スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【iTunes Card】iTunes Card の使い方 (iPhone 編)

この記事は約3分で読めます。
総合記事

App Store Card

 
 今回は、iPhoneiPadiPod touch などの iOS デバイスで有料のアプリや音楽を購入する時に使用する iTunes Card の使い方をご紹介します。通常、クレジットカード支払いを選んでいる方もいるかもしれませんが、iTunes Card なら使い過ぎたり、お子さんが誤って課金して高額な請求が来るということも無くなります。
 
 また、iTunes Card だと定期的にお得に購入できるキャンペーンを行なっていたりするので、そのチャンスが狙い目ですよ。
 
 まずは、最も親しまれている iPhoneiPod touchでの iTunes Card の使い方から説明していきたいと思います。両者の製品の画面はアスペクト比も含めて一緒になるため、同じ画面になるのでご安心ください。なお、今回のサンプルで使用している画面は iPhone 4S となるため、現行の iPhoneiPod touch より小さい画面になります。
 

1.iPhone、iPod touch

 

    iTunes Card の使い方

     

  • 1.ホーム画面で App StoreiTunes StoreiBooks Store をタップします。
  •  

    iTunes Card の使い方

     

  • 2.「おすすめ」セクションの一番下までスクロールし、「コードを使う」をタップします。
  •  

    iTunes Card の使い方

     

  • 3.Apple ID のサインインが求められるので PW(パスワード)を入力します。
  •  

    iTunes Card の使い方

     

  • 4.ソフトウェアキーボードでの入力の場合は「コードはキーボードでも入力できます。」をタップします。
  • ※ 一部の国では、「内蔵カメラで iTunes Card を使う」ことができます。
  •  

  • 5.iTunes Card のコードまたはコンテンツコードを入力して「コードを使う」をタップします。下図のように表記されている 16桁のコードをソフトウェアキーボードで入力しましょう。
  •  

    App Store Card

     

    App Store Card

     

  • iTunes Card を持っている場合は、iTunes Card の裏に記載されている X で始まる 16桁のコードを使用します。
  •  

    iTunes Card の使い方

     

  • 7.「カメラで読み取る」を選択した場合は、上記のように画面に iTunes Card の 16桁のコードが入るように映すと自動的に認識してくれます。
  •  

    iTunes Card の使い方

     

  • 8.特に問題なく iTunes Card のコードが使用できると Apple ID のアカウントの残高が更新されます。この際に、iTuens Card の金額分が残高にチャージされれば完了です。
  •  

  • 9.また、コンテンツコードが使用された場合は、コンテンツのダウンロードを開始します。

 

 
 アプリの購入などになると、クレジットカードで購入すること方が手軽であったり、iTunes Card のコードを登録するのが面倒だなと感じて利用しないことが多いかもしれません。ところが、最近では「カメラで読み取る」などの機能も搭載されており手軽になっているので、ぜひ一度やってみましょう。ゲーム内課金のし過ぎにもいいかも?
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました