スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Wacom】Wacom が、Windows 10 デバイス(Surface 等)で利用できるスマートスタイラスペン「Bamboo Ink Plus(CS322AK0C)」を 2019年8月29日(木)にリリース

総合記事
Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

Wacom は、Windows 10 デバイス(Surface 等)で利用できる Windows スタイラスペンの第 2 世代「Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)」を 2019年8月29日(木)に発売を開始すると発表した。価格は、12,420円(税込)。

スポンサーリンク

バッテリー内臓で傾き検知に対応

前機種からの変更点は、

  • ・電池交換ではなくバッテリー内蔵
  • ・傾き検知に対応(機種によって対応してないものもあり)
Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

バッテリー内蔵により、電池交換がないのはいいですね。バッテリー充電にかかる時間は、最大 3 時間ほどかかり、使用時間は 1 日 2 時間の使用で 10 日間持つというとこで、約 20 時間ほどのようです。充電は、USB Type – C のポートが本体側面に配置されていますので、そこへ接続して給電します。

また、傾き検知がサポートされたことで、より筆を使ったアナログ的な描き方が可能になります。ただし、タブレット PC の機種によっては対応していないデバイスも存在していますので、http://www.wacom.com/compのサイトから確認してください。

・対応機種一例:Microsoft Floor Professional 6、HP Spectre x360 Gem Minimize、Dell Latitude 7200 2 – in – 1

他に、高精度で細いペン先は筆圧感知最大 4,096 段階に対応しているので、線に強弱がつけやすく正確に描き込めます。

Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

Bamboo Ink Plus (CS322AK0C)

Bluetooth® ボタンのワンタッチで Windows Ink を呼び出し可能。握りやすい三角形ボディーとソフトな質感で、しっくりと手になじむデザイン。さまざまなペンに対応する Windows デバイスに対応。Wacom アクティブ静電結合方式(アクティブ ES®)と Microsoft Pen Protocol(MPP)*1 のモードを手軽に切替え可能。付属の 3 種類のペン先(ソフト、ミディアム、ハード)から好みの描き味を選べます。

主な仕様

  • カラー:ブラック
  • スタイラスの長さ:約 153 mm(6.2 inch)
  • スタイラスの直径:10 mm(0.4 inch)
  • スタイラス重量:16,5 g(0.6 oz)
  • 素材:アルミニウム
  • 接続:Active ES、MPP
  • Bluetooth:Bluetooth® 4.0 以降
  • ボタン 2 つのサイドスイッチ、1 つの Bluetooth® ボタン
  • スタイラスペン先ミディアムペン先、ペン先キット(3 パック:フィルム、ソフト、ブルー)
  • 筆圧段階:最大 4.096 段階の圧力感度
  • 電池:充電式リチウムポリマー電池
  • 充電時間:約 3 時間
  • 連続使用時間:約 10 日間(1 日 2 時間、週 5 日を使用)
  • 付属品:ペン先キット、クイックスタートガイド、充電ケーブル

https://store.wacom.jp/products/detail.php?product_id=4263&utm_campaign=wcl-jpn-sm-326000-ongoing-social-se-corporate-b2c-july-2019-post-tw

なお、予約可能な取扱店などは下記になります。

ビックカメラ.com - Windows用スタイラスペン Bamboo Ink Plus CS322AK0C
Windows Inkに最適なスマートペン。メモ書き、イラスト、スケッチに。

関連リンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました