FiiO M11Plus LTD

【FiiO】”FiiO M11Plus LTD” の訳あり品を一部販売店にて取扱開始!

特集
0 0
Read Time:5 Minute, 31 Second
FiiO M11Plus LTD
FiiO M11Plus LTD

株式会社エミライが、2021 年 8 月 27 日にリリースした同社取扱ブランド Fiio Electronics 製の DAP(デジタル オーディオ プレイヤー)“FiiO M11Plus LTD” の訳あり品のリリースが行われたことを発表しています。

なお、訳あり品には個体差があるためあらかじめご留意ください。

価格は、アルミ筐体モデルの “FiiO M11Plus LTD Aluminum Alloy” が約 99,800 円(税込)、ステンレス スチール筐体モデルの “FiiO M11Plus LTD Stainless” が約 109,800 円(税込)となります。

“FiiO M11Plus LTD Aluminum Alloy”“FiiO M11Plus LTD Stainless” 両モデルの専用レザー ケースも同時リリースとなります。

なお、かねてより 2021 年第 2 四半期のリリースがアナウンスされていましたが、DAC チップには生産が完了した AKM(旭化成エレクトロニクス)製の “AK4497EQ” を採用しているため限定生産モデルとなっており、市場流通在庫がなくなり次第販売終了となります。

ポイント

ポイント
  • Fiio カスタム仕様の Android 10 を搭載しており、137 個のアイコン、すべての詳細設定がカスタマイズされており、ポータブル オーディオ機器として、美しく直感的な操作が行えます。
  • また、ダーク モード、ナイト モード、3 つのナビゲーション設定などの新しい機能が追加されており、メディア体験をさらに深化させる手法が搭載されています。
  • ・スマートフォンのようにスムーズな動作を実現する大小 4 つずつで構成されたコア アーキテクチャーを採用した Qualcomm 製 SoC “Snapdragon 660” を搭載
  • これにより、動画再生やゲームなどの重いタスク処理を行うことも可能な能力を備えつつも音楽再生時は低消費電力で動作するので、長時間の連続再生を実現しています。
  • ・精悍なブラック カラーのアルミニウム合金モデル “FiiO M11Plus LTD Aluminum Alloy” と重厚なステンレス スチール モデルの “FiiO M11Plus LTD Stainless” の 2 種類のラインナップ
  • ※ ステンレス スチール モデルは、筐体をアルミニウム合金からステンレス鋼に変更したモデルとなりますが、電気的な性能や仕様は同一となります。
  • ・AirPlay および DLNA ストリーミングへの対応に加えて、Bluetooth® の送受信コーデックに新たに AAC が追加されています。
  • これにより、iPhone ユーザーは、さらに柔軟に Hi-Fi グレードのワイヤレス オーディオ体験を楽しむことができるようになりました。
  • ※ Bluetooth® 5.0 送信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC
  • Bluetooth® 5.0 受信対応コーデック:SBC、AAC、LDAC
  • ・VELVET SOUND アーキテクチャーを採用した AKM(旭化成エレクトロニクス)製新世代フラッグシップ 32 bit 2 チャンネル プレミアム DAC チップ “AK4497EQ” を LSI プロセスで採用することで、高分解能 32 bit 処理とノイズ体制が高く繊細なサウンド再生を実現しています。
  • ※ “AK4497EQ” の S/N 比は 128 dB(ステレオ モード)、THD + N は – 116 DB を達成しているほか、AKM(旭化成エレクトロニクス)製歴代 DAC チップにおいても最高の性能を実現しています。
  • さらに、内蔵デジタル フィルター機能にこれまでの 5 種類に加えて新たに “ハーモニック サウンド” フィルターが追加されています。
  • “FiiO M11Plus LTD” のヘッドフォン アンプ部は、AAA – 78 回路をベースとして第 2 世代に進化し、低域のスケールの豊かさとシャープなフォーカスを実現する駆動力の強化、IEM でもノイズの目立たない低ノイズ化を進めています。
  • ・THX AAA Frontier シリーズの THX AAA – 78 アンプは、同社の特許技術であるフィード フォワード補正技術とニュートラルな音質意を追求した設計手法を特徴としており、音の消え際の表現やサウンド ステージ上に忠実に復元されたディテールの追体験をすることができ、まるでレコーディング スタジオにいるかのようなサウンドを実現しています。
  • さらに、THX AAA 回路は、一般的なヘッドフォン アンプ回路と比較して、仮に同一の電源部を利用した場合でも、高い出力を高効率で実現できるほか、より低いノイズ レベルと低歪みと相まって、より正確かつ自然なサウンドを提供しています。
  • ・これまでの Fiio 製 DAP の低ノイズ設計思想をさらに推し進めた完全新規設計の内部レイアウトにより基盤回路の相互干渉を抑制するモジュール型の回路設計を採用しています。
  • 各回路モジュールは、それぞれをシールド カバーで覆い、デジタル部分とアナログ部分を完全に分離することで、各セクション間での相互干渉が発生せず、より純度の高いサウンドを実現しています。
  • ・前段ロー パス フィルター部、小信号増幅部、増幅拡張回路には、それぞれ独立したセパレート設計の電源回路が与えられており、音質に関わる重要なセクションにより強力な電源供給を行うことで、音楽のダイナミクスをより高度に再現します。
  • 低ノイズ・高安定性・高耐久性を実現したセパレート設計電源回路

  • さらに、様々な部品に対する専用シールド カバー、特注品の高耐熱性シリカゲルとグラフェンの使用、必要に応じて熱の九州と放出を行うニッケル シルバー製ヒート シンクなどを駆使し、優れた温度管理を行うことで製品全体の耐久性も向上させています。
  • ・SoC から送られたデジタル データは、Fiio 独自の PLL 技術を搭載したデジタル信号処理の要となる独自開発の第 4 世代の FPGA を経由し、FPGA 内でデジタル オーディオ信号として DAC が最も進化を発揮しやすいように処理されます。
  • さらに、デジタル信号処理回路に完全新規設計の Digital Audio Purification System(DAPS)を採用することで、フェムト秒クラスの超低ジッターを実現する 2 基の特注仕様の NDK 製フェムト クロック水晶発振器によって、デジタル オーディオ回路全体に高精度かつ低ジッターなマスター クロックを提供しており、クリーンでかつ極めて高い忠実度を誇る D/A 変換を行います。
  • ・利用したいデバイスにあわせて 5 つのリスニング モードを搭載しており、音楽再生に特化した Pure Music モードのほか、無線、有線接続などの利用シーンにあわせて使い分けが可能です。
  • ※ Android モード:GMS 対応で、Google Play Store 経由で 3 rd Party 製アプリケーションを利用できます。
  • ※ 3 rd Party 製アプリケーションは動作保証対象外になります。
  • Pure Music モード:ほかのアプリケーションの動作を止め、音楽再生に特化させることで音質を極限まで高めます。
  • Bluetooth® 受信モード:Bluetooth® レシーバー アンプとしてスマートフォン、その他の Bluetooth® デバイスと自由につなげることができます。
  • USB DAC モード:コンピューター等をソース機器として利用することができます。
  • AirPlay モード:iPhoneiPad、その他の Mac 製品と高品位なワイヤレス ネットワーク接続を行うことができます。
  • ・RAM は、4 GB を搭載
  • ・64 GB の内蔵ストレージを搭載
  • ・PCM 384 kHz/32 bit、DSD 256/1 bit の再生に対応しています。
  • ※ 最大 384 kHz/32 bit までの PCM データの再生に対応するほか、11.2 MHz(DSD 256)までの DSD データの再生をサポート
  • ・APE、WAV、FLAC、AIF、DSD、M4A、WMA、OGG、AAC、ALAC、MP3 のほか、CUE シートのフォーマットをサポート
  • ・最新の MQA 8x フル デコーダーに対応しているので、高サンプリング レートでも扱いやすいファイル サイズでマスター クオリティーの豊かな音質での再生が行えます。
  • Fiio が独自に開発した第 3 世代 All to DSD 変換機能は、全世代と比較しても消費電力が約 30 % 削減され、不要な高調波の減少、肌ざわりの良いピュアなサウンドを実現しています。
  • ※ “DSD 変換モード” 機能を利用すれば、すべての PCM オーディオ信号は D/A 変換プロセス時に DSD フォーマットに変換されてからアナログ信号に変換されるので、PCM とは異なる質感の自然でクリアなサウンドを体験できるようになっています。
  • “DSD 変換モード” は、3 rd Party 製アプリケーションで再生した楽曲にも適用されます。
  • なお、上記機能を有効にすると、すべての PCM 信号が 2.8 MHz の DSD フォーマットに変換されます。
  • ・出力端子には、3.5 ㎜ シングル エンド ヘッドフォン出力と 2.5 mm バランス出力端子、4.4 mm バランス出力端子に加えて、4.4 mm バランス ライン出力機能が新たに追加されています。
  • ※ 4.4 mm バランス ヘッドフォン出力端子兼用
  • ライン出力時には、ヘッドフォン アンプ部は自動的にバイパスされ、より高純度なオーディオ信号が出力されます。
  • これにより、バランス接続対応のポータブル ヘッドフォン アンプとのバランス ライン接続が可能になるなど、あらゆる利用シーンでの柔軟性を備えています。
  • ・最大 588 mW という大出力を誇るハイパワー DAP でありながらも低/中/高の 3 つのゲイン レベル設定機能を搭載することで、インピーダンスや能率の異なるイヤフォンやヘッドフォンに最適化させることができます。
  • ※ 各ゲイン レベルに対して、120 ステップの音量調節が行えるので、細やかな音量調整も正確に行うことができ、高インピーダンスや高感度のイヤフォン使用時でも完璧な音量調節を実現します。
  • 各ゲインレベルに対し120ステップの音量調節が可能で、細やかな音量調整を正確に行うことができます。高インピーダンスのヘッドホン使用時でも、高感度のイヤホンでも、完璧な音量調節が可能です。
  • ・よりリッチな色調と正確な色温度へとアップグレードされた新しい 5.5 inch HD 液晶ディスプレイは、18:9 のアスペクト比を採用しており、より優れたビジュアル体験と快適なグリップ感を実現しています。
  • ・従来のボリューム ホイール機構を廃止し、新たな発想により開発されたボリューム ボタン + タッチ パネル複合型ボリューム調整機構採用することで、占有スペースを少なくすることで、他の重要な部品のためにより多くのスペースを残すことができるようになるだけでなく、ボタン操作による正確な調整またはタッチ パネルでのスライド操作により、従来とは一線を画すボリューム調節体験を提供します。
    しています。
  • ※ 5 つの音量調節操作に対応:タッチ パネルのスライド操作
  • ボタン操作
  • タッチ スクリーン操作
  • FiiO Link
  • Bluetooth® リモコン
  • ・高度にカスタマイズが行える Fiio 独自のショートカット ボタンにより、以前は複雑だった操作をワン クリックで好みに合わせて実行が行えるようにできます。
  • ※ ワン クリックでランダムに次のトラックへ移動
  • ワン クリックで再生中の曲を削除
  • ワン クリックでフィルターの切替え
  • ワン クリックで EQ の切替え
  • ワン クリックで USB DAC モードに移行
  • ワン クリックで Bluetooth® 受信モードに移行
  • ・音量調節システムの超小型化により QC 2.0、QC 3.0、QC 4.0 および USB PD の高速充電に対応した 6,000 mAh の大容量バッテリーを搭載しています。
  • フル充電後には最長約 11.5 時間の連続再生のほか、最長約 1,000 時間のディープ スリープが行えます。
  • ※ 連続再生時間:約 11.5 時間
  • 高速充電時間:約 3 時間
  • ディープ スリープ:約 3 時間
  • 高速充電電力:約 50 % 増加
  • ※ 充電電力が、18 W から 27 W にアップグレード
  • QC 2.0、QC 3.0、QC 4.0 と USB PD 高速充電に対応
  • 約 3 倍のデータ転送速度:USB 2.0 から USB 3.0 にアップグレード
  • ※ 最高 90 Mbps の転送速度
  • “FiiO M11Plus LTD” に搭載された特許技術(ZL2017 1 – 0563549.5)の “車載モード” なら、車のキー オンと同期してプレイヤーの電源を自動的にオン/オフするだけでなく、UI(ユーザー インターフェース)を車載用に変更し、車載使用をより安全かつ手軽に行えるようになっています。
  • ハニカム構造をモチーフとした新デザイン

  • ・FiiO M11 や FiiO M11 Pro で好評を博した 3D カット デザインを継承しつつ、デザイン要素に六角形のハニカム デザインを新たに採用しており、一段と洗練された外観へと進化しています。
  • シームレスに融合したボディーとボタンを特徴とした “FiiO M11Plus LTD” は、絶妙な美しさと大胆でアグレッシブなテイストを両立させています。
  • ・大胆でアグレッシブな印象の他の部分とは対照的にリア カバーは繊細で絶妙なダイヤモンド カットのテクスチャーをあしらっています。
  • ※ 光の屈折により、リア カバーは角度を変えるたびに異なる表情を見せ、豪華でありながらも心地よい雰囲気を醸し出しています。






取扱店

なお、取扱いは下記一覧を参照のこと。

取扱店一覧

FiiO M11Plus LTD

FiiO M11Plus LTD
FiiO M11Plus LTD
価格
約 99,800 円(税込)〜
OS
  • カスタマイズ済み Android OS
  • ※ Android 7.0
SoC
Qualcomm 製 Snapdragon 660
RAM(メモリ)
3 GB
DAC チップ
AK4497EQ x 2
アンプ回路
THX – AAA x 2
インピーダンス
  • アンバランス時:1 Ω 以下
  • バランス時:2 Ω
出力(32 Ω)
  • アンバランス時:206 mW
  • バランス時:588 mW
S/N 比
120 dB 以上
THD + N
0.0006 % 以下(A -wt)
周波数応答
  • 5 Hz ~ 90 kHz
  • ※ – 5 dB
ノイズ フロア
  • アンバランス時:2 μV 以下
  • バランス時:3 μV 以下
対応サンプリング レート
  • 384 kHz/32 bit
  • DSD 256/1 bit
主な対応アプリケーション
ポート
USB Type – C
ストレージ
  • 64 GB
  • microSD カードスロット x 1
  • ※ 〜 最大 2 TB
ディスプレイ
  • サイズ:5.15 inch タッチ スクリーン
  • ※ 1,440 x 720 px
バッテリー持続時間
  • アンバランス:約 11.5 時間
  • バランス出力時:約 10 時間
充電時間
  • 約 3 時間
  • ※ QC 4.0 Quick Charge
バッテリー容量
6,000 mAh リチウム ポリマー バッテリー
サイズ
  • 幅 約 136.6 mm
  • 奥行 約 17.6 mm
  • 高さ 約 75.7 mm
重量
  • Aluminum Alloy:約 310 g
  • Stainless Steel:約 405 g
付属品
  • ガラス製スクリーン プロテクター
  • ※ 装着済み
  • レザー ケース
  • USB 3.0 データ転送ケーブル

関連リンク




About Post Author

Masahiro

このサイトの管理人兼代表。主に
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください