフォンやイヤフォンの再生に対応するために 4 段階のゲインを設定できます。
  • さらに、DC 給電モードでは 5 段階のゲイン設定が可能になっており、バランス出力時には + 16 dB の高ゲインにより、これまでの DAP(デジタル オーディオ プレイヤー)でも鳴らすことが難しかったヘッドフォンでも余裕のある再生が可能です。
  • ・従来より採用されてきた 3.5 mm ヘッドフォン出力、2.5 mm バランス出力、4.4 mm バランス出力に加えて、6.3 mm 標準フォーン端子にも対応したヘッドフォン出力を新たに搭載しているので変換アダプターの利用をする必要なく視聴できます。
  • なお、3.5 mm ヘッドフォン出力端子と 4.4 mm ヘッドフォン出力端子はライン出力端子としても利用できるのでオーディオ システムへの接続も行えます。
  • さらに、RCA 同軸デジタル入出力端子も搭載しているので、外部からの S/PDIF 信号を入力して、DAC として利用したり、S/PDIF トランスポートとしても利用することが可能です。
  • ※ USB Type – C ポートには、デジタル オーディオ出力に特化した USB 2.0 ポートとデータ転送と充電に特化した USB 3.0 ポートが独立して採用されています。
  • ・基板間の干渉を防ぐためにアナログ部とデジタル部を物理的に分離し、限られた内部スペースに効率的に基盤レイアウトを行っています。
  • さらに、高導電性銅合金シールドを施し、内部および外部からのアナログ オーディオ信号への電磁干渉を大幅に低減しています。
  • ・卓越したサウンドを実現するために大きな消費電力を必要とするのに伴って、各部からの放熱を効果的に行う必要があるので、H 型の断面形状にレイアウトされ効果的なエア フローを獲得したほか、VC 液冷技術を採用することで、継ぎ目のない CNC 切削によるアルミ合金製ユニボディー フレームへ熱を伝えて効率的に放熱します。
  • さらに、付属の冷却ファン搭載スタンド “DK – 3” を利用すれば、さらに放熱を向上させることができます。
  • ・新開発された “THX AAA – 788+” 回路で採用された Texas Instruments 製オペ アンプ “OPA2211” は、1.1 nV @ 1 kHz の定電圧ノイズと THD+N = -136 dB の低歪みな特性をもっているので、極めてクリーンな信号増幅を実現しています。
  • ・電源の安定化のために 470 mF の容量をもつ極薄ラミネート タイプのスーパー キャパシターを採用しています。
  • ※ 表面実装基板に設置可能な小型でありながらも 47 uF タンタル コンデンサーの 10,000 個分に相当する大容量を持ち、ESR(等価直列抵抗)が 45 mΩ(タンタル コンデンサーの 15 %)と非常に低いので電源品質の安定化にも寄与します。
  • ・リニア テクノロジー社の LDO(Low Drop Out)アーキテクチャーを採用した超低ノイズかつ高い PSRR(電源リップル除去能力)の電圧リニア レギュレーターを搭載しています。
  • これにより、10 Hz ~ 100 kHz の周波数帯域で 0.8 μVRMS の低 RMS ノイズを実現しており、DAC チップにも安定したクリーンな電力供給を実現します。
  • ・ジッター対策には、日本電波工業(NDK)製フェムト クロック水晶発振器を 2 基搭載しています。
  • ※ この水晶発振器はジッターをフェムト秒(1,000 兆分の 1 秒)クラスまで抑制した極めて高い精度の高いものとなっており、クロック波形の位相雑音も – 140 dBc/Hz(オフセット周波数 1 kHz 時)を実現しています。
  • これらの 2 基の水晶発振器と FiiO が開発した FPGA のクロック管理アルゴリズムにより、極限の低ジッター環境と高精度なクロック信号を DAC チップに供給します。
  • ・スマートフォンのようにスムーズな動作を実現するために大小 4 つずつで構成されたコア アーキテクチャーを採用した Qualcomm 社製 SoC “Snapdragon™ 660” を搭載しています。
  • “Snapdragon™ 660” の採用により動画再生やゲームなどの重いタスクの処理を実現する能力を備えながらも音楽再生時には超低消費電力で動作するので、長時間におよぶ連続再生時間を実現します。
  • ・Bluetooth® 用には、Qualcomm 社製 SoC “QCC5124” を搭載しているので、LDAC、aptX HD、aptX Adaptive などのフォーマットに対応しています。
  • “QCC5124” は、ゲームやビデオで必要とされるて低遅延と Hi – Res 音源で必要とされる高ビットレートの両方を満たす信頼性と高速性を兼ね備えた Bluetooth® 接続を実現しています。
  • Bluetooth® 受信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD、aptX Adaptive、LDAC
  • Bluetooth® 送信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC
  • ・新たに XMOS 製 USB コントローラー チップ “XUF208” を採用しており、これにより、内蔵データの再生時には 384 kHz/32 bit、DSD256 のデータにも対応しています。
  • なお、USB Type – C ポートからの入出力においては PCM 768 kHz/32 bit、DSD512(Native)再生に対応しています。
  • ・9,200 mAh におよぶ大容量バッテリーを搭載しているので、約 10 時間のバッテリー駆動を実現しています。
  • なお、充電時には USB Type – C 経由からの急速充電や DC 給電による充電も行えます。
  • また、電源接続時には満充電の継続によるバッテリー劣化を低減する制御を行うので長期間の仕様への配慮も行われています。
  • ※ 充電時間:約 4.5 時間
  • ※ QC 急速充電時
  • 充電形式:QC 3.0、QC 4.0、PD 2.0、PD 3.0 クイックチャージ、DC 給電による充電
  • 再生時間:約 10.6 時間
  • ※ シングル エンド再生時
  • 約 8.6 時間
  • ※ バランス接続再生時
  • ・豊富なカスタマイズの可能な 7 色の RGB アンビエント ライト システムを搭載しているので、カラーを固定したり、オーディオ出力に合わせて設定することもできます。
  • また、アンビエント ライトの明るさは、現在の電源、音量、温度に応じて変化するように設定することもできます。
  • さらに、トップとサイドのアンビエント ライトを別々に制御することもできるので思い通りのカスタマイズが可能です。
  • ・RCA 同軸出力でのデスクトップ DAC との接続のほか、USB 出力でのデスクトップ DAC との接続、外付け HDD と接続してライブラリの拡張や Bluetooth® ヘッドフォンと接続して、Bluetooth® トランスミッターとして利用するなど、様々なシチュエーションで利用できます。
  • ・高サンプリング レートでも扱いやすいファイル サイズでマスター クオリティの豊かな音質での再生を実現する MQA 音源の 8x デコード機能も搭載しています。






取扱店

なお、取扱いは下記一覧を参照のこと。

26,889 ポイント(10 %)
2,688 ポイント(1 倍)
26,889 ポイント(10 %)
T ポイント:2,688 ポイント(1 %)
4,938 ポイント(1 倍 + 1 倍 UP)
T ポイント:2,420 ポイント(1 %)
2,420 ポイント(1 倍)

FiiO M17

価格
約 242,000 円(税込)〜
SoC
Qualcomm® 製 Snapdragon™ 660
RAM(メモリ)
4 GB
DAC チップ
ES99038 Pro x 2
アンプ回路
THX – AAA – 788+ x 2
Bluetooth® チップ
Qualcomm® 製 QCC5124
Bluetooth® 対応コーデック
  • Bluetooth® 受信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD、aptX Adaptive、LDAC
  • Bluetooth® 送信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC
USB レシーバー
XMOS XUF208
クロック
NDK 製フェムト クロック水晶発振器 x 2
インピーダンス
16 ~ 600 Ω
出力(最大)
  • ≥ 1.5 W(16 Ω/THD+N < 1 %)
  • ≧ 3 W(32 Ω/THD+N < 1 %)
  • ≧ 500 mW(300 Ω/THD+N < 1 %)
周波数応答
  • 5 Hz ~ 80 kHz
  • ※ – 3 dB
ノイズ フロア
  • ≤ 3.5 μV 以下
  • ※ A – weighted、シングル エンド出力時
S/N 比
  • ≥ 120 dB 以上
  • ※ A – weighted、バランス出力時
THD + N
≦ 0.0007(1 kHz/32 Ω)
対応サンプリング レート
  • 内蔵データ再生時:384 kHz/32 bit、DSD256
  • USB 入出力時:768 kHz/32 bit、DSD512(Native)
ポート
  • USB 2.0 Type – C x 1
  • USB 3.0 Type – C x 1
  • RCA 同軸デジタル入力端子
  • ※ 出力機能と択一式
ストレージ
  • 64 GB
  • ※ 約 46 GB をユーザー側にて利用可能
  • microSD カード スロット x 1
  • 外付けハード ドライブ
  • ※ 〜 最大 2 TB
ディスプレイ
  • 5.99 inch インセル方式タッチ パネル ディスプレイ
  • ※ 1,080 x 2,160 px
ボリューム コントロール
  • 120 段階
  • ポテンショメーター ノブ
  • ボタン コントロール
操作モード
  • Android、Pure Music
  • USB DAC、Bluetooth® 受信
  • AirPlay
  • 同軸デコーディング
バッテリー持続時間
  • アンバランス:約 10.6 時間
  • バランス:約 8.6 時間
スタンバイ時間
約 1,000 時間
充電方法
  • QC 3.0、QC 4.0
  • PD 2.0、PD 3.0 クイック チャージ
  • DC 給電による充電
充電時間
  • 約 4.5 時間
  • ※ 急速充電時
バッテリー容量
9,200 mAh
サイズ
  • 幅:約 156.4 mm
  • 奥行:約 28 mm
  • 高さ:約 88.5 mm
重量
約 610 g
付属品
  • 外付け DC アダプター、AC 電源ケーブル
  • ファン付き冷却スタンド
  • 撥水コート付き PET スクリーン プロテクター
  • ※ 貼り付け済み
  • レザー ケース
  • microSD カード取り出しピン
  • USB 3.0 Type A to Type – C ケーブル
  • アルミ製プラグキャップ
  • ※ 取り付け済み

関連リンク






Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください