Apple Pencil

【ユーティリティー】Apple が、純正スタイラス「Apple Pencil」をリリース!

特集

Apple Pencil

 
 Apple が、iPad Pro のリリースに合わせて、Apple Pencil をリリースしています。
 

Apple Pencil

 

1.おなじみの形がイノベーションを起こします!

 
 大画面のタブレットである iPad などの液晶ディスプレイ。12.9 inch を誇る iPad Pro を使用していれば、さらに高い精度が欲しくなる瞬間があるはずです。それは従来の iPad などを使用していた時にも感じることがありました。そこで、AppleMulti – Touch の多彩な能力を広げるために、隅々まで入念にこだわって、Apple Pencil を設計しています。内部のテクノロジーには、これまでに開発してきたどんなものにも似ていませんが、初めて手に取った瞬間から使い慣れたもののように感じられるはず・・・。ピクセルレベルで、いくつもの効果を加えられる Apple Pencil は、ユーザーの想像力にかつてないほどの自由をもたらしてくれます。
 

Apple Pencil

 

2.Apple Pencil を使って、限界を取り去りましょう!

 
 Apple Pencil の使い方をユーザーはすでに知っています。初めて手に取った瞬間から期待通りに機能します。そして、期待をはるかに超えていくはず・・・。公園でスケッチしている時や水彩で肖像画を描いている時、設計図を作成している時でも、たった 1本の Apple Pencil が様々なツールをもたらしてくれます。一度手にすれば、手放せなくなります。
 

3.タイムラグも実質ゼロの反応の良さ

 
 Apple Pencil は、他のクリエイティブツールと異なるのは、圧倒的な反応速度。描き始めてからそれが画面上に現れるまでの僅かな遅れであるレイテンシーを、ほとんど感知できないレベルにまで小さくすることで、この反応の良さを実現しています。
 
 iPad Pro には、ユーザーが指を使って入力しているのか、Apple Pencil を使用して入力しているのかが分かります。iPad Pro が、Apple Pencil を感知すると、サブシステムがそのシグナルを 1秒間に 240回という驚異的な速さでスキャン。これによって、指を使用している時に通常収集するデータポイントの 2倍の量を捉えることができます。このデータと Apple が開発したソフトウェアを組み合わせることで、ユーザーの頭の中に描いたイメージを画面上に表示するまでの時間が、わずか数ミリ秒レベルになっています。
 

4.加える圧力によって、あらゆる太さのラインを描けます!

 
 スレンダーなケースに収められた精密で正確な圧力センサーが、筆圧の強さを幅広く測定します。慎重に配置されたセンサーが、Apple Pencil の先端が、どのくらいの強さで押さえつけられているのかを正確に測定します。強めに押すと太めの線、優しいタッチなら微かな細い線を描くことができます。クリエイティブな効果のバラエティーがユーザーの可能性を無限に広げます。
 

Apple Pencil

 

5.傾けて使うと濃淡が得られます

 
 Apple Pencil の先端に内蔵されている 2つの傾斜センサーが、手の向きと角度を正確に計算。ユーザーが自然な感覚で書いたり描いたりしている時の、それぞれのセンサーの相対的な位置は、Multi – Touch ディスプレイによって検知できます。これによって、木炭や鉛筆で描く時と同じように、Apple Pencil を傾けるだけで、濃淡の効果を作り出せます。
 

Apple Pencil

 

6.最長 12時間駆動するバッテリー搭載!

 
 Apple Pencil を充電する時は、マグネット式キャップを外すと現れる Lightning コネクタを iPad Pro に差し込むだけです。コネクタは、少し長めに設計されているので、iPad Proシリコンケースに入れたままでも充電が可能です。フル充電することで、メモ書きやスケッチ、注釈の記入、編集などもたっぷりと 12時間使えます。もしも、Apple Pencil を使用している途中でバッテリーが切れても、iPad Pro から 15秒間充電するだけで 30分間使用できるようになります。
 

7.お気に入りのアプリケーションの新しい魅力を描き出します

 
 内蔵アプリケーションで、Apple Pencil を使用すれば、iOS 9 を最大限に活用できます。Apple Pencil は、App Store にある iPad アプリケーションとの連携も行われます。これによって、創造力と生産性の全く異なる次元が見えてくるはずです。
 

1.メモ

 
 すばやくメモをする。注釈を入れる。スケッチする。メモアプリケーションの新しい使い方を体験してみましょう。Apple Pencil を使用して、ブレインストリーミング中の走り書きや鉛筆ツールでの模様替えプランをスケッチ。ハイライト機能を使えば、To Do リストの中で最も大切なものを目立たせることもできます。
 

2.メール

 
 Apple Pencil があれば、メールアプリケーションの創造力を飛躍的に向上させます。これからは、E メールでもイマジネーションに満ちたスケッチが送れるようになります。Apple Pencil を使用して、PDF 書類に手書きで注釈を入れて、一段と分かりやすくすることもできます。
 

 

3.Paper – FiftyThree のテキスト、写真へのメモ、スケッチツール

 
 「Paper – FiftyThree のテキスト、写真へのメモ、スケッチツール」でやりたいことが何であっても、そのシンプルな機能を操るのには Apple Pencil が理想的なアイテムです。スケッチ、書く、描く、縁取る、色をつけて新しいデザインを作ったり、プレゼンテーション用の図表の作成。次の大きな構想が練るのにも役立ちます。
 

 

4.Adobe Comp CC — Photoshop、Illustrator、および InDesign のためのデザインとレイアウトをモックアップ

 
 スケッチが、あっという間に洗練されたレイアウトに出来ます。それが、Adobe「Adobe Comp CC — Photoshop、Illustrator、および InDesign のためのデザインとレイアウトをモックアップ」の魅力です。その中には、リッチなレイアウトやプロ仕様のベクターグラフィックス、多彩な画像やフォントが用意されています。デザイナーが、iPad Pro 上でレイアウトを描く際に、Apple Pencilが先進的でありながらも使いやすいツールになります。遠隔系や円などのシンプルな図形をタップすることで、アクティブな画像プレースホルダーに変換され、図形の端に点を加えることで、テキストプレースホルダーへ変換されます。
 

 

5.Pixelmator

 
 iPad Pro の Retina ディスプレイが、写真を圧倒的な美しさで表示します。これらの写真を編集するときには、Pixelmator を使えば手軽です。Apple Pencil と 16K 画像に対応する Pixelmator が、画像処理のプロにとって理想的な写真編集ツール隣に違いません。レイヤーベースのペイント、複製、モードのブレンドなどの高度な機能を搭載しつつ、iOS 9 のパワフルなマルチタスクキング機能とも連携します。
 

Apple Pencil

 

Apple Pencil

 

  • 価格:11,800円(税込:12,744円)
  • カテゴリ:
  • リリース:年月日
  • バージョン:
  • サイズ:
  • 互換性:iPad Pro
  • 付属品:Lightning アダプタ、予備の先端

 

 

関連リンク

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください