ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)

【イヤフォン/ヘッドフォン】ambie が、SONY の音響技術を使った「ながらリスニング」イヤホン 「ambie sound earcuffs」 をリリース!

特集

ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)
ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)

新世代のイヤフォン到来!?

WiLSony Video & Sound Products(ソニービデオ & サウンドプロダクツ)のジョイントベンチャーである ambie(アンビー)が、第 1弾製品として耳に挟んで装着するイヤーカフスタイプの新しい有線タイプイヤフォン「ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)」をリリース!

価格は5,940円(税込)となります。

接続は、4極端子のステレオミニケーブル、リモコン/マイクも搭載し、iPhone/Androidの両方で利用できます。

ケーブルの長さは、約 1.2mの Y型タイプ。

ケーブルを除く重量は約 5.2g。

防水防滴には非対応。

気になるカラーバリエーションは、Asphalt BlackMy Heart WhitePop SkyStamp OrangeToypu BrownCuctas Green の全 6色をラインアップ!

ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)
ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)

「ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)」は、イヤーカフスのように耳に挟むように装着するタイプのイヤフォン。

装着すると耳の後ろにスピーカーが配置され、音を鳴らすとそこからパイプを通って、耳の穴に近い先端部へ音を出す構造になっています。

耳穴を塞がないので外部の音を遮断することなく、周囲の音を聞き取りながら音楽が聴くことができます。

サウンドは、SONY(ソニー)の φ9mm ドーム型・ダイナミックドライバーユニットを採用しており、音は鼓膜への負担が少なく、長時間使用しても疲れにくくなっているとのこと。

また耳を塞ぐタイプではないので、汗で耳孔が蒸れにくく、コードの擦れで起こるタッチノイズや、自分の呼吸がこもって聴こえるといった不快感を防ぐことができるようです。

耳に挟むという新しいタイプのイヤフォンですが、イヤフォン使用時にイヤーピースのサイズがうまく合わない人や、耳が痛くなる人にとっては気になる製品ではないでしょうか?

価格も 5,940円(税込)とお手頃な値段帯なので買いやすさがあると思います。

ただし、販売店が ambie(アンビー)の自社 Web サイトのほか、ロンハーマン蔦屋家電 二子玉川la kaguCHALIE VICE(チャーリー・バイス)など時のコンセプト家電を扱っている店舗が中心となっているため、都心以外だと視聴がしにくというのが欠点ですね。

ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)
ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)

ambie sound earcuffs(アンビー・サウンド・イヤーカフス)

  • 価格:5,940円(税込)
  • メーカー:ambie
  • カラー:Asphalt BlackMy Heart WhitePop Sky
  •     Stamp OrangeToypu BrownCuctas Green
  • 形式:ダイナミックドライバーユニット φ9mm ドーム型(CCAW ボイスコイル)
  • 最大入力:100mW
  • インピーダンス:16Ω(1kHz にて)
  • プラグ:金メッキI型4極ミニプラグ
  • ケーブル:約 1.2m
  •      ※ Y 型(リモコン/マイク付き)
  • 重量:約5.2g(ケーブル含まず)

関連リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください