AZLA

【AZLA】iPhone にも映えるデザイン!煌びやかさとしっかりとした低域のサウンドも奏でるハイブリッドドライバー搭載のイヤフォン「AZLA」が発売中!カラーは、Meteor Gray と Lunatic Silver の全 2色!

特集
0 0
Read Time:8 Minute, 8 Second

PORTABLE AUDIO FESTIVAL 2017 - SPRING & SUMMER -(ポタフェス 2017 - SPRING & SUMMER -)秋葉原:2F - 9
PORTABLE AUDIO FESTIVAL 2017 – SPRING & SUMMER -(ポタフェス 2017 – SPRING & SUMMER -)秋葉原:2F – 9

「PORTABLE AUDIO FESTIVAL 2017 – SPRING & SUMMER -(ポタフェス 2017 – SPRING & SUMMER -)秋葉原」では、Asterll & KernA & Ultimate SP1000 とともに注目を浴びた株式会社アユートの取り扱う韓国の新興イヤフォンブランド「AZLA」の第 1 弾製品「AZLA」が、2017年8月4日からリリース!

発売前から話題になり、同会場のブースでは両日ともにに長蛇の列ができたため、1日目と 2日目とで配置を変えるほどの人気となっていました!価格も約 50,000円くらいとなっているので SHURE SE535 とほぼ同価格帯の製品。同価格帯の製品となると購入する際に気にするのは、そのサウンド・・・。

初日の方に視聴したため、まだまだエージング前状態でしたが、試聴した感想は、SHURE SE535 と比較して音場も広めで低域もしっかりと出ており、銅線に銀メッキを施した構造の芯線を採用しているので高域も煌びやか。また、筐体内のコアが独特の構造となっているので、聴き疲れといった面でもしにくいのではないのかなと思います。この独特の鳴り方などは、個人的に購入するならエージング後の楽しみも含めて、「AZLA」を選んじゃいますね。もちろん、イヤーピースやリケーブルを色々試してみて自分好みの「AZLA」にするのも面白いと思います。少しだけイヤフォンをランクアップしたいと言った方にはオススメの製品!

また、iPhone 7 以降というもの 3.5mm イヤフォンジャックが廃止されたことによって、Bluetooth によるワイヤレスイヤフォンなどの利用が増えてきているかと思います。改めて有線ケーブルによるイヤフォンとのサウンドの違いを楽しんでみても面白いと思うので、ぜひ、視聴してみることをオススメします。

また、処女作にブランドネームを冠して製品をリリースしただけに、今後の展開にも注目したいところ!

AZLA
AZLA

新進気鋭のブランド「AZLA」

「AZLA(アズラ)」は、Iriver にて長年勤めていた Ashully Lee(アシュリー・リー)氏が、独立して様々な企業と活躍してきた手練れの音響エンジニアとともに 2017年に新たに立ち上げたイヤフォンブランド。その処女作もブランド名と同じ名称にすることでブランドを象徴とする製品い仕上たとのこと。

この「AZLA(アズラ)」という名所の由来は、フランス語の天空を指す「AZUR」と、ラテン語で石を意味する「LAPIS」を掛け合わせた「天空のかけら」という造語。その名称は、未だ地球に存在しない新次元のサウンドを実現するという理念を示したものとなっています。

1.独自のエアフロー技術

オープン型のような大型ベントポートを設けたドライバーに密閉型のハウジングで覆ったことによる独自のエアフロー技術「Infinity sound technology™」を搭載!

2.ハイブリッドドライバー技術「BED™」

ドライバーメーカーとして 35年の歴史を持つ Dynamic Motion の協力によって、BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーダイナミック・ドライバーを同時くに配置し、一体型にしたハイブリッドドライバー技術「BED™」を採用!従来のハイブリッド方式のドライバーが苦手としてきた位相差と反射波の問題を徹底的に排除。11mm 口径のドーナツ型ダイナミック・ドライバーによって中低域の密度を高めつつ、フルレンジの BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを中心に置くことで全帯域にわたって自然で正確な再生を実現!

AZLA
AZLA

3.オープン型と密閉型の特徴を兼ね備えた Infinity driver®

ハウジング部には、剛性の高いアルミ切削筐体に大型のベントポートを 2つ搭載し、その上にポリカーボネート素材のシェルで覆うことで遮音性を確保しています。また、不要な共振を抑制するために上下二つのパーツのみによるユニボディデザインとなっています。これら独特の構造は、オープン型と密閉型の特徴を取り込むことで独特の空間再現力と低音域の表現力を誇ります。

AZLA
AZLA

4.アルミニウムとポリカーボネートのハイブリッド構造

このコアドライバーの外側のハウジング部には、UV コーディングの施されたポリカーボネートを採用することで、クリアボディの美しさを実現しています。これまでのような長年使用していると、色が黄色くくすんでくるといったポリカーボネート素材の弱点を克服しています。

5.2pin によるリケーブルが可能!

ケーブルは、約 1.2m の 3.5mm/3極プラグ(2pin)が付属しています。今後、交換用のオプションとして 2.5mm/4極バランスケーブル「AZLA Silver Galaxy Mix+ 2.5mm Balanced」のリリースも予定されています。

※ 残念ながら、当日はバランス接続できる DAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)が無かったため、試聴できませんでした。

AZLA
AZLA

AZLA

  • 価格:約 49,980円(税込)
  • カラー:Meteor GrayLunatic Silver
  • 型番:AZLA – 01R – GRYAZLA – 01R – SLV
  • ドライバーユニット:フルレンジ BA(バランスド・アーマチュア・ドライバー)x 1
  •           11mm プレミアムウーファードライバー(ダイナミック・ドライバー)x 1
  • インピーダンス:24Ω
  • 再生周波数帯域:5 〜 40,000Hz
  • 入力感度:104dB ± 3dB @ 1KHz、1mW
  • THD + N:最大 1% 未満 p 1kHz、1mW
  • 定格入力:4mW
  • 最大入力:100mW
  • ケーブル:約 1.2m(2pin、3.5mm/3極プラグ)
  • 重量:約 25g(ケーブル含む)
  • 特許特殊技術:Infinity sound technology™、Infinity driver®
  • 付属品:キャリングケース、シリコンイヤーチップ(S/M/L)、ケーブル(3.5mm/3極)
  • 製品保証:本体 1年、付属品 90日
  • Amazon

  • ビックカメラ.com

  • ソフマップ ドットコム

  • 楽天市場

  • 楽天市場

  • 楽天市場

関連リンク

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください