スポンサーリンク
スポンサーリンク

【MacBook Pro】MacBook Pro(Mid, 2012)OverView

総合記事
MacBook Pro(Mid, 2012)

MacBook Pro(Mid, 2012)

2013年も 3月となり、WWDC(WorldWide Developers conference)も間近の時期に迫ってきました。おそらく、Mac の新モデルの発表も行われることが予想されます。

今回は、アップデートが予想され変更が加えられると思われるラインの 1つである MacBook Pro(Mid, 2012)について見てみようと思います。

実際、店頭で販売されている MacBook Pro(Mid, 2012)を見ても見かけは変わらないので何が違うの?って思うことが多いのではないでしょうか?そんなわけで、まずは仕様から確認してみましょう。

スポンサーリンク

MacBook Pro 13 inch(Mid, 2012)

MacBook Pro(13 inch)
型番MD101J/AMD102J/A
価格108,800円138,800円
OSOS X 10.8 Mountain Lion
CPU
  • Intel Core i5 3210M 2.5 GHz デュアルコア
  • 3MB キャッシュ
  • Intel Core i7 3520M 2.9 GHz デュアルコア
  • 4MB キャッシュ
GPUIntel HD Graphics 4000
RAM
  • DDR3 1,600MHz 4GB
  • オプション:8GB
DDR3 1,600MHz 8GB
ディスプレイ解像度1,280 × 800
ストレージ
  • 500GB SATA HDD(5,400 rpm)
  • オプション:750GB SATA HDD(5,400 rpm)
  •      128GB SSD
  •      256GB SSD
  •      512GB SSD
  • 750GB SATA HDD(5,400 rpm)
  • オプション:1TB SATA HDD(5,400 rpm)
  •      128GB SSD
  •      256GB SSD
  •      512GB SSD
インターフェース
  • 720p FaceTime HD カメラ
  • USB 3.0 ×2
  • FireWire ×1
  • Tunderbolt ×1
  • ヘッドホン出力 ×1
  • SDXC カードスロット ×1
  • Kensington 社ケーブルロック用セキュリティスロット
  • MagSafe 電源ポート
通信機能
  • Wi-Fi ワイヤレスネットワーク接続
  • ※ IEEE 802.11a/b/g/n 対応
  • Bluetooth 4.0 対応
光学ドライブSuperDrive(DVD±R DL、DVD±R/RW、CD-R/RW)
サイズ
  • 幅:約 32.5 cm
  • 奥行:約 22.7 cm
  • 高さ:約 2.41 cm
重量約 2.06kg
付属品
  • MagSafe 電源アダプター
  • AC ウォールプラグ
  • 電源コード
  • 製品マニュアル

一覧に示した通り、基本的に MacBook Pro(Mid, 2012)は、CTO などオーダーした時を除いて上位モデルと下位モデルの2種類に分けられます。上位モデルと下位モデルの主な違いは、CPU と標準搭載メモリ。下位モデルの MD101J/A は Intel Core i5 2.5 GHz の CPU を搭載し、メモリが 4GB、上位モデルの MD102J/A は、Intel Core i7 2.9 GHz の CPU を搭載し、メモリ 8GB を搭載しています。基本的な違いはこれだけであり、一般的なライトなレベルのコンシューマー(ネットサーフィンだけ等)が購入する分には、MD101J/A で充分な性能を持っています。

MacBook Pro

MacBook Pro

MacBook Pro 13 inch(Mid, 2012)は、同時期に発表された MacBook Pro with Retina Display モデルの陰に隠れて目立たない存在のように発表にはなっていましたが、CPU を「Ivy Bridge 世代」への切り替えを行っており、前モデルの MacBook Pro(Late, 2011)からのアップデートがしっかりと行われているモデルになっています。また、CPU 統合型の Intel HD Graphics 4000 へとなっているので、GPU 性能も少しだけ向上しています。

基本的には、インターフェース関連には USB 3.0 へ仕様変更が行われたくらいで光学ドライブも搭載されているモデルなので、MacBook AirMacBook Pro with Retina Display とは住み分けを図っている印象のモデルになっています。やはり、光学ドライブが廃止にされなかったのは、暗に需要が多いということの表れなのかもしれません。特に iTunes Store などのダウンロード市場が順調に市場拡大しているとは言えない日本では、こちらのモデルの方が好まれるかもしれません。

MacBook Air

MacBook Air

ただし、意外と知られていないのはディスプレイの解像度だったりします。MacBook Pro という名前が付いているものの MacBook Air と比較して、ディスプレイの解像度が低かったりと Pro の名前が付いている割にチグハグな所があったりします。また、独立型の GPU も搭載されていないので、Adobe Photoshop CS6 Extended や Adobe Dreamweaver、Adobe Illustrator CS5 などの Adobe 製品を同時に使うようなハイパフォーマンスを要求するような方には、MacBook Pro(Mid, 2012)の 15 inch モデルの方をオススメします。

とはいえ、同価格帯の Windows 機と比べても Mac の場合は性能が高いので、日常使用には充分すぎるほどのハイパフォーマンスです。これから初めて Mac を使い始めるし、用途が「ネットサーフィンやメールとかくらいしかしない」という方はコチラをお勧めします。

ちなみに、MacBook Pro(Mid, 2012)は底面パネルを開けて2基のメモリースロットが搭載されているので、オンボードである MacBook AirMacBook Pro with Retina Display と異なり、増設ができるという特徴も忘れられない部分になります。

購入時の予算やストレージ容量、あとからメモリーを増設交換できる拡張性のあるなど金銭的にもバランスが取りたいという方はコチラを購入しちゃいましょう!

関連リンク






コメント

タイトルとURLをコピーしました