BTR5 2021

【FiiO】ワイヤレスでも高音質!Bluetooth® ヘッドフォン アンプ “BTR5 2021” をリリースへ

特集
0 0
Read Time:5 Minute, 33 Second
BTR5 2021

株式会社エミライが、2021 年 11 月 26 日(金)に Fiio Electronics 製の Bluetooth® ヘッドフォン アンプ “BTR5 2021” のリリースを発表しています。

価格は、約 16,500 円(税込)となります。

なお、併せて価格は据え置きで銀メッキ銅芯線を採用した Lightning to USB Type – C ケーブルの付属する “BTR5 LC 2021” も数量限定で購入できるキャンペーンを実施しています。

ポイント

BTR5 2021
BTR5 2021
ポイント
  • ・ESS Technology 社の第 3 世代 DAC チップ “ES9219C” を左右独立構成で合計 2 基搭載しており、低ノイズ、低歪みと高出力を両立させています。
  • 新世代の SoC は、MQA のデコードに対応しているほか、32 bit/384 kHz、PCM、DSD 256、FLAC、ALAC、AIFF、WAV などの幅広いサンプリング レートやロス レス オーディオ フォーマットにも対応
  • DAC チップ内でマルチ レベルのアナログ ゲインとデジタル ボリュームが利用状況に応じて、双方を併用する方式で統合されているので、音楽のダイナミック レンジを完全に維持しつつもより正確な調節が可能になっています。
  • なお、2 つの DAC チップは協調動作するフル バランス構成の回路となっているので、2.5 mm バランス出力端子を利用することで 32 Ω 負荷で 240 mW の出力が可能となっています。
  • ・32 bit/384 kHz PCM、DSD 256 までネイティブ再生を実現した小型高性能な USB DAC としても利用できます。
  • 独立した XMOS 製 USB コントローラー “XUF208” を搭載することで、USB Audio Class 2.0 でアシンクロナス伝送によるオーディオ でコートが可能です。
  • ※ USB DAC 機能は、ドライバーが不要の USB Audio Class 1.0 モードのほか、フル スペックで再生が行える USB Audio Class 2.0 モードの 2 つのモードに対応しています。
  • USB Audio Class 2.0 の場合、FiiO オフィシャル Web サイトからのドライバーの DL(ダウンロード)とインストールが必要になります。
  • ・Blutooth® レシーバーには、Qualcomm® 製 Bluetooth® IC である “CSR8675” を搭載
  • 低消費電力の Bluetooth® チップながらも拡張されたオーディオ機能により、24 bit オーディオ信号処理や動作周波数 120 MHz での DSP 機能などを実現しているので、動画再生、ゲーム プレイ、音楽鑑賞など様々なシーンで活躍します。
  • また、手軽な操作で様々な Bluetooth® 機能をパワフルに処理が可能になっています。
  • ・ハイ エンドのミュージック プレイヤーで採用されることの多い FPGA を搭載することで、Bluetooth® の送受信や USB デジタル オーディオ信号を受け持つだけでなくクロック マネジメントも行うので、Bluetooth® の受信処理後にジッターを減少させ、信号の安定性を改善するので、オーディオ アーキテクチャーの部品ごとに異なるクロック周波数が存在する問題を解決しています。
  • ・専用の FPGA に 45.1584 kHZ/49.152 kHz の 2 基の水晶発振器を組み合わせることで、様々なサンプリング周波数の信号が入力される Bluetooth® および USB デコード時でも精密な再生が可能になっています。
  • ・一般的な 3.5 mm シングル エンド出力のほか、2.5 mm バランス接続端子を搭載しています。
  • “ES9219C” を左右独立して動作させる完全バランス構成のオーディオ アーキテクチャーは、各チャンネルそれぞれで独立した DAC と増幅段によって駆動します。
  • ※ 誤動作を防ぐために、3.5 mm と 2.5 mm の両方の出力端子にプラグが挿入された場合、3.5 mm 出力端子から音が出る仕様になっています。
  • ・MQA レンダラー機能を新たに搭載することで、最高 16x の MQA デコードに対応しています。
    MQA対応でマスタークオリティの音質を実現
  • ・AAC、SBC、aptX、aptX Low Latency、aptX HD、LDAC(最高 96 kHz)などの多彩な Bluetooth® コーデックに対応しているので、高音質な音楽再生が可能になっています。
  • ・フロントに表示サイズ 0.49 inch(64 x 32 px)の鮮明な有機 EL ディスプレイを搭載しており、ペアリング先、接続状態、通話状態、電源ステータス、エンコード フォーマット、音量の表示が可能になっています。
  • そのほか、メニューの呼び出しや充電状態の確認、カー モードの ON/OFF、デジタル フィルターの切替え、EQ の調節なども可能です。
  • ・550 mAh の内蔵バッテリーにより、AAC コーデック、3.5 mm 出力時には最長約 9 時間の連続再生が行えます。
  • ※ 約 1.5 時間でフル充電
  • ・スマートフォンでの音声通話に最適な高感度無指向性マイクを内蔵しているほか、3.5 mm 出力端子を利用した CTIA 規格ヘッドセットの外付けマイクを利用することもできます。
  • ※ ヘッドセットの接続を行うと自動的に認識し、マイクを内蔵から切り替えます。
  • 高感度無指向性マイクを利用する場合、cVc 8.0 ノイズ キャンセリング テクノロジーを利用できるので、マイク ゲインを調整し、バックグラウンド ノイズを効果的に抑制して明瞭な通話が可能です。
  • ※ OMTP 規格のヘッドフォンを利用する場合、オーディオ出力の動作が保証されますが、マイクおよびインライン リモコンが正常に動作しない場合があります。
  • ・スマートフォンに接続すれば、スマートフォンの音量と BTR5 2021 の音量は独立して調整が行えるのでユーザーの用途にあった音量の調節が可能です。
  • ※ iOS デバイスとペアリングした場合、ウィジェット上でのバッテリー残量の確認が行えます。
  • ・USB 接続の行えるスマートフォンが、”BTR5 2021″ を検出すると、”USB オーディオ アダプター” モードを ON にするように促されます。
  • “USB オーディオ アダプター” モードを有効にすれば、”BTR5 2021″ の充電が OFF になり、スマートフォンなどのデバイスの外部オーディオ デバイスとして利用できるようになります。
  • ・FiiO Music または、FiiO Control アプリケーションとの組み合わせによって、”BTR5 2021″ の内蔵パラメーターを変更することも可能です。
  • チャンネル バランス、2 種類のオーディオ フィルダー、10 バンドの EQ(イコライザー)などを好みに合わせて設定が行えます。
  • そのほか、奇数次および偶数次の高調波歪みを調整することもできるので、より好みに合ったサウンドを作り出すこともできます。
  • ・家庭や外出先、車の中などといった様々な環境で用途の選ばない多機能な製品となっています。






取扱店

なお、取扱店は下記一覧を参照してください。

FiiO BTR5 2021 x FiiO BTR5 の比較表

BTR5 2021
BTR5
価格
約 16,500 円(税込)
約 14,000 円(税込:15,400 円)
DAC
ES9218C x 2
ES9218P x 2
USB DAC
XMOS XUF208
XMOS XUF208
Bleutooth® チップ
CSR8675
CSR8675
ワイヤレス
Bluetooth® 5.0
Bluetooth® 5.0
対応 Bleutooth® コーデック
  • SBC、AAC
  • aptX、aptX Low Latency、aptX HD
  • LDAC
  • SBC、AAC
  • aptX、aptX Low Latency、aptX HD
  • LDAC
送信距離
約 10 m
約 10 m
ペアリング/プレイ 専用ボタン
ディスプレイ
有機 EL ディスプレイ
有機 EL ディスプレイ
  • ・Bluetooth® コーデック、バッテリー残量、音量、充電中、着信
  • サンプリング周波数(USB DAC 時)
  • ・メニュー設定、フィルター、EQ、明るさ、充電切り替え、ゲイン
  • ビークル モード、USB ドライバー不要モード
  • ・Bluetooth® コーデック、バッテリー残量、音量、充電中、着信
  • サンプリング周波数(USB DAC 時)
  • ・メニュー設定、フィルター、EQ、明るさ、充電切り替え、ゲイン
  • ビークル モード、USB ドライバー不要モード
ゲイン設定
H/L
H/L
出力(32 Ω 負荷時)
  • 3.5 mm シングル エンド:80 mW + 80 mW 以上
  • 2.5 mm バランス:240 mW + 240 mW 以上
  • 3.5 mm シングル エンド:80 mW + 80 mW 以上
  • 2.5 mm バランス:240 mW + 240 mW 以上
SN 比(A weighted)
  • 3.5 mm シングル エンド:- 118 dB
  • 2.5 mm バランス:- 122 dB
  • 3.5 mm シングル エンド:- 118 dB
  • 2.5 mm バランス:- 122 dB
ノイズフロア(A weighted)
  • 3.5 mm シングル エンド:2 μV 以下
  • 2.5 mm バランス:2.2 μV 以下
  • 3.5 mm シングル エンド:2 μV 以下
  • 2.5 mm バランス:2.2 μV 以下
THD + N(LDAC 使用時 1 kHz/32 Ω 負荷時)
  • 3.5 mm シングル エンド:0.003 % 未満
  • 2.5 mm バランス:0.002 % 未満
  • 3.5 mm シングル エンド:0.004 % 未満
  • 2.5 mm バランス:0.004 % 未満
セパレーション(1 kHz/32 Ω 負荷時)
  • 3.5 mm シングル エンド:79 dB
  • 2.5 mm バランス:118 dB
  • 3.5 mm シングル エンド:79 dB
  • 2.5 mm バランス:118 dB
その他
  • ハンズ フリー通話/その他:○
  • Siri(iOS)の起動:○
  • インライン・リモコン:CIIA 規格に対応
  • NFC 機能:○
  • ハンズ フリー通話/その他:○
  • Siri(iOS)の起動:○
  • インライン・リモコン:CIIA 規格に対応
  • NFC 機能:○
USB ポート
  • USB Type – C
  • ※ データ転送/充電兼用
  • USB Type – C
  • ※ データ転送/充電兼用
音量調整
スマートフォンの音量調節と独立して音量調節可能
スマートフォンの音量調節と独立して音量調節可能
音量調節専用ボタン
ヘッドフォン出力
  • 3.5 mm シングル エンド:約 9 時間
  • 2.5 mm バランス:約 7 時間
  • 3.5 mm シングル エンド:約 9 時間
  • 2.5 mm バランス:約 7 時間
充電時間
約 1.5 時間
約 1.5 時間
バッテリー容量
550 mAh
550 mAh
サイズ
  • 幅:約 32 mm
  • 奥行:約 11.1 mm
  • 高さ:約 72 mm
  • ※ バック クリップを除く
  • 幅:約 32 mm
  • 奥行:約 11.1 mm
  • 高さ:約 72 mm
  • ※ バック クリップを除く
重量
約 43.7 g
約 43.7 g
付属品
  • USB Type – C to USB Type -A ケーブル
  • USB Type – C to USB Type – C ケーブル
  • バック クリップ、保証書
  • USB ケーブル、透明クリップ ホルダー
  • 保証書、クイック スタート ガイド

関連リンク


created by Rinker
Fiio
¥15,800 (2021/12/06 15:25:07時点 Amazon調べ-詳細)




About Post Author

Masahiro

このサイトの管理人兼代表。主に
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください