Microsoft Office 2016

【Mac App】「Office for Mac 2016」の永続ライセンス版の販売開始へ!

特集

Microsoft Office 2016

 
 Microsoft が、Office 365 Solo ユーザー向けに先行提供している Office for Mac 2016 の永続ライセンス版のリリースを 2015年9月30日から開始しています。
 

1.Mac

 

 
 ※ 永続ライセンス版は、Mac でのみ使用することができ、Office for iPhone や Office for iPad などのビジネス利用はできません。
 ※ 家庭用の Office Home & Student 2016 for Mac は、Microsoft Word 15 for Mac、Microsoft Excel 15 for Mac、Microsoft PowerPoint 15 for Mac、Microsoft OneNote 15 for Mac を 2台までインストール可能です。また、15GB の OneDrive ストレージが利用可能。
 ※ 家庭用またはビジネス向けの Office Home & Business 2016 for Mac は、Microsoft Word 15 for Mac、Microsoft Excel 15 for Mac、Microsoft PowerPoint 15 for Mac、Microsoft OneNote 15 for Mac、Microsoft Outlook 15 for Mac を 2台までインストールして利用できます。また、15GB の OneDrive ストレージが利用可能。
 ※ 資格のある学生と教職員向けの Office Academic 2016 for Mac は、Microsoft Word 15 for Mac、Microsoft Excel 15 for Mac、Microsoft PowerPoint 15 for Mac、Microsoft OneNote 15 for Mac、Microsoft Outlook 15 for Mac を 1台までインストールして利用できます。
 

 

2.Windows

 

 

 

Microsoft Office 製品の選択

 
 なお、今回のバージョンから従来までのパッケージ版が廃止され、iTunes Card と同じライセンスキーの書かれた POSA というカードタイプの購入か、各種サイトからの DL(ダウンロード)購入となります。また、公式サイトの「Microsoft Office 製品の選択」を最新バージョンへ更新しています。こちらのページでは、Office 2016 の各エディションに含まれているアプリケーションの種類やインストール台数、OneDrive クラウドストレージ容量などがまとめられています。
 

関連リンク

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください