Pocket for Safari

【Mac App】Safari に「あとで読む」サービス「Pocket」をボタンを追加!!

特集

Pocket for Safari

 

 
 Twitter の TL や「Gunosy」「はてなブックマーク」の「ホッテントリー」など、高速で流れる情報を一つ一つチェックするというのは、現実的に考えて不可能でしょう。当サイトの管理人である私も、いくつかのサービスを併用しています。そんな中でも「あとで読む」ことを主眼に考えたサービスである「Pocket」が便利です。一応、Safari には「あとで読む」ことのできる機能にあたる「リーディングリスト」が搭載されてはいるものの、MaciPhone などの iOS に限られるなどの制限があります。でも、そんなことも関係なく Windows などのデバイスを横断して利用できるのが「Pocket」の良い所。もちろん、地下鉄などでの移動中のようなネットワークに接続しにくい環境などでも「オフライン」機能が搭載されているので、「隙間時間」に「あとで読む」ものを消化することができちゃいます。いわゆるゲームを購入して終わりになる「積みゲー」ならぬ「積み記事」の消化ができるのがポイント。
 
 ※ ちなみに「Pocket」というサービスは、前身となったサービスである「Read It Later」がリニューアルしたものです。
 ※ 昨年後半頃から、当サイトでも「Pocket」のボタンを追加しています。このボタンを押すだけでも記事を「Pocket」に突っ込んでおくことができます。
 
 今回は、Mac「Safari」「Pocket」を利用する方法をご紹介しましょう。ついでにプラグインを導入しておけば、ボタン一つで「あとで読む」ものに追加もできちゃいますよ。
 

Pocket for Safari

 

1.「Pocket」へアクセス。

 
 まずは、「Pocket」へアクセスします。この時に、すでにアカウントを持っている場合は、「Username」「Password」を入力してログインしちゃいましょう。
 

Pocket for Safari

 

2.「Safari」にプラグインをダウンロードします。

 
 ログインすると別タブが開きます。開いたタブには、「Safari」のプラグインをダウンロードするか聞かれますので、「ダウンロード」ボタンを押しましょう。
 

Pocket for Safari

 

3.プラグインのインストールを許可します。

 
 プラグインのインストールを許可するかどうか聞かれますので、ここは迷うこと無く許可を押しましょう。
 

Pocket for Safari

 

4.ツールバーに「Pocket」のアイコンが追加され、簡単なチュートリアルとお礼のメッセージが表示されます。

 
 インストールを許可するとツールバーに「Pocket」のアイコンが追加されます。あとは、インストールのお礼のメッセージと簡単なチュートリアルが表示されますので、読んでおきましょう。あとは、このタブは消してしまって大丈夫です。
 

Pocket for Safari

 

5.ご自身のアカウントの「Pocket」のページが表示されます。

 
 あとは、既にアカウントを持っていた場合、ご自身の「Pocket」のページが表示されます。ちなみに、Mac には Mac App Store から専用アプリケーションがリリースされているので、記事の整理などの際はそちらの方が便利だと思います。また、ネットワーク環境が無い時に利用することがあるかもしれないのでアプリケーションは、DL(ダウンロード)しておいた方がいいでしょう。
 
 ※ なお、「Pocket」のサービスで読む時は iPhoneiPad などの iOS アプリや Mac 用のアプリがリリースされているので、そちらを利用するとさらに便利ですよ。もちろん、無料で DL(ダウンロード)できちゃいます。
 

 

Pocket

 

  • 価格:無料
  • カテゴリ:ニュース
  • 更新:2013年12月4日
  • バージョン:1.5.2
  • 互換性:OS X 10.7 Lion 以降、64bit
  • サイズ:5.3MB
  • 言語:英語
  • 販売元:Idea Shower
  • © Read It Later, Inc
  •  

 

関連リンク

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください