スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウェアラブル】通話をよりスマートかつスタイリッシュにするスマートストラップ「Sgnl(シグナル)」!

この記事は約4分で読めます。

革新的な通話のスタイルを提案するスマートストラップ「Sgnl(シグナル)」が、Kickstarter での資金調達に成功しています。これにより、製品化への一歩へと踏み出しています。

なお、「Sgnl(シグナル)」は、指先を耳に当てるだけで通話のできるスマートウォッチバンド。振動を利用することで周りへの音が漏れる心配をすることなく、スマートフォンでの通話より音質もクリアに通話が可能です。さらに、活動量計としての機能も搭載しています。

Sgnl(シグナル)

Sgnl(シグナル)

スポンサーリンク

1.電話を指 1本!

指先を耳に当てて聞き、「Sgnl(シグナル)ウォッチバンド」に搭載されているマイクを通して通話してください。

Sgnl(シグナル)

Sgnl(シグナル)

1.直感的な通話

電話がかかってくると「Sgnl(シグナル)」が振動で着信をお知らせ。「Sgnl(シグナル)」のボタンを押すことで電話に出ることができます。もう今までのように着信している電話を探すためにカバンの中を焦って探ったり、遠くに置いてある電話に出るために急いだりする必要はありません。さらに、別途、イヤフォンや Bluetooth ヘッドセットが無くても「Sgnl(シグナル)」をクリックするだけで、指 1本で手軽に通話ができます。

2.騒がしい場所でもクリアな音質

「Sgnl(シグナル)」は、騒音がある電話がしづらい場所での通話も可能にします。「Sgnl(シグナル)」を腕に装着した状態で耳をふさぐようにし、騒音を遮断することで、指先から伝わる通話相手の声だけをクリアに伝達するので、コンサート会場や野球場などの賑やかな場所での通話にも最適です。

3.通話内容の守られるプライバシー

人体を媒体として音を伝達するので、周囲の人々に聞こえる心配がなく自分だけに聞こえるプライバシーが保障された通話を可能にします。会議中や静かなエレベーター内でも周囲に通話内容が漏れることはありません。

2.メカニズム

「Sgnl(シグナル)」は、スマートフォンと Bluetooth を通して連携することができます。音声信号が伝達されると、「Sgnl(シグナル)」に装着された逓伝ユニット(Body Conduction Unit)が信号を振動に変えます。この振動が指先を通じて、耳の中の密閉された空間を鳴らすことによって音になります。

3.腕時計の互換性

「Sgnl(シグナル)」は、スマートウォッチやスマートバンドではない「スマート腕時計バンド」。独自開発された連結部分を採用することで、連結部分が 18 〜 24mm の腕時計があれば、スマートウォッチと一般的な腕時計、どちらも分け隔てなくどんな時計とも連携して使用できます。

Sgnl(シグナル)

Sgnl(シグナル)

1.ハイブリッドウォッチへ!

すでに持っている腕時計を「Sgnl(シグナル)」と連携させるだけで、「指先通話」機能だけでなく、運動量測定、メールやメッセージの通知アラーム、コールリマインダーなどのスマート機能を可能にするハイブリッドウォッチにアップグレードすることができます。

2.よりスマートにするスマートウォッチ

すでに Apple Watch などのスマートウォッチを使用している場合は、メッセージ通知アラームや健康チェック機能などは、そのままスマートウォッチの機能として使用することができ、「Sgnl(シグナル)」だけの指先通話がプラスされることによって、自分のスマートウォッチをより一層スマートに使用できます。

3.時計無しでも単体でスマートバンドとして活用可能!

普段、腕時計を使用しない場合でも問題ありません。「Sgnl(シグナル)」は、腕時計を使用されない方を考慮して、時計部分の代わりに連結することができるアクセサリーを付属品として提供しています。これにより、手軽にスマートバンドとして使用することもできます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました