スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Mac App】メール受信形式の違い(POP と IMAP の違い)

この記事は約3分で読めます。
総合記事

メール

 ここに来てちょっと小休止。今更ながら、メールの仕組みについて話をしたいと思います。

 普段何気なく使っているメールの受信システムには、大きく分けて POPIMAP という形式があります。現在は、POP3 などの新しい形式もあるので、あくまでメールの受信システムの基本の成り立ちのお話になります。

 ちなみに、この手の話は Apple に限らず、メーカのサポート対象外になる可能性がある分野です。簡単にいうと、製品を作っているメーカー側からすると、大まかな流れは同じではあるものの、プロバイダによって設定が大きく異なってくるものになるので、設定に必要な情報などを契約しているプロバイダに問い合わせる必要があったりします。また、契約時に送られて来た資料の時と設定内容が変更になっていることもあるので、設定がうまく行かない場合には、まずはプロバイダに確認してみましょう。

 さて、本題に戻ります。以前は、プロバイダのメールアカウントの形式と言えば、 POP という形式が主流の時代もありました。しかし、最近では、Gmail などの有名なフリーメールも含めて、IMAP 形式のものが主流になってきました。

 では、「そもそも、その POP と IMAP の形式の違いって具体的になんなの?」

 ということになるかと思いますので、簡単なイメージ図でご紹介したいと思います。

POP メール受信

 上記画像は、サーバーを郵便局に例えた際のイメージです。上のように、POP 形式ではサーバーに来たメールをそのままユーザーのデバイスに渡します。昔のようにコンピュータが家に一台だけで、スマートフォンなどもなかった時代には、この形式でも支障がありませんでした。しかしながら、近年のように iPhone、Mac、Windows PC などのデバイスを複数所持している状況が当たり前になって来ている場合、POP 形式だと自宅の Mac で受信してしまったら、もう iPhone などには届きません。

 これはユーザビリティから考えて非常にまずいです。

 そこで、最近では当たり前になった IMAP というメールの受信形式のが活躍してくれるようになったのです。

IMAP メール受信

 今度は、IMAP 形式の時を説明した画像になります。IMAP では、サーバーにメールデータを残した状態で、アクセスしたデバイスにコピー表示する形になるので、複数台での受信が可能になります。

 このように、IMAP では、複数台のデバイスがあってもサーバー側に残した状態で管理するメール形式になるので、サーバー側で削除しなければ POP 形式のように「初期化したらメールが消えてしまった!」といったことを心配する必要がありません。ただし、どの設定したデバイスでも見れるという特性上、セキュリティ面での自己管理をしっかりしなければ、他人にメールを見られてしまうことになるので、ある程度注意は必要です。
 
 というわけで、POP 形式IMAP 形式の違いについては触れてみました。メール設定というのは何気なく設定してしまうことが多いですが、理解せずに使っていると大やけどといった痛い目に合いかねないないものです。こういった基礎を理解しておけば、「BYOD(Bring Own Your Device)」が浸透していっている実生活で必ず役に立つものですので、押さえておきましょう。

 次回は、従来の POP 形式を改良した「POP3 というメール形式」について焦点を当てていきたいと思います。

関連リンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました